1. トップ
  2. ファッション
  3. シンガポール発のファッションブランドが、あの有名写真家とコラボ。社会問題を切り取ったTシャツを身に纏う

シンガポール発のファッションブランドが、あの有名写真家とコラボ。社会問題を切り取ったTシャツを身に纏う

  • 2020.12.26
  • 544 views

シンガポール発・新進気鋭のブランド「THE SALVAGES」(ザ・サルべージズ)が、今は亡きアメリカの女性写真家・メアリー・エレン・マークの作品をプリントしたフォトTシャツを全世界各国50枚限定で発売する。Tシャツのデザインは全4種類。日本では「TOKION」オフィシャルECと「TOKiON the STORE」で販売が決定。誰かの幸せも苦しみも、長年にわたりカメラというツールで人々の人生を写真で切り取り、発信し続けてきたメアリーの写真を身に纏った時、自分の中にも、今までと違う”何か”が芽生えるかもしれない。

ファッションでカルチャーを訴える

「THE SALVAGES」はシンガポール発のファッションブランドで、音楽とファッションを融合させたアイテムを幅広く展開している。日本では過去に1980~1990年代のパンクやニューウェーブ、オルタナティブロックをモチーフにしたコレクションを展開し、それ以降、多く支持を集めている。

社会問題を切り取った写真をプリント

そして、このたび女性写真家であるメアリー・エレン・マークとのコラボが実現。メアリーは50年以上にわたり世界中をまわって、売春婦やホームレス、麻薬中毒者といった社会問題に目を向けた知る人ぞ知る写真家で、展示会や写真集を通じて自身の想いを発信してきた。亡くなった現在でも、彼女が30年間撮りためた写真の展覧会『Tiny: Revisited』がニューヨークで開催されたり、世界各国のギャラリーで作品が展示されたりと、話題に事欠かない。今回のコレクションでは、撮影当時の社会問題を切り取ったものから、犬を主役にした愛くるしいものまで、厳選された計4種類がラインナップされている。

街中でブームボックスを持つ2人の男の子を写した1枚。BOOMBOXES T-SHIRT(完売)Harumari Inc.
1973年にニューヨークで行われた、「プライド・パレード」と呼ばれる同性愛者によるパレードの写真。GAY PRIDE PARADE 1973 T-SHIRT。9,000円(税込)。Harumari Inc.
某キャラクターの仮装をした犬の表情がなんとも愛くるしい。犬をこよなく愛する人へのおすすめ1枚。RUBY TUESDAY T-SHIRT。9,000円(税込)Harumari Inc.
13歳の少女・Tinyを写した、メアリーを代表する1枚。TINY T-SHIRT。9,000円(税込)Harumari Inc.

特に、メアリーが撮り続けた一人の小さな売春婦・Tiny(タイニー)の写真は彼女の代表作。
30年に渡りタイニーを撮り続け、また映画監督の夫とともに映像作品まで残したメアリー。社会の裏側で働く少女のリアルを追ったこのシリーズは、タイニーと同じような苦悩を感じる大勢の若者がいまだにいる今日の現代社会において、大きな意味を持っている。今回Tシャツには13歳だった頃のタイニーの写真が採用されている。

メアリー・エレン・マーク財団が写真を提供したオフィシャルフォトTシャツは今回が初。すでに完売している商品もあるので、気になるものがあれば早めにチェックするのがよいだろう。

元記事で読む
の記事をもっとみる