1. トップ
  2. スキンケア
  3. ニキビ、毛穴、肌の凹凸… マスク肌あれに悩むなら「ビタミンCコスメ」一択!【美容エディターの結論】

ニキビ、毛穴、肌の凹凸… マスク肌あれに悩むなら「ビタミンCコスメ」一択!【美容エディターの結論】

  • 2020.12.22
  • 3345 views

マスクの肌荒れにも、冬の免疫力アップにも。外から中から“効く”を実感できる「ビタミンC」アイテム3つ

長年美容記事の担当をしていると、よく聞かれるのが「で、結局コスメって何がいいんですか?」ということ。「それぞれの肌に合ったものがいちばん」というのが正論ではあるのですが、そんな中でも私が多くの人に強くおすすめしたいと思うのが「ビタミンC美容液」なのです。

肌が強く、悩みは毛穴目立ちくらい… だった私ですが。新型コロナ禍における毎日のマスク生活で、肌は見事にダメージ。マスクの下は大きな赤ニキビがどーん…(泣)。美容担当たるものこれではいけないと、持てる知識を総動員して、ニキビ撲滅に取り組みました。

そして、さまざまなアプローチを試した結果、いちばん効果を実感したのが「ビタミンC美容液」。

特に、「オバジCセラム」シリーズは、塗った翌朝、ニキビの腫れがすーっと引いていて感動! ついでに目立っていた頬の毛穴もなめらかに。肌はほんのり艶めいて透明感までアップ。どんよりくすんでいた肌が一晩で劇的に良くなっていたのです!

◆「ビタミンC」濃度別に選べる「オバジ」シリーズがすごい!

▲左から/ロート製薬 オバジC5セラム 12ml ¥3,000、同 オバジC10セラム 12ml ¥4,000、同 オバジC20セラム 15ml ¥8,000、同 オバジC25セラム 12ml ¥10,000

ビタミンCの濃度が5%から最高濃度の25%までラインナップされているので、肌状態や好みに合わせて選べるのもうれしいですね。私は、普段は「オバジC20 セラム」を夜寝る前の化粧水の後に。特にニキビが気になるときは、患部に「オバジC25セラム」をちょんちょんとつけます。

使用感は、塗った直後は少しピリッとする感じ。でも、すぐに治まるので気にせずに乳液などを重ねます。私の尊敬する美容エディターの先輩によると「少しピリッとするくらいが、“効いてる”証拠!」とのこと。その話を聞いて以来、後々肌にダメージを感じなければ、少しの刺激は良しとしています。

肌が敏感な人は、いちばん濃度が低く穏やかな使用感の「オバジC5セラム」から試してみるのもよいかもしれませんね。

2020年に発売から20周年を迎えた「オバジ」シリーズは、2021年3月10日にフルリニューアルで新発売予定です。

◆毛穴に効いた「ドクターシーラボ」

年がら年中、毛穴目立ちに悩んでいる私。それでも、少し良くなってきたかなと最近感じるのは「ドクターシーラボ」のVC100ミルクピールプログラム1のおかげ。トップ画像の真ん中の、オレンジのボトルが目印です。

こちらは、洗顔後すぐに使うミルクタイプの美容液。角質ケア成分AHAが配合されているので、マスク生活でごわごわする肌もなめらかにしてくれます。即効性というよりは、使い続けて効果を実感できるコスメ。30mlで¥3,344という価格もうれしい。

◆美容業界はみ~んな飲んでる!?「リポC」で負けない体

最後にご紹介するのは、体の中から「ビタミンC」を取り入れるサプリメント。

▲リポカプセルビタミンC ¥7,200 1箱・30包入(液状タイプ)

実は口から摂取しても体内に吸収されにくい「ビタミンC」。せっかく摂った栄養素も、大半は尿と一緒に流れ出てしまうんだそうです。そこで、登場したのが“リポソーム化”された「ビタミンC」。吸収効率を最大限高めた液状サプリメントです。ビタミンC 1,000mgが1包で簡単に摂れちゃいます。

数年前から、美容業界では“リポC信者”が増加中。私の周りも、全員飲んでるといっても過言ではありません。毎朝、起きたらすぐに1包(空腹時が特にいいみたい)。「ちょっと疲れたな~」「風邪ひきそうかも…」「今日は仕事がんばりどき」というときは、贅沢に2包。

肌はもちろん、体を元気に保つことは何よりの美容の秘訣ですよね。寒さを増す冬のお守り的存在に、ぜひ備えてみてください。ちなみに… 味は… 激マズです(笑)。でも、慣れます(笑)。

◆投資するなら「ビタミンC」コスメ! 肌も体も健やかに!

というわけで、おすすめを3つ紹介しました。自分に合ったものを見つけて、過酷な冬もキレイに元気に乗り切りたいですね!

※掲載した商品の価格はすべて、税抜き価格です。

元記事で読む