1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【医師監修】フェイスラインのニキビが気になる方必見!冬の大人ニキビの対処法

【医師監修】フェイスラインのニキビが気になる方必見!冬の大人ニキビの対処法

  • 2020.12.26
  • 1440 views

マスクの着用が当たり前になって、ニキビが気になるようになった方が増えているようです。

そんな中、寒さと乾燥が厳しい冬が到来し、感染症予防対策はもちろんですが、肌のケアも気になる季節がやってきました。

冬は乾燥によって、大人にこそニキビが増えやすいんだそう。

特にフェイスラインにかけてニキビが気になる人は大人ニキビの典型的なパターンかもしれません。

そこで今回は、冬のニキビの特徴、思春期のニキビとは異なる大人ニキビの対処法を、ニキビケアのパイオニア・相澤医師に教えてもらいました!

冬のニキビは大人にできやすい!?特にフェイスラインのニキビ増加に要注意

冬のニキビは大人ニキビの典型的なパターンである「フェイスラインのニキビ」が増加・悪化するのが大きな特徴です。

大人ニキビは思春期のニキビとは違い、ホルモンバランスの乱れによる肌の乾燥が根本原因。

冬は寒さにより汗をかかなくなるので、フェイスラインの皮膚の水分量が減ってしまうのです。

保湿はスキンケアの基本中の基本ですが、冬は特にその重要性が増すと言えるでしょう。

今年はテレワークでご自宅で仕事をされている方も多いかと思いますので、お部屋の空気が乾燥しないよう気を配ってみてください。

大人ニキビって?

思春期にできるイメージが強いニキビですが、大人でも悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

一見似たような症状に見えて、メカニズムが違うのでケアの方法もまた異なってくるのです。

大人ニキビの特徴(大学生〜)

■フェイスラインに多くできる。
■治りにくく、同じ場所に繰り返しできてしまいやすい。

「吹き出物」とも呼ばれる大人になってからできるニキビ。

不規則な生活やストレスによって男性ホルモンが過剰に分泌され、細胞の調整役である女性ホルモンが足りなくなることが原因で す。

女性ホルモンが足りなくなると、肌の保水力が下がり、乾燥・ニキビを引き起こしてしまいます。

思春期ニキビの特徴(〜高校生)

■Tゾーンに多くできる。
■成長につれて自然とおさまる。

10代前半から後半にかけて成長ホルモンと性ホルモンが盛んに分泌される時期にできるにニキビ。

「思春期ニキビ」や「子どもニキビ」と呼ばれます。

大人のカラダ形成のステップとしてできるものなので、一定時期を過ぎると自然に治っていきます。

冬の肌は寒さとストレスのダブルパンチを受けている!?

冬は寒くなり乾燥するため、皮脂分泌量が低下してしまいます。

肌の乾燥が大人ニキビの大敵のため、冬の寒さとニキビは関係があると言えるでしょう。

夏は暑く、冬は寒かった厳しい環境により皮膚が鍛えられていた昔の人に比べ、現代人は空調機器の発達により現代人は発汗能力が低下していることが推察されます。

代謝が悪くなることも肌にとっては良くないこと。

ストレスによる皮膚水分量低下、さらに冬の自然環境による皮膚水分量低下と冬の肌はダブルパンチでダメージを受けている状態なのです。

いつも以上に肌が乾燥しないよう保湿ケアに気を配りましょう。

冬のニキビケアは保湿にとことんこだわって!

冬ニキビで特に悪化するのは乾燥による大人ニキビです。

毎日のスキンケアを保湿効果の高いものに変えるなど、乾燥対策がマストです。

冬にオススメしたいのは保湿効果があるスキンケアアイテム。

冬の季節の心強い味方になってくれるでしょう。

有効成分「ニコチン酸アミド」は相澤医師の研究で肌の水分量を上げる働きも認められています。

また、洗顔の際には必要な皮脂をとりすぎてしまわないことが大切!

ニキビケアというと皮脂を除去することに目が行きがちですが、皮脂をとりすぎてしまうと肌の乾燥を招くので注意が必要です。

アミノ酸系の洗浄成分を採用し、必要な皮脂をとりすぎない洗顔料がオススメです。

相澤医師監修!冬の大人ニキビ対策アイテム3つ

保湿ケアを徹底して乾燥対策をすることが、冬の大人ニキビの何よりの対策法ということが分かりました。

「今使用しているものが果たして冬の大人ニキビに合うのか分からない…。」という方は、相澤医師が監修する冬の大人ニキビ対策アイテムをチェックしてみて!

悩んでいる方は是非取り入れてみてくださいね。

1.アミノ酸系洗浄成分で必要な皮脂を守るふわモコ泡洗顔

アクネスラボ『薬用ウォッシングフォーム』
■150mL/1,380円(税抜)

ふわモコの泡が毛穴に詰まった皮脂や汚れをやしく包み込む洗顔料。

アミノ酸系洗浄成分なので、低刺激で必要な皮脂をとりすぎることもありません。

洗顔後のイヤなつっぱり感もなく、うるおいのあるクリアな肌に。

2.保湿効果でバリア機能を向上させる化粧水

アクネスラボ『薬用ローション』
■150mL/1,480円(税抜)

ヨクイニンエキスやアロエエキスなどで肌の保湿効果を高め、バリア機能を強化します。

みずみずしいテクスチャーで、こわばった角質もふっくら!

後に使うものの浸透を高めるブースター効果もあります。

3.乾燥のスパイラルを断ち切る!べたつかない高保湿ジェルクリーム

アクネスラボ『薬用保湿ジェルクリーム』
■60g/1,480円(税抜)

コメ発酵液やヨクイニンなど、イライラ性敏感肌を防ぐ成分をふんだんに配合したクリーム。

ジェルタイプなので、重たすぎず、べたつきもありません。

スムーズに肌に伸び広がりながらも、後肌はもちもち、しっとり感が持続します。

ニキビができてしまったときには薬用成分で素早くケアを!

対策をしていても、ニキビができてしまうこともありますよね。

そんな時には焦らずに、薬用成分で素早くケアしましょう!

オススメは、アクネスラボ『薬用スポッツクリーム 専用パッチ付き』です。

こちらは、できてしまったニキビを速攻ケアする薬用スポッツで、毛穴に詰まった皮脂を排出しながら有効成分が炎症を沈めます。

密着効果を高めるパッチ付なので、ピンポイントにニキビを狙い撃ち!

パッチのおかげて寝ている間にクリームが枕についてしまうこともなくケアでき、パッチをつけたその上からメイクすることもできる大人ニキビ対処法の強い味方です。

ニキビができてしまった部分にしかクリームをつけないため消費量もそこまで多くないものなので、7gでも充分の容量ですし、パッチもついて価格も1,380円(税抜)とお手頃なので、ひとつ持っておくといざという時に安心。

また、パッチだけの別売りもあるのも◎!

大人ニキビ研究のパイオニア 相澤皮フ科クリニック 相澤医師プロフィール

東京医科歯科大の産婦人科医をしていたころに、妊娠後期になると妊婦の肌が美しくなる事例を数多く経験。

その因果関係を研究した結果、女性ホルモンの分泌増加が、皮膚に何らかの影響を与えることを突き止める。

「皮膚とホルモン」のさらなる探求のため皮膚家へ転科した後、ホルモンバランスの乱れがニキビの根本原因だと突き止め、思春期ニキビとは違う新たな病気として「大人ニキビ」を提唱。

産婦人科と皮膚科の両方の知識と経験を活かし、大人ニキビで悩む患者40万人以上の治療実績を誇る。

元記事で読む