1. トップ
  2. 恋愛
  3. ただ好かれたいだけなのに……。子犬系女子の落とし穴は意外にも深かった

ただ好かれたいだけなのに……。子犬系女子の落とし穴は意外にも深かった

  • 2015.6.2
  • 4180 views

恋愛は相手が変われば変わっていくもの。同じ恋愛なんて存在しないといえます。ですが、中には毎度同じような別れが待っている人っていますよね? 出会いや始まりはちがっても、なぜか終わりは毎回似たような感じになって幕を閉じる……。

「私に見る目がなかったんだなぁ……」

「きっと二人は合わなかったのだろう……」

この自己完結は間違ってはいないと思います。ですが、この自己完結で恋愛を終わらせてしまうと、必ずまた同じような終わりがやってくると思います。切りかえることは人間にとって必要なスキルです。でも、物事には切り替えるべきときと、切り替えずに奥深くまで考えないといけないときがあります。この場合だと、切り替えずに考えるという方法が、過ちの連鎖を断ち切るために必要だと感じました。

それでは、今回のお話を”子犬系女子″に例えてお話したいと思います。

子犬系女子診断!

□彼ができると、周りの交友関係が疎遠になる

□ライフスタイルが彼優先なので、四六時中彼のことばかり考えている

□連絡がない日は、丸一日落ち込んでしまう

□彼次第で一日ハッピーかそうでないかが決まる

□彼に対して自己主張ができない

□感情の起伏が激しくなるが、それもまた恋愛と思っている

□彼に新しい趣味や交友関係ができると不安になる

□SNSで毎日彼をチェック

□もしも、彼と別れてしまったら……と何もないのに不安にかられる

□嫌われたくないという気持ちが強くなる

□付き合い始めのとき、一番仲が良かった気がする

□彼がいれば、何も要らない

このように言葉にしてみると「子犬系女子って重いかも……」と思うかもしれませんが、ほとんどの女子は恋愛をするとこのようになる傾向が強いです。ただ、それを表に出すか、出さないかの違いだけで、女の子は好きな人に対して夢を見るのです。

子犬系女子は、ただ、その感情をさらけ出してしまっているだけなのだと思います。

ある意味素直で可愛いと筆者は思いますが、男子からするとそうではありません。

男子が子犬系女子を面倒くさいと感じる理由

始めは自分を優先にしてくれる彼女のことを、居心地がいいと思うでしょう。子犬系女子の特徴は、付き合い始めの印象がとても良いというところです。

付き合い始めなのですから、お互いがお互いの方を向いているのは当たり前の事なのです。ですが、男子は子犬系女子のように、全てを彼女優先に! なんてそういないと思います。仕事に熱中する時もあれば、友人たちと居るのが楽しい時もあります。彼女優先のライフスタイルだと、後に一家の大黒柱となるのに、ある意味不安でたまりませんよね。

このように、女子が子犬系になってしまうのは、自分の人生を歩むよりも、彼の人生に影響ばかり受けてしまっていることから、彼が居ないと私はどうなってしまうのだろう……と不安を感じるのだと思います。その不安はどんどん膨張し、彼に対しても抑える事はできなくなっていくでしょう。「始めは良かったのに、今ではもう重たい彼女」と、彼の中の彼女に対するイメージは覆っていきます。彼も、彼女が尻尾を振って追ってくるから逃げたいわけではありません。彼女の「好き」が窮屈に感じ、居心地が悪く感じ、突き放して自由になりたい欲求が増えてくるのです。彼女も、彼のことが大好きな可愛い彼女のままでいたいのに、二人の思いはすれ違っていくのだと思います。

最後に、子犬系女子要素のある女子の皆さんに。

「私に見る目がなかったんだなぁ……」でも「きっと二人は合わなかったのだろう……」でもありません。自分自身が、大好きな彼の息を詰まらせ、居心地の悪い状況を作り出しているかもしれない、と自分自身気づくことが大切なのです。だからと言って自分だけが悪いわけではありません。恋愛は二人でするものですからね。そして「逃がした魚は大きい」ではなく、「逃がしてはいけない、大きい魚」と思わせる女の子になりましょう。

オリジナルサイトで読む