1. トップ
  2. 恋愛
  3. 9割が◯◯力重視! イケメンよりブサメンと働きたい女性が多い理由

9割が◯◯力重視! イケメンよりブサメンと働きたい女性が多い理由

  • 2015.6.2
  • 4591 views

【相談者:20代男性】

最近、同僚で気になっている人ができたんですが、自分に自信がなくてなかなかアプローチができません。彼女とは仕事で一緒になって、「気が合うな~」と思って以来、飲みに行くような仲です。でも、俺はこれといってイケメンでもなく、 いたって普通の人間です。どうすれば自分に自信を持ってアプローチできるでしょうか。

●A. 同僚相手なら、ルックスよりも仕事の出来栄えで勝負してみるのはいかがでしょうか。

ライターの雪見かおるです。ご質問ありがとうございました。

最近、同僚で気になる人ができたけど、自分がイケメンじゃないことを気にして、なかなか自信を持ってアプローチできないというご相談ですね。確かに、ルックスのいい人ほどモテる傾向にあるのは、男女共通です。でも、だからといって、自分のルックスに自信が持てずせっかくの出会いを無駄にしてしまうのは、ちょっともったいないですよね。

特に好きな相手が同僚なら、肝心なのはルックスではなく、仕事の出来栄えで男性の価値が決まるかもしれませんよ。

●イケメンよりもコミュ力のあるブサイクの方がいい!?

というのも、『株式会社キャリアデザインセンター』が働く女性289人に行った調査で、こんな気になる結果が発表されていました。

同対象者に、「“イケメンだけどコミュ力が低い人”と、“ブサイクだけどコミュ力抜群な人”なら、同じチームで働きたいのはどっち?」と聞いたところ、女性たちの意見は圧倒的に、「ブサイクだけどコミュ力抜群な人」で91%でした。

「仕事相手なら当然では?」と感じる男性も多いかもしれませんが、仕事ができるということは、間違いなく異性としての魅力につながるものです。女性たちがルックスよりもコミュ力を重視しているのも、それだけ仕事を円滑に進めたいという意思が反映されているからでしょう。同じ職場で働く女性の目をくぎ付けにするには、ルックスの良し悪しよりも、仕事の出来栄えで勝負した方がいい返事がもらえる可能性もアップしそうですよね。

●仕事をきっちりとこなして男の魅力を磨こう

具体的に寄せられた女性たちの意見をのぞいてみましょう。まずは、「ブサイクだけどコミュ力抜群な人」に投票した女性たちの声です。

**********

『自分が人見知りだから、そういう人がいると輪の中に入りやすい』(接客・販売/22歳)

『顔は慣れるけど、コミュ力が低いと毎回イライラ……』(MR/27歳)

『顔がいくら良くても、コミュニケーションが取れなきゃ仕事にならない。そのうちイケメン顔にイライラしてくる』(営業事務/28歳)

**********

思いのほか手厳しい意見が並んでいますね……。コミュ力は仕事にとって欠かせないものなので、軽視できないという本音がひしひしと伝わってきます。

では、対する「イケメンだけどコミュ力が低い人」に投票した女性たちの意見はどうでしょうか。

**********

『そんな人とどこまで仲良くなれるかが楽しい』(事務・企画関連職/25歳)

『イケメン・美女はいるだけで華。コミュ力を鍛えれば完璧なチームが完成すると思う』(接客・販売/28歳)

『ミスしてもイケメンなら助けてあげようという気になる』(CADオペレーター/32歳)

**********

どうやら、イケメンと一緒に仕事できることを「うれしい」と感じる人は少なくないようです。

このあたりは、美男美女が得なところかもしれませんが、まずは仕事をきちんとこなすことで、気になる人をあなたに引きつけることができるのかも。相談者さんと同様の悩みを抱えている男性のみなさんは、ぜひこれらのポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。

【参考リンク】

・働く女性が同じチームで働きたいのは、「イケメンだけどコミュ力が低い人」よりも「ブサイクだけどコミュ力抜群な人」だった! | 株式会社キャリアデザインセンター

●ライター/雪見かおる(セクシュアリティ専門家)

トランスジェンダー当事者。某クリニック院長から「体験談を書いてみては?」と勧められたひと言をきっかけに、セクシュアリティについてのコラム執筆を決意。『恋愛jp』では、自身の性別や性的指向について悩む人の気持ちに少しでも触れられたらと思い、当事者なりの意見と体験を交えたLGBTに関する情報を発信している。また、別名義ではライター、作家、シナリオライターとして活動する一面も持つ、異色の覆面コラムニストである。

元記事を読む