1. トップ
  2. 新“若大将”岡本和真選手が最難関競技「ぶち抜キング」で奇跡の一打!伊沢拓司も大興奮 <炎の体育会TVSP>

新“若大将”岡本和真選手が最難関競技「ぶち抜キング」で奇跡の一打!伊沢拓司も大興奮 <炎の体育会TVSP>

  • 2020.12.26
  • 801 views

元木大介ヘッドコーチ率いるプロ野球・読売ジャイアンツの若手選手が、12月26日(土)放送の「炎の体育会TVSP」(夜7:00-9:00、TBS系)に緊急参戦。打って、投げて、しゃべって、大暴れする。

【写真を見る】「自信あります」と豪語する主砲・岡本和真が“奇跡の一打”を放つ

2020年セ・リーグ連覇を達成した読売ジャイアンツ。その原動力となった若手選手の中で、今シーズン9勝をマークした戸郷翔征投手、先発・中継ぎと縦横無尽に活躍した田口麗斗投手が、動く的を狙うゲーム「射的ピッチング」で衝撃のコントロールを披露する。

また、巨人の捕手としては阿部慎之助選手以来のベストナイン賞に輝いた大城卓三選手、“ダイナマイト・シンゴ”の愛称で慕われる代打の切り札・石川慎吾選手は、バッティング企画で驚異のパワーを見せる。

さらに、2020年に1軍に定着したバットコントロールの名手・松原聖弥選手は、2019年に福岡ソフトバンクホークス軍を苦しめた「ピンポン野球」で、度肝を抜く打撃を披露。

そして2020年は本塁打、打点の2冠王となった新“若大将”こと主砲・岡本和真選手も参戦し、10枚の連なったパネルを1球で打ち抜けるかという最難関競技「ぶち抜キング」で、奇跡の一打を放つ。

ほか、今季プロ初完投・初完封をして日本シリーズにも先発した150kmの右腕・畠世周投手は、アニメファンという意外な一面を明かす。

「いい結果を残して来年につなげたい」という元木ヘッドコーチの言葉通り、各選手が驚きのパフォーマンスを連発。

大の巨人ファンであるゲスト・伊沢拓司も熱狂する名場面が次々と繰り広げられる。

元記事で読む