1. トップ
  2. どうなる2021年アカデミー賞!ゲーム・チェンジが予想される作品賞候補まとめ

どうなる2021年アカデミー賞!ゲーム・チェンジが予想される作品賞候補まとめ

  • 2021.1.3
  • 867 views

例年の2月下旬開催から、4月25日へと日程を変更した第93回アカデミー賞授賞式。それに伴い、作品賞を含む有資格映画のルールも変更されている。通常であれば、当該年内にロサンゼルス、ニューヨークの2都市で継続した7日間以上の有料劇場公開が前提となっていたが、コロナ禍で主要大都市の映画館が閉鎖している現状を踏まえ、2月28日までにVOD(オンライン上映)で上映された作品も可能となっている。この新ルールが裁定された当時は、「劇場営業が再開するまでの暫定措置」とされていた。しかし、2020年が終わりに差し掛かるなかで本原稿を執筆しているいま現在も、ロサンゼルスやニューヨークの映画館が営業再開する目処は立っていない。

【写真を見る】第93回アカデミー賞を大予想!作品賞本命の良作を一挙紹介

本年度アカデミー賞で4冠の『パラサイト 半地下の家族』に続くのは? 写真:SPLASH/アフロ
本年度アカデミー賞で4冠の『パラサイト 半地下の家族』に続くのは? 写真:SPLASH/アフロ

これはなにを意味するのだろうか?2019年度開催の第91回アカデミー賞では、Netflixが製作したアルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA /ローマ』(18)がモノクロ映画として、外国語映画として、そしてストリーミング企業による製作として初の作品賞受賞となるか?が注目の的となった。2020年(本原稿執筆時からわずか10か月前のことである!)の第92回授賞式では、全編韓国語の『パラサイト 半地下の家族』(19)が、作品賞だけでなく、ポン・ジュノ監督の監督賞と脚本賞、そして国際長編映画賞の4冠を受賞する、史上初の快挙となった。今年は、とうとう配信系映画が堂々とアカデミー賞のノミネート資格を得ることになる。

Box Office Mojoによると、2020年に米国で劇場公開された映画は447本(2020年12月25日現在)。平均興行成績は約460万ドル(約4億7千万円)で、2020年1月17日(日本公開は2020年1月31日)に公開されたウィル・スミス主演の『バッドボーイズ フォー・ライフ』(20)が興行収入第1位。2019年度は911本の映画が公開され、平均興行収入は1246万ドル(約12億8千万円)、興行収入第1位は『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)だった。単純計算でも公開本数が半減、興行収入は1/3という状況のなか、どんな作品がアカデミー賞を手にするのだろうか?

ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、トロント国際映画祭の観客賞W受賞の『ノマドランド』 Courtesy of TIFF
ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、トロント国際映画祭の観客賞W受賞の『ノマドランド』 Courtesy of TIFF

2020年は、1月のサンダンス映画祭、2月のベルリン国際映画祭以降のメジャー映画祭はほぼオンライン開催となり、アカデミー賞の前哨戦と言われる9月のトロント国際映画祭もオンラインとドライブイン上映を併用するハイブリッド開催となった。他方、同じく9月のヴェネチア国際映画祭、10月の東京国際映画祭は厳重な安全対策を取ったうえで、現地開催されている。

現在作品賞候補のフロントランナーとされているクロエ・ジャオ監督の『ノマドランド』(3月26日公開)は、ヴェネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞、トロント国際映画祭の観客賞を受賞した史上初の映画となった。『ノマドランド』は、作品賞のほかにもクロエ・ジャオの監督賞、フランシス・マクドーマンドの主演女優賞、ジョシュア・ジェームズ・リチャーズの撮影賞のノミネートが期待されている。

【写真を見る】第93回アカデミー賞を大予想!作品賞本命の良作を一挙紹介 Courtesy of TIFF
【写真を見る】第93回アカデミー賞を大予想!作品賞本命の良作を一挙紹介 Courtesy of TIFF

トロント国際映画祭でプレミア上映された『Ammonite』(20)は、ケイト・ウィンスレットとシアーシャ・ローナンが共演し、1840年代の英国で運命的な出会いをする2人の女性の物語。『燃ゆる女の肖像』を米国配給したNEONが手がけ、同作と同様に美しい映像で2人の想いを綴っていく。トーマス・ヴィンターベア監督の『Another Round(英題)』は、デンマークの国際長編映画賞候補作品であり、マッツ・ミケルセンが主演したアルコール中毒者の物語で、笑いとシニカルさの配合が素晴らしい。メキシコのマイケル・フランコ監督の『New Order(英題)』も、現代のメキシコ・シティを舞台に持てる者と持たざる者の軋轢、そして独裁政治を描く意欲的な作品。

評価の高い作品ながら、リー・アイザック・チャン監督の『ミナリ』はゴールデン・グローブ賞作品賞の対象から外されている Courtesy of Sundance Film Festival
評価の高い作品ながら、リー・アイザック・チャン監督の『ミナリ』はゴールデン・グローブ賞作品賞の対象から外されている Courtesy of Sundance Film Festival

その他作品賞にノミネートされそうなのは、サンダンス映画祭でプレミアが行われたリー・アイザック・チャン監督の『ミナリ』(3月19日公開)。韓国からアーカンソー州に移民した家族の物語で、作品賞の他に父親役を演じたスティーブン・ユアンがアジア系俳優として初めて主演男優賞にノミネートされるのではと言われている。

ところが、オスカーの前哨戦(と言うよりも、アカデミー会員が投票前に駆け込みでおさらいをする場)として知られているゴールデン・グローブ賞が、『ミナリ』の劇中使用言語の大半が韓国語であることから作品賞の対象から外し、外国語映画賞として審査すると発表したことにより、現在大きなバックラッシュが起きている。『ミナリ』は、韓国系米国人のチャン監督の半自伝的作品で、ブラッド・ピットが製作総指揮を務め、彼の製作会社プランBとA24が共同製作した作品。サンダンス映画祭では米国ドラマ映画審査員賞と米国ドラマ映画観客賞を受賞している。

オリヴィア・コールマンとアンソニー・ホプキンスが父娘を演じる『The Father』 Courtesy of Sundance Film Festival
オリヴィア・コールマンとアンソニー・ホプキンスが父娘を演じる『The Father』 Courtesy of Sundance Film Festival

同じくサンダンスでプレミア上映された映画では、オリヴィア・コールマンとアンソニー・ホプキンスが年老いた父娘を演じる『The Father』、「サタデー・ナイト・ライブ」などで活躍するコメディアンであり俳優のアンディ・サムバーグと『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』(13)のクリスティン・ミリオティが主演した『パーム・スプリングス』(春公開予定)、サンダンスに引き続きベルリン国際映画祭に出品、銀熊審査員賞を受賞した『Never Rarely Sometimes Always』も候補に上がりそうだ。

『パーム・スプリングス』は、昨年『パラサイト 半地下の家族』の米国配給を手がけたNEONとHuluがサンダンスのマーケット史上最高額で獲得、米国では2020年7月よりHuluで配信されているタイムリープものコメディ。配信系の作品では、Netflixが複数作品を作品賞候補に入れてくる可能性がある。

2020年9月に劇場公開予定だったが、Netflixで配信となったアーロン・ソーキン監督の『シカゴ7裁判』(20)や、デヴィッド・フィンチャー監督のモノクロ作品『Mank/マンク』(20)、スパイク・リー監督の『ザ・ファイブ・ブラッズ』(20)、ジョージ・クルーニー監督作『ミッドナイト・スカイ』(20)など。

聴覚を失ったドラマーの葛藤を描く『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』 写真:SPLASH/アフロ
聴覚を失ったドラマーの葛藤を描く『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』 写真:SPLASH/アフロ

Amazon Prime Videoでは2019年のトロント国際映画祭で上映された『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』(19)、レジーナ・キングの初監督作で『ノマドランド』に次ぐ観客賞次点1位に選ばれた『あの夜、マイアミで』(1月15日配信)などが有力視されている。Apple TV+で配信されたソフィア・コッポラ監督の『オン・ザ・ロック』(20)、アニメーション作品ではDisney+の『ソウルフル・ワールド』(20)も候補に上がるかもしれない。

そして忘れてはいけないのが、クリストファー・ノーラン監督の『TENET テネット』(20)。賞レースでは過小評価されがちなノーラン監督だが、今年ばかりは彼の言動に心を動かされたアカデミー会員も多かったと思う。劇場で映画を観ることを愛し、最高の環境で映画を観客に提供することにこだわったノーラン監督の孤高の戦いは、2020年功労賞を授与してもいいくらいだ。

文/平井伊都子

元記事で読む
の記事をもっとみる