1. トップ
  2. 「神鳥谷」←この地名、どう読むか分かる?

「神鳥谷」←この地名、どう読むか分かる?

  • 2021.1.1
  • 2702 views

Jタウンネットの人気コーナー「きょうの難読地名」。全国各地にある変わった読み方の地名を、クイズ形式で紹介している。

今回は、年末年始の特別企画。読者の皆様から情報提供があった難読地名を出題したい。

新年1問目は、栃木県に住む山内庸介さんからの投稿。紹介してくれたのは、同県小山市の難読地名だ。

「神鳥谷」

この地名、どう読むか分かりますか?

 ヒント:○○○のや

答え

「ひととのや、しととのや」

「ひととのや」と「しととのや」、地元の人でも読み方が分かれるそう。地名の由来は諸説あり、小鳥を指す古語「巫鳥(しとど)」が神鳥に転じたという説、同地がかつて湿地だったことから、しとしと濡れる谷で「しととのや」になったという説などが伝えられる。

元記事で読む