1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 夏でも崩れ知らず!素肌を生かしたメイク術3つ

夏でも崩れ知らず!素肌を生かしたメイク術3つ

  • 2015.6.1
  • 1400 views

まだ梅雨入りもしていないにもかかわらず、真夏日になる日も少なくない今日この頃。崩れ知らずの素肌を生かしたメイクを成功させるには「下地の選び方」と「日中保湿」、「ポイントメイク直し」がポイントのようですよ。

■厚塗りメイクはNG! 素肌を生かした美素肌メイクを

暑くなってくると、メイク崩れが悩みの種。もちろんメイク直しも面倒ですが、厚塗りすることで反対に毛穴や肌悩みが際立ってしまうのは絶対に避けたいですよね。せっかくなら素肌を生かした「美素肌メイク」で過ごしたいところ。

■夏の美素肌メイクを攻略するポイント3つ

(1)SPFが含まれている下地で紫外線を徹底ガード

素肌を生かしたナチュラルメイクのポイントはやっぱり下地。しかしながらベースメイクを薄くするあまり日焼けしてしまったり、シミが出来ては意味がありません。SPFとPA値が満足いくものを選びましょう。

(2)日中保湿アイテムを使って、皮脂の分泌や乾燥を抑えよう

夏場は汗をかくので、肌の乾燥に気づかないことも多いと思いますが、空調調整のエアコンなどに晒され、肌は乾燥状態になりがち。肌の水分を保つためにも、また、必要以上に皮脂が分泌してしまうことを避けるためにも、メイクの上から使える化粧水や乳液などを活用するのがおすすめ。日焼け止めの働きがあるものならば、1日を通してコンスタントに保湿と紫外線対策をすることができます。

(3)部分的にメイクを落としてメイク直しするのもアリ

メイク直しを重ねれば重ねるほど、素肌感は遠のいてゆくばかり。メイク直しによる厚塗感が出てしまわないためにも、メイクの崩れが気になる部分のみメイクを落として、リペアするのが「美素肌メイク」への近道。綿棒やコットンに乳液やクレンジングを含ませてポーチに入れておくと便利ですよ。

メイクで美素肌を演出して、涼しげ美人を目指したいものですね。

(前田紀至子)

元記事を読む