1. トップ
  2. レシピ
  3. 初心者でも大丈夫!料理を華やかにする225種類の“飾り切り”テクニック

初心者でも大丈夫!料理を華やかにする225種類の“飾り切り”テクニック

  • 2020.12.25
  • 1921 views

外食できない…そんなとき、おうちイベントを盛り上げるかわいすぎる“飾り切り”に挑戦してみよう!

主婦の友社から、ほりえさちこさん著の「大人かわいい飾り切り」1500円(税別)が12月23日(水)より発売中だ。

かわいすぎる今どき飾り切り

“飾り切り”と聞くと、日本料理に使われる伝統的なものを思い浮かべる人も少なくないはず。そういった“特別な機会にしか使わない”“古めかしい”“堅苦しい”といった印象を一新する、日常づかいのかわいい飾り切りを掲載したのが、今回発売の「大人かわいい飾り切り」だ。

同書では、イベントや季節のモチーフをはじめ、花や葉っぱ、星、ハート、リボン、動物など、225種類の可愛い飾り切りがぎっしりと紹介されている。

イベントやおもてなしメニューを盛り上げる

例えば伝統モチーフといまどき飾り切りをミックスして、キュートなおせちに!

もうすぐ来るクリスマスは、オードブル型とリース型両方のアイデアを掲載。

春には手毬寿司でお花見、

母の日にはカーネーションやお花いっぱいプレートで感謝を表現。

ハロウィンには子どもウケ抜群の楽しいモチーフ、

誕生日は料理もケーキもお祝いの気持ちを込めた飾り切り、

フルーツの飾り切りは、おもてなしムードいっぱいで、ホームパーティーにも活躍しそう。

ちょこっと添えるだけで料理がすてきに!

さらに、イベントメニューだけでなく、いつものおかずもかわいくなるのが飾り切りマジック。

見るだけでウキウキする煮物や、

お花いっぱいの野菜ピクルスのほか、

ちょこっと飾り切りが入るだけで、お弁当も手をかけた仕上がりに。

お酒をデコれば、家飲みもさらに楽しくなりそうだ。

初心者でも安心してはじめられる

なお、掲載された飾り切りは、オールカラーのイラストで手順をわかりやすく解説。

誰でもスルスル作ることができるため、初心者もぶきっちょな人も安心だ。

同じモチーフでも食材やサイズを変えればちがうイメージにもなり、どんどん追究したくなる飾り切り。作って楽しい、見てかわいい、食べておいしい飾り切りで、毎日の食卓を彩ってみては。

元記事で読む