1. トップ
  2. レシピ
  3. 今が旬! 美味しくヘルシーな美容食材、鯵(アジ)を食らう

今が旬! 美味しくヘルシーな美容食材、鯵(アジ)を食らう

  • 2015.6.2
  • 827 views

暑い日が続いております。淑女の皆様方、いかがお過ごしでしょうか。こんなにも茹だるような熱気を浴びていると、食欲が無くなり美容欲も減り……なんてことになってはいませんか?

今回はそんな女性に全力でオススメしたいスーパーフード、鯵(アジ)の魅力をお伝えできればと思います。仕事でお疲れのOLさんも、家事に育児に忙しいママさんも必読です!

家族で食べたい、アジの秘密

煮ても焼いても、アジってとっても美味しいですよね。アジには、うま味成分であるイノシン酸やアミノ酸がたっぷり含まれているんです。特にアミノ酸には美容効果もあり、美肌美髪に良いとされています。

そして注目したいのが、アジの脂肪。脂ののったアジは格別の美味しさですが、実はこの脂、美味しいだけじゃあないんです。青魚に含まれる脂肪は、不飽和脂肪酸と呼ばれます。不飽和脂肪酸はコレステロールを下げるので、ダイエット中のお姉さんに最適。さらにボケ防止にも効果があるので、おばあちゃんにも最適。不飽和脂肪酸のDHAは記憶力の低下を抑え、目にも良いので、子どもにも最適。アジに含まれるカリウムは余分な塩分を体外に排出してくれるので、血圧が気になるお母さんにも最適。……な、なんという万能食材……!!

今こそ作りたい、アジ料理

そんな素晴らしいアジを、もっともっとおいしくいただくレシピをご紹介いたします。アジを購入するときには、1:全体的に丸く 2:腹が硬く 3:体表面が輝いているものを選びましょう。

大人のおつまみに! アジのなめろうお酒のアテに相性抜群、アジのなめろう。生食用又は刺身用のアジをぶつ切りにしたら、お好みの薬味と味噌を入れて刻む、叩く、叩く! アジの食感を味わうために粗めでも、ねっとり感を楽しむために細かくでもOKです。基本的な薬味はネギ・ショウガ・大葉などですが、ミョウガ・お酢・パセリ・レモン汁などもぴったりです。ちなみに筆者のイチオシは、梅干し。食欲を掻き立てる酸っぱさで、お酒だけではなくご飯もすすむ組み合わせです。

子どもも喜ぶ! アジのハンバーグなめろうはお父さんや旦那さんに作りたいレシピ。そのなめろうの残りでも作ることが、子どもも美味しく食べられるハンバーグ! なめろうに片栗粉と水切りした豆腐を入れ、よく混ぜたら丸く整えて焼くだけの簡単料理です。大根おろしやタマネギなど、さっぱり系のタレでいただきましょう。

最後に……

こうやってアジについて調べていたら、アジが食べたくてたまらなくなってきてしまいました。筆者は今まで、秋は鮭、冬は牡蠣(カキ)( http://googirl.jp/biyou/1412oyster045/)、春は山菜(http://googirl.jp/lifestyle/1503sansai211/)を、それぞれ旬のビューティーフードとしてコラムにて取り上げて参りました。加えて今回、初夏のアジ。旬のものを美味しく味わう贅沢と美容が同時に叶ってしまうなんて、本当に素敵なことですよね。淑女の皆様方も、どうぞご賞味あれ♪

元記事を読む