1. トップ
  2. レシピ
  3. まさにダイエットの救世主…“セットで310kcal”というマクドナルドの新商品「ベジタブルチキンバーガー」を食べてみた

まさにダイエットの救世主…“セットで310kcal”というマクドナルドの新商品「ベジタブルチキンバーガー」を食べてみた

  • 2015.6.1
  • 2648 views

マクドナルドといえば、ファストフード店のなかでも比較的がっつり食べたいときに行くところだというイメージがあると思うのですが、なんでも、女性にうれしいヘルシーメニューが登場したのだそう。

「そうは言っても、ハンバーガーでしょ……?」と半信半疑でマクドナルドへ。

これがその新商品、「ベジタブルチキンバーガー」。ハンバーガーなのにたったの293kcalと、罪悪感なしで食べられちゃうヘルシーさ!

同じく新登場した「サイドサラダ」もすごい。「低カロリー玉ねぎ」ノンオイルドレッシングをかけて食べてもわずか16kcal……。

「サイドサラダ(ノンオイルドレッシング:低カロリー玉ねぎ)」+ドリンクM(爽健美茶)のセットを選択の場合……なんと、合計カロリーがたったの310kcal。超ヘルシー!

サイドメニューやドリンクを変えた場合はもちろんカロリーが上がりますので、ご注意を。

ちなみに、ただカロリーが低いだけでなく、いろいろな野菜が摂れるのも特徴! チキンパティにはコーン、にんじん、えだまめが練り込まれ、彩りもきれいでカラフル。パティは油で揚げず、グリルすることでカロリーカットしているそうです。

実際に食べてみると、パティに練り込まれたコーンの甘みが口に広がります。パティ自体の味は、チキンマックナゲットに近いかと。

濃いオレンジ色のソースは、トマト、パプリカ、玉ねぎなどの野菜を使用し、レモンで仕上げた特製のベジタブルソース。野菜たっぷりのソースは、素材の味がしっかりと生きていて、夏にうれしいフレッシュな甘酸っぱさ。シャキッと食感のトマトやレタス、チキンパティ、バンズとどれもやさしい味ですが、このソースのおかげでほどよくパンチが効いています。

カロリーを気にする人だけでなく、「油っこいのが苦手……」という人にもおすすめ。ハンバーガーなのにさっぱりしている新感覚。これは、かなりアリです。

また、「サイドサラダ」は多すぎず少なすぎずといったちょうどいい量。「低カロリー玉ねぎ」ノンオイルドレッシングはどろっと具材感たっぷりで、玉ねぎの甘みと旨み、そしてかつおだしの風味がよく効いています。ちなみに油だけでなく、砂糖も不使用。

そしてさらに衝撃なのがセットメニューの新価格! 新サイドメニューの「サイドサラダ」とドリンクのMサイズをつけて、なんと450円(「昼マック」14時まで)なのです!

ただ単に310kcalの食事をするだけならほかにも手はあると思いますが、これだけ野菜を摂ることができて、この価格で、このカロリーとなると、難しいと思います。どれをとってもバランスのいいセットなのでは。

マクドナルドは5月25日を「マックスマイルの日」として新たな一歩を踏み出したそうで、おなじみの“スマイル0円”が復活

バリューセットが新しくなり、メイン+サイドメニュー+ドリンクの組み合わせをこれまでよりも自由に選べるようになりました! しかも追加料金はゼロ(※1)。なんと、その組み合わせは1,000通り以上……。

サイドメニューは上写真のとおり、「マックフライポテト」「チキンマックナゲット」「サイドサラダ(ドレッシング:焙煎ごまドレッシング/低カロリー玉ねぎ)」「スイートコーン」から選択することができます。

野菜を取り入れやすくなった新生マクドナルドで、ぜひヘルシーランチをお試しください!(鈴木 梢)

http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/vegetableburger/index.html

ベジタブルチキンバーガー/ベジタブルチキンマフィン

※1 サイドメニューやドリンクのサイズを変更する場合は金額が変わります。詳細は各店舗でご確認ください。

 

オリジナルサイトで読む