1. トップ
  2. メイク
  3. マスク時のベースメイクはこれ1本。美容ライターのご用達【トーンアップ下地】5選

マスク時のベースメイクはこれ1本。美容ライターのご用達【トーンアップ下地】5選

  • 2021.1.1
  • 3483 views

マスクを着用する生活がスタンダートとなっている今、ベースメイクを簡単に済ませたい方は少なくないと思います。そこで注目が高まっているアイテムがトーンアップ下地です。そこで今回は使用感も仕上がりも満足度の高い美容ライターたちのご用達5アイテムをまとめて紹介します。

(1)セザンヌ「UVウルトラフィットベースEX」

保湿力を高める美容液成分が15種類も配合されていて、しっとりと肌を包みながらみずみずしい肌に仕上がるセザンヌ「UVウルトラフィットベースEX」。

マスク時のベースメイクはこれ1本。美容ライターのご用達【トーンアップ下地】5選

▲セザンヌ「UVウルトラフィットベースEX」。カラーは00オレンジベージュ、01ライトブルー、02ピーチピンクの全3色

保湿しながらもべたつかず、肌にスッと馴染むなめらかで軽いテクスチャーが特徴で、メイクをぴたっと密着させてくれるので、メイク崩れしにくいうるおい美肌を作れます。また、SPF30+/PA++紫外線対策も万全。マスクを外さない日やリモート会議は「これ1本!」という使い方もできます。

(2)エクセル「ラスティングタッチベース EM」&「ラスティングタッチベース SS」

乾燥による皮脂崩れや粉吹き崩れを防くべく味方にしたいのが、潤い膜を作って肌の水分バランスを整えてくれる「ラスティングタッチベース EM」&「ラスティングタッチベース SS」です。

マスク時のベースメイクはこれ1本。美容ライターのご用達【トーンアップ下地】5選

▲エクセル「ラスティングタッチベース EM」

スムースライトポリマーが配合された「ラスティングタッチベース EM」は、肌の表面を滑らかに見せて凹凸のない肌に仕上げてくれるのが特徴。5種類の植物オイル、保湿成分のセラミドなどスキンケア感覚で使えるのも高ポイントです。

マスク時のベースメイクはこれ1本。美容ライターのご用達【トーンアップ下地】5選

▲エクセル「ラスティングタッチベース SS」

一方、Wオイルブロック設計の「ラスティングタッチベース SS」は過剰に出た皮脂を吸収・固定する2種類のパウダーを配合。薄付きながらエアコンや寒気による乾燥も怖くありません。テカりを防いで長時間つけたての美しさをキープできますし、「ラスティングタッチベース EM」と同様にスムースライトポリマーが配合されているので、光を味方にして毛穴の見えない明るい肌に仕上げることができます。

(3)ジョンセンムル「スキンセッティングトーンバランシングベース」&「スキンセッティングトーンアップベース」

韓国の有名メイクアップアーティスト、ジョンセンムル氏が手がけるコスメ、ジョンセンムルの「スキンセッティングトーンバランシングベース」&「スキンセッティングトーンアップベース」も非常に優秀です。

マスク時のベースメイクはこれ1本。美容ライターのご用達【トーンアップ下地】5選

▲ジョンセンムルの「スキンセッティングトーンバランシングベース」(左)、「スキンセッティングトーンアップベース」(右)

ファンデーション代わりにもなる高いカバー力が欲しい方は「スキンセッティングトーンバランシングベース」を。こってりとした質感で“まるでBBクリーム”のような下地クリームで、色味はピンクみの強いオークル系ベージュになります。普段使用しているファンデーションに混ぜて使うのもおすすめです。

一方、むきたてのゆで卵のようなうるツヤ肌に仕上げるなら「スキンセッティングトーンアップベース」を。ピンク系カラーで肌のくすみを除いて肌に自然な血色感を与えてつつ、顔の骨格に合わせて光を取り込み、まるで肌の表面に膜を張ったように仕上がります。

オンラインでミーティングする機会も増え、メイクのあり方も変わってきつつあります。「毎朝のしっかりファンデーションはもう不要かも」と感じているなら、ぜひ今回紹介した5アイテムを試してみてくださいね。

元記事で読む