1. トップ
  2. ファッション
  3. ハイク 2021年春夏コレクション、イギリス王立海軍や40年代ミリタリーのウェアを再解釈

ハイク 2021年春夏コレクション、イギリス王立海軍や40年代ミリタリーのウェアを再解釈

  • 2020.12.31
  • 626 views

ハイク 2021年春夏コレクション、イギリス王立海軍や40年代ミリタリーのウェアを再解釈

ハイク(HYKE)は2021年春夏コレクションを発表した。

www.fashion-press.net

歴史あるミリタリーウェアを踏襲して

服飾史や古着などを基に、ブランド独自の感性を加えた服を作り続けるハイク。今季も、これまでのシーズンでも頻繁にベースに採用してきたミリタリーウェアを再構築したウェアでコレクションを構成する。

中心は“ロイヤルネイビー”

コレクション内における複数のアイテムの基礎となった、ロイヤルネイビー(=イギリス王立海軍)のウェアは今季の中心的なインスピレーション源。ベンタイルスモックやアーマーベスト、コンバットパンツといったピースをサンプリングしている。

ユニークなボタンやポケットの配置が印象的なベンタイルスモックのディテールを受け継いだジャケットは一際存在感のある一着。裾から垂れるリボンの様に太いコードはオリジナリティを含んだパーツの一つで、スタリング全体にアクセントを加えてくれる。

1940年代のミリタリーにも着目

他にも注目した要素となるのが“1940年代”のミリタリーウェア。今季は1940年代のイギリス軍のデザートストームコートと、アメリカ軍のスノーパーカーをアーカイブから抽出し、新たなアイテムのベースに採用した。

いずれもロングな着丈が存在感を発揮する一方で、ハイクらしい都会的な素材使いが目を惹く。デザートストームコートは軽量のナイロン素材をネイビーやカーキで染め上げることで、アーバンライクなテックウェアを成立させている。

ビューティフルシューズ、チャコリとのコラボレーションも継続

また、ビューティフルシューズ(BEAUTIFUL SHOES)とチャコリ(CHACOLI)とのコラボレーションプロダクトはこれまでに引き続き展開。ビューティフルシューズとのコラボレーションでは、新作のミュールとベアフットサンダルの新色をラインナップ。

そしてチャコリとのコラボレーションでは、アウトドアギアから着想した新作のバックパック、バムバッグ、ネックポーチをレザー素材を用いて展開。さらに、アメリカ軍のバッグを基にしたショルダーバッグをナイロンの新素材で制作した。

元記事で読む