1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ナチュラルに生きる♪自分だけの空間を満喫する一人暮らしインテリア

ナチュラルに生きる♪自分だけの空間を満喫する一人暮らしインテリア

  • 2020.12.26
  • 3778 views

一人暮らしインテリアの楽しみ方とは

自分だけの空間である一人暮らしのお部屋は、全てが自分のおもうまま。雑貨や家具を含めた全てのコーディネートが、自分の思い通りに設定できます。

今回は、そんな一人暮らしインテリアの素敵なコーディネート例をいくつかピックアップ。楽しみ方のヒントや、お部屋を作るポイントなどを交えてご紹介していきます。

一人暮らしインテリアの素敵なコーディネート実例10選!

お気に入りのアイテムでコーヒータイム

自分だけの空間を極めることのできる一人暮らしは、雑貨類も全て自分の思い通りにカスタマイズすることができます。

毎日使うアイテムは、お気に入りのデザインをチョイスし、大好きなものに囲まれた空間を楽しみましょう。

こちらの実例は、おしゃれなコーヒータイム。ホッと一息つける瞬間は、心と体の栄養になりますね。

お気に入り達は魅せる収納で楽しむ

お気に入りの雑貨達は、おしゃれな家具にディスプレイして魅せる収納を楽しむのがおすすめです。

お気に入りのアイテムだからこそ、目に入りやすい特等席にセッティング。

こだわりのおしゃれ雑貨はインテリアとしても十分活用できるので、さりげなく置いてあるだけでもOK。

こちらの実例ショットのような、おしゃれな棚に仕上がりますよ。

調味料収納もこだわりを持って

キッチンの調味料収納は、使い勝手が良いものに限ります。

持ち手がついて扱いやすいものや片手で開封できるものなど、様々な便利アイテムが沢山ある中、こちらの実例では蓋つき瓶タイプのものをチョイス。

同じデザインでずらりと並べると、まるでカフェのようなおしゃれな雰囲気になりますよ。

手作りの家具でオリジナルを貫く

自分だけのこだわりが詰まった空間には、手作りのアイテムも。こちらの実例は、ちょっとした飾り棚を手作りしたものです。

ナチュラル素材を使うことでお部屋に馴染みやすく、またデザインにオリジナリティを出すことで、お部屋のちょっとしたポイントになります。

なんだかインテリアがパッとしないそんな時は、棚に置くアイテムのチョイスに工夫しましょう。

植物や小物で爽やかな空間に

お気に入りの小物類に囲まれたお部屋の一角には、可愛らしいサボテンがひょっこり。

お部屋にちょっとしたグリーンを取り入れることで、一気に爽やかな空間に仕上がりますよ。

こちらの実例では、瓶類や時計などの小物はデザインのテイストが同じになるように配慮されています。

壁面収納は周りのインテリアに合わせて

こだわりの一人暮らしのキッチンには、お部屋のインテリアに合わせた壁面収納がスタンバイ。

白を基調としたインテリアに白を合わせ、まとまりのある壁面収納に仕上げています。

賃貸でも活用できる突っ張り棚は、様々なシーンで大活躍してくれるアイテムです。

シンプルな寝床でリラックス

一日の疲れを取る就寝スペースは、何よりもリラックスできる空間であって欲しいものです。

こだわりを持つなら、快適で心地よい素材や、リラックスできるインテリアでまとめることに重点を置くと良いでしょう。

必要なアイテムを手元に置ける棚などがあると実用的です。

キッチン収納は実用的にカスタマイズ

ものが多くなりがちなキッチン周りは、収納スペースをいかにうまく使うかがカギ。

デットスペースのないように、空いている空間は有効利用するように心がけましょう。

こちらの実例では、壁面収納やシンク下の棚など、空きスペースを余すことなく上手に活用。デザインも統一感がるので、スッキリと整って見えます。

個性を表現する場所

自分だけの生活空間は、自分自身を表現する大切な場所でもあります。

好きなものを追求したり、大好きなものを集めてディスプレイしたりと、一人暮らしのインテリアは自分を表現する一つの手段と言っても過言ではありません。

個性を前面に出して表現できる自由を楽しんでみて下さいね。

自分を追求する空間

自分の個性を表現する場所であると同時に、自分の好きを追求できる場所でもあります。

部屋に役割を決めてあげると、自然とインテリアも役割に添ったものになっていきます。

こちらの実例はアート作品に関わる空間。ナチュラルでシンプルですが、個性も感じられる素敵なインテリアですね。

一人暮らしインテリアを自由に楽しもう!

おしゃれで素敵な一人暮らしインテリアの実例をご紹介しました。どのお部屋もナチュラルな中に個性があり、日々の充実した生活が垣間見えるような素敵空間ばかりでしたね。

自分が快適でいて住んでいて楽しくなるような、そんな空間を目指してカスタマイズしていきましょう。個性ややりたいことを掲げていくと、自然とお部屋の雰囲気も定まっていきますよ。

元記事で読む