1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 衝撃のドキュメンタリー映画『ルック・オブ・サイレンス』公開 - 「アクト・オブ・キリング」の続編

衝撃のドキュメンタリー映画『ルック・オブ・サイレンス』公開 - 「アクト・オブ・キリング」の続編

  • 2015.6.1
  • 577 views

インドネシアにおける虐殺を、加害者にもう一度“演じさせる”という手法で世界に衝撃を与えたドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』の続編映画『ルック・オブ・サイレンス』が2015年7月4日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開される。

60年代インドネシアで密かに行われた100万人規模の大虐殺の加害者たちを描いた前作の続編となる今回は、同じく1965年の軍事クーデター(9・30事件)をきっかけにおこった100万人規模の大虐殺で、兄を殺害されたアディを中心に描かれる。加害者たちが虐殺行為を誇らしげに語る映像を見て、自ら「兄を殺した加害者たちに直接会って、責任を問いたい」と監督に提案。恐怖の中で50年も強いられてきた沈黙を破ろうとするアディがそこで見たものは。

前作に引き続いて監督が問う、私たちの悪の正体。世界の映画祭を席巻し、前作を上回るペースで現在30冠獲得している今作。責任なき悪のメカニズムに迫る映画は、過去の出来事ではなく、今の問題として考えたい。

【作品情報】
『ルック・オブ・サイレンス』
公開日:2015年7月4日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
製作総指揮:エロール・モリス『フォッグ・オブ・ウォー』 / ヴェルナー・ヘルツォーク『フィツカラルド』 / アンドレ・シンガー
製作・監督:ジョシュア・オッペンハイマー 共同監督: 匿名 撮影:ラース・スクリー
2014年/デンマーク・インドネシア・ノルウェー・フィンランド・イギリス合作/インドネシア語/103分
配給・トランスフォーマー

第71回ヴェネツィア国際映画祭5部門受賞
審査員大賞・国際映画批評家連盟賞・ゴールデンマウス賞・
ヨーロッパ映画批評家協会最優秀ヨーロッパ地中海映画賞・人権映画ネットワーク賞
© Final Cut for Real Aps, Anonymous, Piraya Film AS, and Making Movies Oy 2014

元記事を読む