1. トップ
  2. 王室と血縁関係のあるスターたち。

王室と血縁関係のあるスターたち。

  • 2021.1.3
  • 8183 views

エレン・デジェネレスはキャサリン妃の遠い親戚。パリス・ヒルトンはイングランド王ヘンリー2世の子孫。わずかとはいえ、王家の血を引くスターを画像でチェック。

左から、ユマ・サーマンとイングランド王エドワード、ジョニー・デップと女王エリザベス2世。photo : Abaca

お金持ちで有名なだけではない。スターのなかには王家と深い繋がり、つまり血縁関係がある人もいる。VIPセレブともなると、エリザベス2世の遠い親戚とか、フランス王家の子孫とか、王族の身分にもうちょっとでーーあるいは数百世代遡るとーー手が届きそうな人も。

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットは、メディアを賑わすハリウッドのスターカップルだった。だからといって、そのこととふたりの祖先は関係ない(アンジーの祖先はフランス国王フィリップ2世で、ブラッドの祖先はイングランド国王ヘンリー2世)。一方、ジョニー・デップとエリザベス2世は20親等離れた親戚同士。キャサリン妃とウィリアム王子も、多かれ少なかれ、遠い親戚に当たる。いまこそ、王家にまつわるルーツ探しはいかが?

ロイヤルファミリーの子孫にあたるセレブたち

1ジョニー・デップとエリザベス2世は20親等離れた親類。I beg your pardon?いえいえ、読み間違いではありません。BBCのジャーナリスト、ニック・バラットによると「500年前のジョニーの先祖が王家だった」のは間違いないという。ジョニーとエリザベス女王には帽子好きという共通点もある。photo : Abaca

2アンジェリーナ・ジョリーは戦時中の女性に対する暴力への反対活動を評価されて、2014年にエリザベス女王から名誉勲章を授与された。女性の権利の擁護という関心を共有するふたりだが、なんと先祖まで共有している。アンジェリーナ・ジョリーの母マルシュリーヌ・ベルトランはフランス国王フィリップ2世(1165ー1223)の子孫に当たる。photo : Abaca

3アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの子どもたちには間違いなく王家の血が流れている。アンジェリーナはフィリップ・オーギュストの子孫に当たるが、ブラッド・ピットの祖先にも王族がいる。母親のジェーン・エッタ・ピットがイングランド王ヘンリー2世(1133ー1189)の子孫。ブラッドはエリザベス女王の26親等の親類でもある。photo : Abaca

4パリス・ヒルトンは社交界のプリンセスだが、それもそのはず、彼女の父リチャード・ヒルトンはイングランド王ヘンリー2世の子孫なのだ。Thank you, daddy. photo : Abaca

5キャサリン妃は人気コメディアンが親戚にいる、と自慢できそうだ。キャサリン妃とエレン・デジェネレスには1500年代頃に生きたトーマス・フェアファクス卿とアニエス・ガスコーニュ夫妻という共通の先祖がいる。つまりふたりは15親等の親類ということ。エレンにとっては残念なことに、2011年のキャサリン妃とウィリアム王子の結婚式に呼ばれるには、ちょっと遠すぎたようだ。photo : Abaca

6ジェイク&マギー・ジレンホールは、父のスティーヴン・ジレンホール監督の家系に、イングランド王エドワード3世(1312ー1377)との血縁がある。つまり姉弟はエリザベス2世の19親等の親類ということになる。photo : Abaca

7なんだかちょっと似ている気もする。マイケル・ダグラスと祖先のイングランド王エドワード3世。photo : Abaca

8映画でシンデレラを演じたヒラリー・ダフは、ともすると本物のプリンセスになっていたかもしれない。ヒラリーはエリザベス女王の18親等の親類に当たる。彼女の祖先のアレクサンダー・スポッツウッド(1676ー1740)は、イングランド王エドワード3世の10番目のひ孫。photo : Abaca

9サラ・ペイリンとダイアナ妃は10親等の親類。プリンセスも墓の中でひっくり返っているに違いない。Ancestry.comの系図専門家によると、ふたりとも17世紀にマサチューセッツに渡ったイギリスの聖職者ジョン・ロスロップの子孫だという。photo : Abaca

10 レイフ・ファインズとチャールズ皇太子は8親等の親類。貴族の役を演じることに長けているのも頷ける。イギリス王位継承順位第1万位。photo : Abaca

11ユマ・サーマンは”長脛王”の異名をもつイングランド王エドワード1世(1239ー1307)の21親等の親類。photo : Abaca

12これからは殿下と呼ぼう。イギリスで最も有名な俳優のひとりヒュー・グラントは、ふたつの王家の血を引く。祖先は、イングランド王ヘンリー7世(1457ー1509)とスコットランド王ジェームズ6世(1566ー1625)。photo : Abaca

13トム・ハンクスは、失地王と通称されるイングランド王ジャン(1166ー1216)と血縁関係にある。エリザベス女王の24親等の親族でもある。photo : Abaca

14心臓が弱い人は気をつけて。キャサリン妃とウィリアム王子はなんと12親等の親族。ふたりとも、エリザベス1世時代のガーンジー総督トマス・レイトン卿の子孫という。レイトン卿は総督時代に現地で多くの血が流されたことで知られる。photo : Abaca

元記事で読む
の記事をもっとみる