1. トップ
  2. 元阪神・藤川球児氏が引退後初の著書、語るメジャーの理不尽

元阪神・藤川球児氏が引退後初の著書、語るメジャーの理不尽

  • 2021.1.5
  • 1951 views

元阪神・藤川球児氏引退後初の著書『火の玉ストレート プロフェッショナルの覚悟』(日本之実業出版社刊)が、1月16日に発売される。

『火の玉ストレート プロフェッショナルの覚悟』藤川球児・著 (c) 日本之実業出版社

藤川氏はドラフト1位で阪神タイガースに入団。「わかっていても打てない」と称された魔球「火の玉ストレート」を武器に2013年には、メジャーリーグに挑戦した。

2016年にNPB復帰後もベテランらしい経験豊富な投球術で活躍。現役最多セーブ記録(243セーブ)を持ち、球界を代表する投手のひとりだったが、昨年惜しまれつつも引退を決意した。

著書では藤川氏の野球人生のすべてが書かれており、そのなかでも必読すべきは、苦闘を強いられたメジャーリーグでのエピソード。自身が直面した、「理不尽な壁」について語っているという。

沈黙を破り初めて語った「壁」の真相とは・・・。同書は1月16日、全国の書店などで発売される。

日本之実業出版社 『火の玉ストレート プロフェッショナルの覚悟』著・藤川球児

発売日:2021年1月16日(土)
料金:1350円(税別)
判型:四六判並製(192p+口絵4p)
ISBN:978-4-534-05828-7

元記事で読む