1. トップ
  2. 恋愛
  3. うまくいかなくなった恋愛……。解きほぐす鍵はあなたの心にある?

うまくいかなくなった恋愛……。解きほぐす鍵はあなたの心にある?

  • 2015.6.2
  • 1354 views

誰のせいでもなく恋愛がうまくいかなくなるとき、ありますよね。ついつい相手のせいにしてしまったり自分のせいにしてしまったりと、理由を探したくもなりますが、あなたの思いが強いほど解決が遠くなってしまうことも。

一度自分の気持ちを整理したり、見つめなおせばそのモヤモヤも解決できるかも?

強すぎる思いの原因

相手を好きすぎると、どうしても自分の気持ちを押しつけてしまいがちです。

恋愛がうまくいかなくなると、自分の思いはこれだけ大きい! ということばかりに気が向いてしまい、その思いが届かないことに苛立ちを感じてしまいます。しかし、自分に思いがあるのと同じように、相手にも思いというものが存在します。自分自身の思いが誰からも指図を受けられないように、相手の思いも誰からも指図を受けられません。そのため、あなたが相手の気持ちを動かそうとしても、その気持ちが届かないことがほとんどです。でもそうするとあなたの気持ちはモヤモヤしたまま……。

そんなときは、その気持ちの視点をちょっと変えてあげると解決に結びつくかもしれません。

相手が動かないなら、自分が動くしかない

相手の気持ちを動かそうとするほど、相手はもしかすると余計嫌悪感を抱くかもしれません。それは、あなたが相手を支配しようとしていると感じるため。冷静に、相手の立場になってみればその気持ちも分かるかもしれません。でもあなたの気持ちが大きいと、それが見えなくなってしまうことがほとんど。相手の気持ちが動かないということは、自分では動かせない重い石を動かそうとしているようなもの。自分の力量外のことをしようとしても、結局は失敗に終わって自分が傷つくだけです。そんなときは自分がその場所から動くしかありません。相手の気持ちが動かない場合、自分の気持ちを違う方向に動かすことが、モヤモヤを解消する最速の方法になるかも。

望みをほかに向けていく

愛情が深いほど相手に望みをかけてしまい、それがよりモヤモヤを増やす結果になります。そんなときは「相手は動かないもの」と気持ちを切り替えて、その望みを違う方向に向けてみるとよいかも。相手に愛を求めても返ってこない、ならば自分が愛を与える側に立つことが必要かもしれません。得るものより与えるものを多くすることで、あなたの心は満たされていくものです。恋愛していた相手だけでなく、友達や家族、あなたの周りには愛を与えることができる人はたくさんいます。愛の望みをほかの大事な人へ向けてみましょう。

伝えるべきことは感謝の気持ち

恋愛が上手くいかなくなったとき、だいたい相手に望みをかけすぎていることが原因になっています。こうしてほしい、ああしてほしいといった願望を相手に求めすぎ、相手が許容できなくなるとその望みが返ってこず、そこであなたはモヤモヤとしていませんか?

もっと一緒にいたい、メールを返してほしい、週末ぐらい会ってほしいといった求めが多すぎるケースは、相手の立場を無視した考えです。本当に相手に伝えるべきことは、感謝の気持ち。相手の良い所をいまいちど思い返し、ノートなどに書き留めてみましょう。そこで相手の良さが出てきたら、それを伝えてありがとうの気持ちを表してみると、相手の気持ちを無理に変えずにすむうえ、あなたの気持ちが伝わります。気持ちが伝われば、あなたの心のモヤモヤも晴れてくるかもしれませんよ。

オリジナルサイトで読む