1. トップ
  2. レシピ
  3. 【シンプル小鍋レシピ】寒い夜にぴったり。一人でも二人でもおいしい。

【シンプル小鍋レシピ】寒い夜にぴったり。一人でも二人でもおいしい。

  • 2020.12.27
  • 1556 views

寒い季節の料理と言えば鍋。鍋料理というと大人数でワイワイ囲むイメージがありますが、一人でも二人でも楽しめるものです。材料を切って煮るだけなので、疲れている日でもパパっと準備できるし、後片付けも簡単。具や味付けを変えれば、毎日鍋でも飽きません。今回はシンプルな材料で旨味たっぷりの「ねぎま鍋」「ツナチーズ鍋」「牛ごぼう鍋」「納豆キムチ鍋」の4つのレシピを紹介します。

shutterstock.com

少人数で食べるのに多種類の食材を扱うのはちょっと手間。今回は食のプロ集団「食のスタジオ」に、少ない食材数&シンプルな味付けでも満足できる小鍋レシピを教えてもらいました。

ねぎま鍋

ねぎま鍋

©︎SYOKUNO STUDIO

江戸っ子が好んで食べたといわれる、下町生まれの風情ある小鍋。まぐろは火が入り過ぎないように半生でいただくのが粋な食べ方なのだそう。

材料(2人分) 
  • まぐろ(剌身用)…300g 
  • 長ねぎ…2本 
  • 油揚げ…1枚 
  • みつ葉…適量
  • A(めんつゆ
  • [薬味]七味唐辛子…少々
作り方 

具を準備する

まぐろは1cm幅に切る。長ねぎは斜め切りにする。油揚げは熱湯をかけて油抜きをして、8等分に切る。

鍋を作る 

1:鍋にA、長ねぎ、油揚げを入れて火にかける。

2:煮立ったらまぐろを加え、さっと煮て、ざく切りにしたみつ葉を添える。 

3:好みで七味唐辛子をふっていただく。

ツナチーズ鍋

©︎SYOKUNO STUDIO

ゆで野菜をとろ〜りチーズでいただく、 チーズフォンデュのような、グラタンのような鍋。具材は豚肉やじゃがいもなど、好きなものに変えてOK。

材料(2人分)
  • ツナ(缶詰)…大1缶(140g) 
  • キャベツ…1/2個 
  • ピザ用チーズ…150g
  • A(顆粒鶏がらスープの素…小さじ1、水…700ml 、塩…適量 )
  • 粗挽き黒こしょう…少々
作り方 

具を準備する

ツナは缶汁をきっておく。キャベツはざく切りにする。

鍋を作る

1:鍋に具、Aを入れて火にかけ、キャベツがしんなりしてきたら、ピザ用チーズを加える。

2:チーズが溶けたら、粗挽き黒こしょうをふる。

牛ごぼう鍋 

©︎SYOKUNO STUDIO

相性抜群の牛肉とごぼうを使ったうまみたっぷり鍋で、ビールや日本酒とも相性バツグン。卵でとじているので、ごはんにのせて丼にしてもおいしいですよ。

材料(2人分) 
  • 牛肩ロース肉…300g 
  • ごぼう…1本 
  • わけぎ…40g 
  • 卵…2個 
  • A(だし汁…700ml 、しょうゆ、みりん…各大さじ5 )
  • [薬味]粉山椒…適量
作り方 

具を準備する

ごほうはささがきにし、水にさらしてアクを抜く。わけぎは斜め切りにする。 

鍋を作る

1:鍋にごぼう、牛肩ロース肉、Aを入れて火にかける。

2:牛肉の色が変わったらわけぎを加えて溶きほぐした卵を回し入れ、ふたをして火を止め、少し蒸らす。

3:卵が半熟状になったら、好みで粉山椒をふっていただく。

納豆キムチ鍋

©︎SYOKUNO STUDIO

キムチ×納豆のやみつきになる味。加熱すると納豆のにおいが強くなりますが、納豆好きなら問題なし。うどんも入って、この1品で大満足。

材料(2人分)
  • 納豆…2パック(100g) 
  • 白菜キムチ…150g 
  • ニラ…1束 
  • ゆでうどん…2玉 
  • サラダ油…小さじ2 
  • 鶏がらスープ…800ml
  • みそ…大さじ4 
  • 白炒りごま…少々 
作り方 

具を準備する

ニラはざく切りにする。 

鍋を作る

1:鍋にサラダ油を熱し、納豆、白菜キムチを入れて、中弱火で炒める。 

2:水分が飛んで納豆の粘りがなくなったら鶏がらスープを加え、沸騰したら、ゆでうどんを入れてほぐす。

3:みそを溶き入れ、ニラを加えてさっと火を通し、白炒りごまをふる。

レシピ開発だけでなく、コーディネートや撮影、編集、コピーまで手がける食のプロ集団。健康・美容・介護食・離乳食などの専門レシピまであらゆるカテゴリーに対応。監修や編集を手がけた書籍は約100冊にも及ぶ。

元記事で読む