1. トップ
  2. 恋愛
  3. 訃報が誤って伝えられていた元ボンドガールのタニア・ロバーツが逝去、享年65歳

訃報が誤って伝えられていた元ボンドガールのタニア・ロバーツが逝去、享年65歳

  • 2021.1.5
  • 821 views

訃報が誤って伝えられていたことが明らかになっていた、映画『007 美しき獲物たち』などへの出演で知られる俳優のタニア・ロバーツが亡くなった。享年65歳だった。(フロントロウ編集部)

追記(2021年1月6日)

俳優のタニア・ロバーツが米現地時間1月4日に尿路感染症のために息を引き取ったことが彼女の代理人であるマイク・ピンゲル氏によって伝えられた。「重い心情と共に、タニア・ロバーツがカリフォルニア州ロサンゼルスのシダース・サイナイ医療センターで2021年1月4日午後9時30分頃に亡くなったことをお伝えします」とピンゲル氏は述べている。

タニア・ロバーツの訃報は誤報

(2021年1月5日)1985年に公開された映画『007 美しき獲物たち』でボンドガールを演じた俳優のタニア・ロバーツは米現地時間1月3日、代理人のマイク・ピンゲル氏によって亡くなったことが発表され、世界各国のメディアが一斉に訃報を報じていたものの、タニアは亡くなっていないとピンゲル氏が改めてコメントを発表した。

画像: タニア・ロバーツの訃報は誤報

タニアは米現地時間2020年12月24日、自宅で倒れてロサンゼルスにあるシダース・サイナイ医療センターに搬送され、その後、代理人のピンゲル氏が米Associated Pressに対し、米現地時間1月3日に亡くなったと発表していた。ピンゲル氏は新型コロナウイルスによるものではないとしつつも、具体的な死因には言及していなかった。

その後、世界各国のメディアがタニアの訃報を一斉に報じていたものの、今回、ピンゲル氏は米TMZなどに改めてコメント発表して、タニアは“生きている”と訃報を撤回した。タニアのマネージャーを務めるタリ・マーケル氏もまた、米Entertainment Weeklyに対して訃報を否定するコメントを発表している。

代理人のピンゲル氏が米TMZに伝えたところによれば、彼はタニアのパートナーであるランスからタニアが“亡くなった”と伝えられ、その情報をそのままメディアに伝えたと述べている。ピンゲル氏はその後、タニアが入院するシダース・サイナイ医療センターから、彼女は“亡くなっていない”とする電話を受けたという。

タニアは現在もシダース・サイナイ医療センターに入院して治療を受けている。(フロントロウ編集部)

元記事で読む