1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「もう頑張れない…」そんなとき、どうしたらいい?|もちぎ

「もう頑張れない…」そんなとき、どうしたらいい?|もちぎ

  • 2021.1.2
  • 3213 views

どうも〜〜あたいもちぎ。
北半球1美しいゲイ(自称)としてゲイバーで働き、最近は学業と執筆業に励む楽しいオトコ〜。
今回は《もう頑張れないと思った時どうすればいい?》というご相談について、あたいなりに頑張って回答させていただきま〜す。

「もう頑張れない」とは?

まず、この質問が出てきた状況を推測だけど深掘りしていくわね〜。
「頑張れない」ではなく「もう頑張れない」という人は、おそらく継続して努力してきたけれど、自分の体力や気力の限界を感じ、「まだ頑張りたいけど、私にはもう無理だ」っていうめっちゃしんどい状況に陥った人だと思うの。
これに対してあたいは一つだけ《あたいなりの切り抜け方》を答えさせていただくけど、この渦中にある人だけでなくみんなに参考にしてもらえたら、と思う。
きっと誰だって何かを続けていると、しんどくなるタイミングにぶち当たるはずだから。
まず最適解は《休むこと》
ぶっちゃけ心も体もしんどい時は休んでしまうのが一番よ。
美味しいご飯食べて、あったかいお風呂入って、ぐっすり寝る。
心身ともに一旦落ち着かせると脳みそも冷静になってくれるからね。あたいはこれにビールがあったら最高。
でもまぁ、それが簡単にできないのが世の常だと思う。
仕事や会社なら、人員や納期の関係で現場から抜けられなかったりするし、勉強とかなら自分が休んでる間に覚えたことを忘れたり、受験時や試験期間なら競争相手がその間も勉強してたりするしね。自分が休むと迷惑かけたり、遅れを取ったりすると考えても仕方ないと思う。
休むって大事だけど、その場から離れても心が休まってないなら意味がないのよね。
そんで努力できる人は培ったものがあるからこそ、努力から距離を置くことに抵抗を感じてしまう。だから休むということに決断や思い切りが迫られてしまう。
じゃあ思い切って休めない人はどうすればいいかというと、《今の自分ができることだけに努力していく》だと、あたいは考えてる。

《継続はする》と《自分を労る》を両立

仕事で期限があるなら、それが調整できないか、あるいは誰かに頼めないかなどなども考慮して《自分だけで完全な仕事をする》ってのを諦めてもいいと思う。
勉強とか人間関係で苦労しているなら、努力の程度をグッと下げてもいいと思う。毎日英語の勉強して限界を感じたなら、英単語だけ勉強するとか洋楽を聞くとか、字幕の映画を見るだけとかにしたらいいし、人付き合い疲れたなら挨拶だけに済まして飲み会とかの付き合いは断ってしまってもいい。
家族なら正直に「疲れた」と打ち明けて、個人の時間を取ってもいいの。それが無理なら少しだけいい顔をやめるとかね。それで周りに非情と思われてもいいの。自分を許せる人間しか他人を許せない。あなたが自分を甘やかすのは他人を許すトレーニングでもある。「ちゃんとやれ」って他人に言ってくる方が優しくないのよ。
それでどうか「なぜ自分が頑張っていたか」を思い出して欲しいの。
自分が義務ややりがいを感じていたから、元々は好きで始めたことだから、そういう理由がきっとあったんだと思うの。
疲れてくると余裕がなくなって嫌な面ばかり目が行っちゃうけど、少し落ち着けば楽しかったことや喜びが思い出せたり、見出せたりするわ。

おわりに

完全に休めないなら、少し心を休ませて、頑張ってきた自分を見つめ直して欲しい。
あたいなりの切り抜け方が、みんなの今後に繋がってくれることを願うわ。
というわけであたいは今から銭湯行って、帰りはビール飲みながら散歩します!!!アディオス!!
(もちぎ/ライター)



元記事で読む