1. トップ
  2. 矢本悠馬、問題児の漆原は「今まで一番台本と向き合った時間が長い役だったかも」<教場II>

矢本悠馬、問題児の漆原は「今まで一番台本と向き合った時間が長い役だったかも」<教場II>

  • 2021.1.2
  • 220 views
「教場Ⅱ」に出演する矢本悠馬 (C)フジテレビ
「教場Ⅱ」に出演する矢本悠馬 (C)フジテレビ

【写真を見る】背筋を伸ばし、風間(木村拓哉)の授業を受ける漆原(矢本悠馬)

木村拓哉が警察学校の冷徹な教官・風間公親を演じ、話題となったスペシャルドラマの第2弾「教場Ⅱ」(フジテレビ系)が、1月3日(日)、4(月)に二夜連続で放送される。

長岡弘樹のベストセラーを原作に警察学校のリアルな実情を描いた今作の主人公の風間は、警察学校は“適性のない人間をふるい落とす場”と考え、トラブルを抱えた途端に退行届を突きつける非情な人物。しかし、第1弾では彼の奥にある熱情が多くの人々の心を捉えた。

脚本を手がけるのは「踊る大捜査線」シリーズの君塚良一、そして演出は「若者のすべて」、「プライド」の中江功。第2弾でも稀代のヒットメーカーが手を組み、厳しくも温かい物語を生み出す。

「Ⅱ」には200期の生徒として登場するのは、濱田岳、福原遥、矢本悠馬、杉野遥亮、目黒蓮(Snow Man)、眞栄田郷敦、岡崎紗絵、戸塚純貴、高月彩良、樋口日奈(乃木坂46)。そして、199期から復学する生徒役で上白石萌歌も登場する。

その中で、問題児の漆原透介を演じる矢本悠馬に、今作に挑むための準備段階から、撮影現場での裏話までを聞いた。

――とてもシリアスな作品ですが、第1弾があったので、覚悟を持って現場に入ることができたのではないですか?

撮影前に第1弾を見返して、緊張感のある作品だなとは思いましたが、実際の現場がどんな感じかは分からなかったので、わりとラフに入ってしまって。そうしたら面を食らったという感じでした。

――事前の訓練は、本当に大変だと伺いました。

最初の訓練の時に、「え?こんな感じ? うわー、やめて〜」と思いました(笑)。すごくストイックだったので。でも、なかなかスイッチが入らなくて…。

【写真を見る】背筋を伸ばし、風間(木村拓哉)の授業を受ける漆原(矢本悠馬) (C)フジテレビ
【写真を見る】背筋を伸ばし、風間(木村拓哉)の授業を受ける漆原(矢本悠馬) (C)フジテレビ

前回を超えないとやる意味がない

――スイッチは、どのぐらいで入ったんですか?

所作訓練が1カ月以上あったのですが、折り返してからです。「いよいよ撮影が始まるぞ。このままではヤバいんじゃないのか?」と自分の中で思っていた時に、木村さんがリーダーを任せたいと言ってくださって。しかし、それでもまだちゃんとスイッチは入っていませんでした。

でも、198期のメンバーと話した時に、“200期はダメだ”みたいな感じに言われて、それでスイッチが入りました(笑)。みんな頑張ってるのに、こんな風に言われるのはな、と思って。それに前回を超えないと「Ⅱ」をやる意味がないですしね。撮影に入るギリギリのところでエンジンが掛かったので、みんなには申し訳なかったなと思っています。そうしてスイッチが入って、いきなりリーダー面し始めました(笑)。

――演じられる漆原は、時間の感覚が人と違うなど特殊な役どころですが、どのように演じられたんですか?

時間の感覚が人と違って、時間にルーズということしか手がかりがなかったので、脚本を読んだ後、中江監督と顔合わせをした際に聞いたんです。不良タイプなのか、感覚的に少し違った子なのか?と。 そのどちらかじゃないとセリフの意味も腑に落ちないし、僕はこの二択だと思っている。そうしたら、後者かな?と言われたので、そこをベースに広げていき、あとは現場で見てくださいと監督にお願いしました。中江監督とは、顔合わせの段階で相当お話しさせていただきました。

――話したことで、スッキリできましたか?

スッキリまではできなかったのですけど、ようやく漆原のスタート地点に立てた気がしました。あとは、監督の想像を超えるようにしないといけないなという思いもあったのですが、漆原は脚本でもあまり細かく描写されていないキャラクターだったんです。セリフも「…」が多いですし、メーンのシーンも走り回っているだけ(笑)。僕が俳優という仕事を始めて、一番台本と向き合っている時間が長い役だったかもしれないです。

――周囲の人と掛け合うことでキャラクターができてくる面もあるかと思いますが…。

今、気付いたんですけど、自分のシーン以外の部分を読んで、キャラクターを作っていました。漆原はトリッキーなキャラクターだから、自分以外の登場人物が漆原のことを話しているシーンが多かったんです。そこからヒントを経て、作っていたかな?と思います。

新春スペシャルドラマ「教場Ⅱ」より (C)フジテレビ
新春スペシャルドラマ「教場Ⅱ」より (C)フジテレビ

200期メンバーは「頼りにはならなかったです(笑)」

――200期メンバーは、リーダーからご覧になっていかがでしたか?

とっても性格のかわいい、気持ちのいい奴らでした。みんな、いい子で。やる気も向上心もあって、この作品中に成長してやろうという気合いも感じられて。共演者に恵まれたなと思いました。

――頼りにはなりましたか?

頼りにはなんなかったです(笑)。頼りにされていたほうで、メンタル弱々の子が多かったので、引っ張っていくのが大変でした(笑)。

――ちなみに木村さんとは、他にもお話をされたんですか?

結構ラフな話をしていました。筋トレの話とか、木村さんの学生時代の話とか。何気ない話をして、みんなで笑っていた時間が多かったですね。

新春スペシャルドラマ「教場Ⅱ」より (C)フジテレビ
新春スペシャルドラマ「教場Ⅱ」より (C)フジテレビ

木村さんは“ザ・男”

――木村さんは会いたかった人とお話ししていらっしゃいましたが、会われてみての印象はいかがでしたか?

木村さんは絶対に共演したいと思っていた方で念願叶ったわけですが、男だったら、好きになるしかない人だと思いました。メンタリティーとか、行動も“ザ・男”でかっこいいんです。自分もわりと男っぽい性格なので、そう感じる人は今までいなかったんですけど、納得の“ザ・男”という方で、いろいろ勉強になりました。

――最後に、漆原としての見どころと、作品全体の見どころを教えてください。

漆原は、「教場」の第1弾でも第2弾でも珍しい異常な落ちこぼれです(笑)。ここまでの落ちこぼれは実際の警察学校にもいないであろう、なかなかのレアキャラで、この落ちこぼれが果たして風間教場での訓練を乗り越え、警察官としての強い心を持っていけるのかが見どころだと思います。

作品全体としては、リーダーを引き受けた僕としては、訓練シーンは前作を超えるものになっていると思いますので、そこを見てほしいです。それから、前作と比べると今回の生徒たちは警察学校に来た理由がみんなあやふやなんです。警察官になりたいと思っている子がほとんどいなくて、それは将来何になりたいかが分からない子が多いと言われている今の大学生たちと心境が近いと思います。そういう子たちが風間教場を経て、どう進化していくのか、心情がどう変化していくのかというところが、一番の見どころだと思います。

元記事で読む