1. トップ
  2. 柳楽優弥、『4つの不思議なストーリー』主演作で石川恋、三浦りょう太らと共演 「僕は怖い話が苦手」

柳楽優弥、『4つの不思議なストーリー』主演作で石川恋、三浦りょう太らと共演 「僕は怖い話が苦手」

  • 2020.12.21
  • 213 views
『夕暮れの迷子』(c)フジテレビ

『4つの不思議なストーリー~超常ミステリードラマSP』がフジテレビ系『土曜プレミアム』で12月26日に放送される。その一編である葵わかな主演の『夕暮れの迷子』に、金子莉彩と笹野高史が出演することが決定した。

本作は、『ほんとにあった怖い話』(フジテレビ系)の制作スタッフとJRA日本中央競馬会がタッグを組み、4本立てのオムニバス形式で放送する一夜限りのスペシャルドラマ。各ドラマでは、JRA日本中央競馬会のプロモーションキャラクターであり、かつCMでもお馴染みの土屋太鳳、中川大志、葵わかな、柳楽優弥が主演を務める。松坂桃李と高畑充希は、6人が集う喫茶店のシーンに出演し、不可思議な体験を語りで披露する。

葵が演じる森山莉子はある日、公園のブランコに座って泣いている女の子(金子莉彩)を見つける。彼女は母親とはぐれてしまった様子で、何を聞いても「お母さん」と泣き続けるばかり。莉子は彼女を交番へ送り届けようと手をつないで歩き出すが、その道すがら、寺の前で女の子が突然立ち止まり、シクシクと泣き始めてしまう。困り果てる莉子だったが、寺から出てきた住職(笹野高史)に声を掛けられる。莉子が事情を説明すると、2人は寺の本堂に案内されて、住職から驚きの内容を告げられる。

土屋太鳳主演ドラマ『冬の奇跡』詳細は既報の通りだが、ほか2つのドラマの詳細は後日発表される予定だ。

■葵わかな コメント
・台本を読んだ感想

もともと“不可思議な話”という大きなテーマは聞いていたのですが、実際に台本を読んでみて、怖さは感じませんでした。私は全く霊感がないのですが、“こういうこともあるのかな?”と思いながら台本を読みました。

・笹野高史と共演した感想

笹野さんと共演させていただくのは今回で3回目なのですが、初めてご一緒したときは、(笹野さんは)お坊さんの役で、2回目は落語家の役で、今回はまたお坊さんの役で、“洋服を着ているところを見たことがないですね”という話を撮影中にしていました。

・6人の喫茶店でのシーンについて

今回撮影をしたのが実際にCM撮影でも使用しているスタジオセットだったこともあり、リラックスして臨むことができました。いつもの雰囲気ではありつつも、一つ一つのシーンの尺が長く、皆さんとドラマを撮影しているのは不思議な感覚でした。私はJRAさんのCMに参加させていただいて3年目になるのですが、長くやってきている中で、ドラマという別の形で共演できたことがうれしかったです。6人のシーンはせりふの掛け合いが多く、事前にみんなでせりふの確認をしたり、それぞれの役名についての話をしたりしながら、とても楽しく撮影できました。

・視聴者へメッセージ

『4つの不思議なストーリー』は、不思議で、最後は自然と笑顔になれるような心温まるお話が集まっているので、怖い話が苦手な方でも見ていただける内容になっていると思います。JRAさんとのコラボということで、いつもCMでご覧になっている6人の、また違った一面も見せられるのではないかと思います。楽しみにしていただけたらうれしいです。

※三浦りょう太のりょうはけものへんに寮のうかんむりなし

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む