1. トップ
  2. 恋愛
  3. 月のパワーを味方に♡ 12星座別「新月の日」にやるべきこと

月のパワーを味方に♡ 12星座別「新月の日」にやるべきこと

  • 2021.1.4
  • 2590 views

月が地球に強い影響をおよぼしているのは、よく知られた話。その引力は潮の満ち引きを起こすだけでなく、私たちの「感情」にも影響を与えると考えられてきました。そもそも人間の体も約60%が水でできていることを考えれば、これは納得のいく話かもしれません。

ということは、この満ち欠けの周期を日常に取り入れることで、月のパワーの恩恵が受けられることも…?

そこで本記事では「新月」に着目し、そのパワーを活用する方法を12星座別に解説。あなたが新月の時期にやるべきことを、よく覚えておいて!

「新月」が行動に移すには最適な理由

月の満ち欠けの周期(朔望周期)はおよそ29.5日、つまり約1カ月で一巡し、そのはじまりである新月の日は、太陽、月、地球がこの順で一直線に並びます。そのため、この日は太陽光を反射せず、地球からは月が見られないという状態に。

この新月から満月に向かうおよそ2週間は「Waxing phase(ワクシングフェーズ:月が満ちている期間」と呼ばれ、占星術では力の増幅や吉兆など、「良いとこを引き寄せる力」と関連づけられています。

新月の前後2~3日は、新しい計画に着手したり、思っていたことを実行に移すにはぴったりの時期。何か実現したいことがあるなら、このタイミングを逃さないで!

おひつじ座

困難へのチャレンジは、勇気や緊張感がみなぎるもの。そんな闘争心を刺激するような目標を設定するなら、新月の日は理想的。

たとえば文字通り「人との勝負」であったり、ランニングのタイムを伸ばすといった数値的な目標を追求したり、または目標達成の期限を設定するのもよさそう。チャンレジが何であれ、新月の間に着手することで、成功率も高くなるとか。

おうし座

お金に関する行動が特に実を結びやすくなるのが新月の日だそう。ここから満月までの2週間でじっくりと対象を見極め、ポジティブな行動を新たに習慣化してみて。

貯金は目標金額に近づいているか、奨学金の返済は順調か、ビジネスに投資したり、あるいは出費を予算内に収められているかなど、とにかく“現実的な問題”に焦点を当ててみるのが吉。

ふたご座

ふたご座のあなたは、常に新たなスキルの習得に意欲的。好んで言葉を扱う人が多いため、新たな言語を学んだり、シナリオを書いているという人もいるのでは。

新月の日には、月ごとに新しいテーマにチャレンジしたり、いま興味のあることをさらに深く突きつめてみるのがおすすめ。オンライン講座を受けたり、ディスカッションの場に参加したり、本を購入したり。対象が何であっても、学ぶ姿勢を貫くことが重要です。

かに座

かに座のあなたにとって、自宅は安らぎのスペース。心穏やかにリラックスできる素敵な空間づくりはお手のもののはず。まずは部屋の中を見渡してみて。

それから、掃除や整理整頓、DIYでのものづくりといったToDoリストを作成しましょう。新月の日に弾みをつけて、それからの2週間でこのリストをコンプリートしてみて。自宅が最高の聖域に変化します。

しし座

自分だけのパーソナルスタイリストの存在を夢見る、おしゃれなしし座のあなた。プロを雇うとまではいかなくても、お気に入りのサロンやYouTuber、自宅でできるヘアマスクなど、手の届く範囲で自分らしいスタイリングを楽しんでいるはず。

そんなあなたをより輝かせるには、新月の前後数日間が最適。ヘアカット、フェイシャルケア、ペディキュア、マッサージ、スペシャルなメイク道具など、このタイミングに自分磨きに力を入れてみて。月の光が自然な美しさを引き立ててくれるかも…!

おとめ座

新月に満ちる「善」のエネルギーを利用して、健康的な生活習慣の見直しを。野菜を食べている? 定期的な運動は? メンタルケアにも気を配れている?

このタイミングで日々を振り返り、「新しい何か」を生活に取り入れてみて。新月のパワーが、心身ともに満たされる生活を後押ししてくれるはず。

てんびん座

金星を支配星に持つてんびん座は、日常に快楽と楽しみを求めるタイプ。もちろん、美しいものを見て感じたいという世界観を、後ろめたく思う必要なんてありません! あなたの世界に至上の喜びをもたらす手段を、ぜひ見つけ出してみて。

新月の日にはオンラインパーティを開催しても、ダンスのレッスンに参加してもOK。新しいジャンルの音楽を聴いたり、日々使う身近なものに、何かエレガントなアイテムを取り入れてみるのもいいでしょう。

さそり座

さそり座のあなたは、生まれながらにして超自然的な力の持ち主。こうした現象に強い興味を持つ人も多いのでは? 新月はその力をもっとも発揮しやすい日と言われており、(もともと備わっている)精神的な力を高めるのに、月のパワーが役立つのだとか。

占星術師から占星図の読み方を学んだり、水晶を入手し、新しい月の光で満たしてみたり。タロットカードを手元に置いて占ってみたり、水晶球を購入してもいいかも。神秘的な魅力を持つ「月の子ども」ならではのパワーを発揮!

いて座

アクティブで旅行好きというイメージがあるいて座。けれど、実は哲学や人類学などの話題にも強い関心を持つ一面も。せっかくなら新月を利用して、さらに視野を広げてみて。

何か講座を受けたり、TEDトークを見たり、ポッドキャストを利用するという手も。思考を広げて、好奇心をさらに満たしてみましょう。

やぎ座

ビジネスと利潤を生みだすことが大好きなあなた。仕事を愛する根っからの起業家気質で、野心的な事業も起こせるほどの賢明さと決断力を持ち合わせています。

そんなあなたは、新月の日を利用して新たなプロジェクトの立ち上げ、またはキャリアに関する行動を起こしてみるのが吉。月のパワーが高まる時期を利用すれば、幸先の良いスタートが切れるかも!

みずがめ座

テクノロジーにすんなりと溶け込み、その扱いにも長けているのがみずがめ座の特長。最新のガジェットに目がなく、業務効率化のためのショートカットやテクニックなどの知識も豊富なあなた。

その技術志向を高めるため、新月の力を利用しましょう。自分でアプリを開発したり、新しいプログラム言語を学んでみたり。最新のスマートフォンに買い換えるのにもいいタイミングかも!

うお座

アイデアの泉が24時間365日溢れ続ける、クリエイティブなうお座のあなた。その創造性と独創性がもっとも開花するのが新月の夜。このタイミングをフル活用しない手はありません! ペン、タブレット、絵画、粘土に編み物など、自己表現ができる手段を見つけてチャレンジを。

新月の前後に着手するよう計画を立てれば、集中力が最高潮に高まるはず。新月のパワーがミューズとなり、無我の境地に達することも不可能じゃない⁉︎

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Mari Watanabe(Office Miyazaki Inc.)

COSMOPOLITAN US

元記事で読む