1. トップ
  2. ファッション
  3. この夏大注目は「白T×デニム」そして夏メイク!森絵梨佳、垣内彩未など美的モデルズがたっぷり着こなし

この夏大注目は「白T×デニム」そして夏メイク!森絵梨佳、垣内彩未など美的モデルズがたっぷり着こなし

  • 2015.5.31
  • 17534 views

この夏の再注目スタイルは、白Tシャツとデニムという究極の定番アイテム。一歩間違えると、ただの地味になりがちなシンプルコーデを、いまっぽくこなれ感たっぷりに着こなすカギは、ヘア&メイクにありました!

『美的』7月号では、そんな白Tシャツ×デニム×夏メイクを美的モデルズがご紹介。オレンジ、ブルー、レッドなどの夏らしいカラーを、どう取り入れるとコーデとのバランスが◎になるのか、実際に見ていきましょう。

 

【森絵梨佳】メンズT×タイトスカート

中で身体が泳ぐようなぶかっと大きめのメンズTシャツと、身体のラインを強調するデニムタイトスカート。サイズ感のメリハリで魅せる究極のシンプルスタイルには、“ちょい攻め”くらいのメイクで、程よいパンチをプラス!

おすすめは、この夏ブレイク必至の青み系カラーを使ったアイメイク。なかでも特に注目のパープル&シルバーラインを、目の際に贅沢にW使いします。

強めの色もアイシャドウではなく、アイラインでピンポイントに効かせれば、主張すぎないさり気ないアクセントに。近くで見た人だけが気づく、理想のおしゃれ感を叶えてくれます。

 

【野崎萌香】ロゴT×スキニー

カジュアルな印象の強いロゴTシャツに、素直にカジュアルなメイクを合わせるのはただの手抜き。あえて対極にある上品さを意識して、ロゴT×デニムをメイクでリッチに見せられたら、おしゃれ上級者の仲間入りです。

味方にしたいのは、洗練の色、ブルー。コンサバにもカジュアルにも転びすぎず、絶妙なニュアンスが狙えます。

シャドウを使って太めラインのように引けば、色を楽しめると同時に軽やかな抜け感のある目元に。カジュアルなロゴTをクラスアップさせてくれます。

 

【林田岬優】ゆるT×ボーイフレンド

ダボッとルーズなシルエットにハンサムなノンウォッシュ。メンズ要素の多いボーイフレンドデニムを素敵に見せるのは、女っぽすぎるくらいのセクシーメイク。

赤より色っぽいボルドーのリップグロスを主役にします。普段なら「ちょっとセクシーすぎ……!?」なんて躊躇しそうな色も、気負わずつけこなせるのは、白T×デニムというクリーンなキャンバスがあってこそ。

やわらかい素材と透け感が女っぽいゆるTシャツに合わせて、透明感たっぷりのグロスをチョイス。口紅ではなくグロスという、質感の微差にまでこだわることで、シンプルなコーデに差がつきます。

 

【垣内彩未】ベーシックT×サロペット

アイテム自体に存在感があるデニムサロペットには、いい意味で存在感のない白Tやメイクがハマります。白Tなら、シルエットもデザインも王道のベーシックT、メイクなら、その人のいいところ引き出すナチュラルメイク。

ただし、ただの地味顔や無難な人にならないように、質感や色味でトレンドはさり気なく盛りましょう。

この夏のおすすめは、肌なじみ抜群でフレッシュ感のあるテラコッタオレンジ。目元と頬とワントーンでまとめれば、元気印のオレンジも子どもっぽくなりすぎません。

サロペットのやんちゃな持ち味を生かした、等身大ヘルシースタイルが完成します。

 

自分なりに白Tシャツ×デニムスタイルを試してみても、なんとなくパッとしない……そんなときは、目元や口元で華やかさを出すことでおしゃれ上級者に。

ビビッドな色を取り入れやすいのは、夏だからこそ。いましかできないファッション×メイクを楽しんでみて!(鈴木 梢)

『美的』2015年7月号(小学館)