1. トップ
  2. 「エモいこぼれ話」でまだまだE-girlsを感じたい♡ ~鷲尾伶菜編~

「エモいこぼれ話」でまだまだE-girlsを感じたい♡ ~鷲尾伶菜編~

  • 2021.1.4
  • 1684 views

JJ2月号は見ていただけましたでしょうか?

特別版では雑誌CanCamとの史上初コラボ企画が実現。
表紙もポスターも「2冊で11人のE-girlsが揃う」という新しい試みをしておりますので楽しんでください!

そして通常版ではこの季節にぴったりの「赤のE-girls」でカッコいい女っぽさを前面にアピール♡
誌面では、E-girlsの卒業企画として本人たちによるセルフシュートに加えて、たーっぷりのコメントが詰め込まれています!
エモさ満点の記事、ぜひ見てくださいね♡

今日からは誌面には載せきれなかったインタビューを12/31まで配信します。本誌と照らし合わせながら読んでいただけるとより楽しめるはず。
直筆アンケートとともに、もっともっとE-girlsを感じてください♡
メンバーへのメッセージもありますよー!(感涙)

本日は鷲尾伶菜ちゃんから!

鷲尾伶菜ってこんなコです♡アンケート

──「愛の喝入れ」について、詳しく教えてください。

言葉のままで(笑)、人生ではいろんな方に会うじゃないですか。その中で、やっぱり自分の軸というのをしっかりと持っていた方がいいなと思って。この人のこういうところが素敵だから自分もこういう人間になろうとか、いい化学反応によって自分をよりよく見せてくれる瞬間があったり、人を見極めて素敵な女性になって欲しいなって思ったからです。見極め方ですか?私は自分の直感ですけど、性格とか…でも、受け応えの仕方って大事ですよね。日常のちょっとした瞬間に人間性って出ると思います。

──オンラインライブでの気づきはありましたか?

そうですね。思ったようにライブが出来なかったり、仕事が出来なかったりした時期は、いろんなアーティストの方々がSNSを駆使してライブ配信を行ったり試行錯誤してファンの方に届けていましたよね。もちろんE-girlsもそうで、いろんなことに挑戦して。オンラインライブに挑戦できたことは新たな発見にもなったし、ファンの皆さんが来られない環境でも、こうして皆さんを元気づけることができるんだなって。このような状況にならなければ気付かなかったことなので、それは良かったかな。新しい発見ではありましたね。

──ところで、どのくらい面倒くさがりなんですか?

あはは!(爆笑) 例えば、ペットボトルのお水がなくなったとするじゃないですか。近所にコンビニや自販機があるのに買いに行きたくない、ってなっちゃう(笑)。服を着替えて靴履いて、っていうのも面倒ですし、なんかもう玄関のドアを開けるのも一苦労だなって(笑)。外出ってなるとちょっとスイッチオンにしなくちゃなので…オフの日は本当にオフなんです(笑)。

──悩んだときは自分自身で動いて解決するんですか?

そうですね。仕事で悩んだ時って「なんで悩んでるんだろう」って掘り下げてみると何かしら原因はあるじゃないですか。その原因を見つけてピンポイントで解決するとか。もし、ただの自分のメンタルで悩んでいるだけなら人に話すことでスッキリします。悩みの質を考えますね。

──「夢」は、思い描いてきたことをひとつずつ叶えてきた感じ?

はい。初めはそこまでイメージしていませんでした、本当に子供だったし(笑)。だから、いろんな人にいろんなことを教わってすごく刺激を受けて、その中でやりたいことがどんどん出てきました。アーティストとしての目標も出てきたりして。目標を持てることってとても素敵だと思うので、JJ読者の皆さんも何か夢を見つけて頑張って欲しいと思います。

メンバーへ愛のメッセージを!

From 伶菜 To 晴美

晴美はオーディションの時から一緒。当時17歳くらいで本当に若くて、いろんなことを語り合ってきて…。やめるって言ってた時期も正直あったし、晴美がやめるならやめるって思ってたけど頑張ってこれたなって(笑)。でもそんな仲間がいてよかったなって今は思います! 晴美が輝いていた瞬間はライブ『E.G.11』の最後のMC! 最後のMCをリーダーとしてまとめて、新体制になった経緯なんかを話してくれて…めちゃくちゃいい時間だった。晴美がリーダーとしてここのMCをするんだ〜ってのもすごい感慨深くて。本当にすんごいがんばってたから。がんばってる瞬間ってやっぱり人はキラキラするし、あの時の晴美は一番輝いていたと思います。ありがとうございました♡

JJだけのスペシャルな個別ムービーもCHECKして♡

元記事で読む
の記事をもっとみる