1. トップ
  2. 恋愛
  3. お喋り上手は愛される!男性ウケの良いモテる女性の会話術

お喋り上手は愛される!男性ウケの良いモテる女性の会話術

  • 2021.1.3
  • 1349 views

モテる女性とは、言い換えれば男性が一緒にいて楽しいと感じる女性です。楽しいからこそ女性のところに男性が集まります。外見の美しさもモテる理由の一つになりますが、「美人は三日で飽きる」の言葉が示すとおり、ずっと愛されるためにはやはり内面が大切です。

そこで磨くべきなのが会話術、LINEなどコミュニケーションの手段が充実している今、モテる女性の会話術をマスターすれば男性ウケが良くなります。

モテる女性は男性心理を理解して会話に活かす

モテる女性は男性心理をよく理解しており、それを会話に活かしています。つまり、何を話せば男性が嬉しくなるのか分かっているのです。男性と会話する時、多くの女性は自分の印象を良くするための話題を考えます。

しかしそれは自分が視点となっての考え方で、言い換えればアピールの一つでしかありません。一方、会話術に長けた女性は男性心理から話題を考え、男性が嬉しくなる要素を絡めた会話をしています。

(1) 男性の得意分野を活かした会話術

男性は得意分野に関係する話題では知識を披露したい心理が働き、専門家のように意見する傾向があります。例えば、シリーズものの映画に対して続編をダメ出しして、初期作の魅力を延々と語る男性は多いですよね。この心理を会話術に活かす女性は、まず男性の得意分野を聞き出します。

その上で自分もその分野を軽く勉強、敢えて未熟な知識のまま男性の得意分野に関する話題を持ち掛けます。当然男性は女性の未熟な意見を否定、自分の知識の高さを披露できることで女性との会話が楽しくなるのです。

(2) 褒められて嬉しい気持ちを活かした会話術

男性は、女性に褒められれば嬉しい気持ちになる心理が働きます。そこで会話の中で男性を褒めるのですが、この場合褒め方にコツがあります。あなたが男性に褒められたとして、次の褒め方を比較してみてください。

「こんなかわいい女性見たことないよ」
「目がくりっとしていてかわいい」

1つ目の褒め方はあまりにもオーバーでむしろわざとらしく、2つ目の褒め方は控えめながらもかわいい理由を伝えているため、褒め言葉に信憑性がありますよね。

男性もこれと同じで、単にかっこいいだけでなく具体性のある褒め方が必要、そのためには男性を観察して長所を知ることも求められます。

モテる女性が会話で実践している工夫

料理にスパイスを加えると旨味が増すように、会話にちょっとした工夫を加えることで会話術は大幅にアップします。特におすすめなのが「言葉の変換と仕草を使ったテクニック」、これらをマスターすれば男性は女性との会話が楽しくなり、同時に女性に対して興味も芽生えるでしょう。言葉の変換も仕草も性格的に自然にできる女性もいますが、意識すればどちらも意図的に可能なため、全ての女性におすすめできる会話術です。

(1) 男性の短所を長所に変換する会話術

男性が女性との会話で最も気まずくなるのは短所が発覚する瞬間です。例えば、運動音痴で帰宅部の学生時代を送ってきた男性が女性に「学生時代、部活何やってた?」を聞かれれば、運動神経が悪いことを明かさなければなりません。それは、男性にとって引け目を感じてしまう瞬間になるでしょう。

しかし、ここで男性の短所を長所に変換する会話術を実践すれば、男性は途端に嬉しくなるのです。ちなみに、運動神経の悪さは「運動できない分、頭が良さそうに見える」と褒め言葉に変換することが可能、少々無理がある変換でも構いません。

(2) 仕草を使う会話術

同じセリフを使っても、仕草を加えることでよりかわいく見えるようになります。例えば、男性の言葉に対して「ちょっと~!」と返す時、そこで肩を叩くボディタッチの仕草を加えれば人なつっこい女性のイメージを与えることができるでしょう。

また、女性は仕草を加えることで表情豊かにうつるため、男性も会話が楽しくなるのです。会話術を磨くためには会話の内容が大切と思いがちですが、その会話とあわせて行う仕草を磨くことも大切で、“男性が好む女性の仕草”を勉強して会話中に活かしましょう。

会話は全ての場面で発生するため、会話術を身につければ付き合う前・付き合った後・結婚後の全てにおいて役立ちます。お喋り上手な女性がモテる理由は明るいだけでなく、男性ウケする会話術を身につけているからです。男性心理を読んでの「得意分野を活かせる会話」・「褒められる会話」、さらに「短所を長所に変換する」・「仕草を加える」の工夫をすることが、モテる会話術をマスターするコツです。

元記事で読む