1. トップ
  2. キス寸前…!最終回で描かれる“3つの恋”新たなシーン写真公開<#リモラブ>

キス寸前…!最終回で描かれる“3つの恋”新たなシーン写真公開<#リモラブ>

  • 2020.12.23
  • 773 views

12月23日に最終話が放送される波瑠主演ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)。最終回を目前に新たなシーン写真が公開された。

【写真を見る】美々と青林がソファに座りキス寸前…!<#リモラブ>

同作は、波瑠演じる恋愛を長い間“さぼっていた”産業医・大桜美々と松下洸平演じる誠実な人事部員・青林風一の前途多難な恋を描く。

“3つの恋”の行く末は?

今回公開された新たなシーン写真には、すれ違ってしまっていた“3つの恋”が写されている。

すれ違ってしまった美々と青林はお互い分かり合いたいと思うほど、なかなか分かり合えずにことごとくズレていく。青林は、SNSを通して美々の恋愛相談にのる五文字(間宮祥太朗)に嫉妬してしまう。

プロポーズをするも断られてしまった八木原(高橋優斗)は結婚について話し合う決意を固めるが、栞(福地桃子)はどう答えるのか。

そして、朝鳴(及川光博)は富近(江口のりこ)に「もう会わない方がいいな」と別れを告げる。しかし、富近は、「難しいけど、それでも惹かれたんだよ、私はあなたに」と告げる。

クリスマス直前に衝撃の展開を迎えた「#リモラブ」。彼らは幸せなクリスマスを迎えることができるのか。

※高橋優斗の「高」は正しくは「はしごだか」

最終回あらすじ

すれ違ってしまった美々と青林。そんな中、美々のリストラ話が浮上し、岬(渡辺大)を中心に反対の署名活動が行われる。

一方富近は、朝鳴の息子が「新しいお母さんはいらない」と言っているのを知らされた上、別れを告げられる。

八木原は栞と改めて結婚について話し合う決意をする。

お互い分かり合いたいと思う美々と青林。

しかしそう思えば思うほど、なかなか分かり合えずにことごとくズレていく。

そうこうしている内にクリスマスがやってくる。

2人はクリスマスまでの間、口では言いにくい時に、3回までSNSで会話してもいいと決めたルールに従い、「草モチ」と「檸檬」に戻ってお互いへの思いを語り始める。

元記事で読む