1. トップ
  2. 恋愛
  3. 有村架純「本当に幸せな最終回」、林遣都「非常に思い出深い作品」 『姉恋』への思いを語る

有村架純「本当に幸せな最終回」、林遣都「非常に思い出深い作品」 『姉恋』への思いを語る

  • 2020.12.22
  • 1184 views
『姉ちゃんの恋人』(c)カンテレ

12月22日に最終回を迎えるドラマ『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジテレビ系)に出演する有村架純と林遣都からコメントが到着した。

本作は、有村が主演を務めたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の脚本を担当した岡田惠和が手掛けるオリジナルドラマで、ハロウィーンからクリスマスにかけて、女手ひとつで弟3人を養う主人公・“肝っ玉姉ちゃん”安達桃子(有村架純)と恋の相手・吉岡真人(林遣都)をはじめとした個性豊かな登場人物たちの恋と家族愛を描いたラブ&ホームコメディー。

最終話では、過去を乗り越え、桃子を懸命に守り抜いた真人と共に、2人は笑顔で安達家の門をくぐる。和輝(高橋海人)、優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)、みゆき(奈緒)から温かく迎えられ、クリスマスの飾りに彩られた部屋で、家族のぬくもりと幸せな空気に包まれた真人は胸を熱くする。世帯主として桃子による乾杯のあいさつで始まったパーティーでは、安達家の恒例行事として、全員が一人ずつ「あること」を発表することに。一方、悟志(藤木直人)の秘密を偶然知ってしまった日南子(小池栄子)は、大きなショックを受けていた。そんななか、ホームセンターではクリスマスイヴの閉店後、社員や家族、友人たちを招き、簡単なクリスマスパーティーを開くことが従業員たちに知らされる。

ハロウィーンの時期に出会い、互いに抱えた辛い過去や本音を分かち合って恋人となった桃子と真人の恋模様も、いよいよクライマックス。クリスマスを迎えた登場人物たちに巻き起こる幸せの連鎖、そして、その先の未来へと希望を抱く展開が目白押しとなっている。

両親を失い、弟たちを養いながら懸命に生きる“肝っ玉姉ちゃん”を演じた有村と、過去に恋人を守るために起こした傷害事件で服役し、幸せになることを諦めた生き方をしてきた真人を演じた林。約3カ月に渡る撮影を終え、2人がそれぞれ演じた役についての思いや、最終話の見どころについてコメントを寄せた。

【有村架純(安達桃子役)コメント】
■桃子を演じた3カ月を振り返って
桃子というキャラクターが内に秘めている正義感、責任感、情熱、愛情といったいろんなパワーに励まされました。たくさん悩みもしましたが、その時間が自分自身を成長させるだろうと考えて、絶対に向き合うことはやめないと思いながら、ただひたすらに3カ月取り組ませていただきました。

■最終話の見どころ
最終話は日常の中にある幸せをたくさんかき集めたストーリーで、“姉恋”らしい終わり方だと思います。本当に幸せな最終話になったかなと思いますし、みんなよく笑っています!(笑)それに尽きると思います。ぜひ、ご覧ください。

【林遣都(吉岡真人役)コメント】
■真人を演じた3カ月を振り返って
20代最後の役であり、撮影中に誕生日を迎えたので30代最初の役にもなって、非常に思い出深い作品となりました。苦しい思いをしている人がたくさんいらっしゃる中で、周りの人を大切にする思いを持って生きていれば、きっと何か光が見えてくるのではないかという岡田(惠和)さんのメッセージを受けとっていましたので、真人を通じて一人でも多くの人の力になれたらうれしいです。

■最終話の見どころ
全キャスト・スタッフがそれぞれの役割を全うして、とても強い思いを込めて作り上げた作品です。それぞれのキャラクターが回を重ねるごとにいろんなことを乗り越えて、最終回は“心の距離が縮まった姿”“心からの笑顔”を届けられるようにという思いで撮影に臨みました。きっと心に響く作品として締めくくっていると信じていますので、最後まで見届けていただけたらうれしいです。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む