1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 海に漂うごみをリサイクルしたボールペン「スーパーグリップG オーシャンプラスチック」

海に漂うごみをリサイクルしたボールペン「スーパーグリップG オーシャンプラスチック」

  • 2021.1.2
  • 787 views
海洋プラスチックごみの再生樹脂を使用したボールペンは国内初

パイロットコーポレーションは、油性ボールペン「スーパーグリップG オーシャンプラスチック」を、2020年12月25日に発売した。

ごみの回収・削減を支援

テラサイクルジャパンが、日本国内で回収した海洋プラスチックごみからリサイクルした再生樹脂を使用。筆記具素材としての採用は国内初だという。パイロットコーポレーションは今回の取り組みを通じ、海洋プラスチックごみから生成されるリサイクル素材の活用を広げ、流通を促進し、ごみの回収の推進や削減に協力していくとのことだ。

再生樹脂はボディの一部に使用。また、その他の部分にもリサイクル素材を使うことで、エコマーク認定商品およびグリーン購入法適合商品として発売するという。

ベースの「スーパーグリップG ノック式」は、同社の油性ボールペンの定番アイテム。グリップ感と書き味を引き立たせる細軸と軽量ボディが特長で、幅広い層から支持されているという。

価格は110円(税込)。

元記事で読む