1. トップ
  2. ファッション
  3. アレキサンダー・マックイーン 2021年春夏ウィメンズコレクション ‐ 本質美への追求

アレキサンダー・マックイーン 2021年春夏ウィメンズコレクション ‐ 本質美への追求

  • 2021.1.1
  • 531 views

アレキサンダー・マックイーン 2021年春夏ウィメンズコレクション ‐ 本質美への追求

アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen) 2021年春夏ウィメンズコレクションが発表された。テーマは“FIRST LIGHT”。

www.fashion-press.net

“本質美”を追求

今シーズンは「シェイプ、シルエット、ボリュームなど、必要最低限の美しさのみを残した」と語る、クリエイティブ・ディレクターのサラ・バートン。ファッションとしての“本質”をむき出しにしたレディ トゥ ウェアは、いずれも観る者の視線と心を自然とキャッチする、オーセンティックな美しさを放っている。

特徴的なシルエット

視線を奪うのは、空気をたっぷりと孕んだように膨らむ、ボリューミーなスリーブ。また今季のスカートデザインは、蝶が羽根を広げて舞うようになびく“バタフライドレープ”をあしらった、とびきりロマンティックなムードが主流だ。

そんな両者の要素を併せ持つ、ドレッシーなコートは、ボディ部分だけコットンウールツイルで切り替えたハイブリッドなピース。今季の象徴的なシルエットを描くパーツは、上品な光沢を放つポリファイユ生地を採用したことで、エレガントな表情を高めている。

ハイブリッドなジャケットスタイル

こうしたハイブリッドな要素は、アイコニックなジャケットスタイルにも取り入れられている。ブラックのウールツイルに繋ぎ合わせたのは、英国にルーツを持つブランドらしいトラッドなプリンス・オブ・ウェールズチェック柄。また全身をオールホワイトで統一したスタイリングのロングジャケットは、ドローコード付きのパーカースカートと切り替えた、スポーティーなムードも感じられる。

コルセットやバイカースタイルを再解釈

本来の洋服が持つイメージを一転させた、ユニークなピースも見逃せない。例えば、“コルセット”をブラックレザーで再解釈したピースは、レザーと親和性の高い、ややハードなメタリックディテールを配したことで、センシュアルになりすぎない、力強い女性像を提示。

一方でタフなバイカージャケット&スカートの組合せは、ドレッシーに再解釈。大胆に首元を覗かせる襟ぐりに、丸み帯びたシルエット、足元にはヒールを合わせることで、フェミニンなムードへと引き寄せている。

ブランド初のフィルム形式で発表

なお今季は、サラ・バートン就任後、初めて男女合同でコレクションを発表。さらに英国の映像作家ジョナサン・グレイザー(Jonathan Glazer)による、ブランド初のフィルム形式が採用された。

元記事で読む