1. トップ
  2. インテリア
  3. 新年はお部屋のイメチェン!テイスト別お部屋紹介、たっぷり見せます

新年はお部屋のイメチェン!テイスト別お部屋紹介、たっぷり見せます

  • 2020.12.20
  • 20860 views

色別にチェック

モノトーン

白と黒、グレーなどのモノトーンを選んでお部屋作りをしている方の事例。大きな家具から小さな雑貨まで。その徹底ぶりに驚かされます。

白ベース

壁や天井だけでなく、クローゼットやキッチン周辺の扉など、すべてが白で統一されていたことが心地よく選ばれたという方の事例。シンプルになりすぎない、温かな印象を感じられるお部屋です。

グレー&ダルトーン

「ダルトーン」とは、明るい色に少し黒を加えて作る、ややグレーがかった、穏やかでソフトな色味のこと。フローリングシートを貼るなど、大人っぽい雰囲気を演出するお部屋作りのポイントは必見。

淡いトーン

決め手となった、部屋一面の真っ白なフローリング。そこに黄・茶の差し色を入れて、まるでカフェのようなおしゃれなインテリアを揃えて暮らしています。あえて白のカーテンをつけて、常に明るい室内にする工夫も。

気軽に取り換えられる布素材を使い、白ベースのお部屋に明るくも派手すぎない彩りをプラスされている方の事例。

カラフル

たくさんの色味を取り入れつつも、ごちゃつかないお部屋を実現したい方へ。カラーバランスを意識しつつ、お部屋に置くインテリアを選ぶコツを伺いました。

好きなテイストを見つけよう

アンティーク&ヴィンテージ

リノベーション賃貸の味わいに合う、アンティーク家具を揃えてお部屋作りを楽しむ方の事例。グレーとダークグレー、無垢の木の色と3色ベースカラーを決めて統一感のある空間となっています。

1960年代に建てられたヴィンテージマンションで暮らす方の事例。取り入れる家具もレトロでナチュラルなものを選び、落ち着く大人の空間をつくり上げています。

シンプル

床にモノを直置きせずに、抜け感のあるシンプルなお部屋作りをされている方の事例。多くのものを持ちすぎない、軽やかな暮らしぶりはきっと参考になるはず。

サーフ系

ヘッドボードやベッドサイドの棚など、自分に一番合うものをDIYして作り上げたお部屋。かっこいい印象ですが、ドライフラワーや流木を飾るなど、自然が感じられる素材の取り入れ方も見習いたい!

ガーリー

ピンクやグレー、花のモチーフなど、とにかくかわいい!でいっぱいのお部屋。自分の好きを詰め込むヒントになりそうです。

クール

コンクリート打ちっぱなしの壁に、鮮やかな観葉植物のグリーンをたっぷりと取り入れて、見事な調和を生み出しています。これからコンクリート打ちっぱなし風のお部屋を検討している方は必見!

ミッドセンチュリー

1940~1960年代にデザインされた家具やインテリア、建築物を指す「ミッドセンチュリー」。同時代の映画の世界を再現するかのような空間づくりと、インテリアの選び方を伺いました。

和風

敬遠されてしまいがちなTHE・和室に、木の家具を取り入れながら、心地よい空間を作る方の事例。整理整頓の行き届いたお部屋で在り続けるための工夫も伺いました。

憧れの海外風に

ナチュラル、北欧風

ちょっぴりレトロな団地暮らしをふまえ、畳などの和素材と北欧テイストをうまく掛け合わせていて参考になります。

木製の家具や雑貨を取り入れて、北欧テイストに仕上げているファミリー物件に住んでいる方の事例。ところどころに現れるファブリックやアート、植物などが温かみがあって、ほっこりする居心地の良いお部屋です。

ブルックリン

アメリカ発祥の「ブルックリンスタイル」は、サブウェイタイルやレンガ、ダークカラーがテーマのインテリア。どんな家具を選べば、うまくまとまるのか?素敵なリノベーション賃貸で二人暮らしをされているお部屋で、コツを伺ってきました。

韓国風

Instagramを中心に最近人気を集める、韓国風お部屋作り。白をベースとしながらも、ウッド素材をところどころに置き、間接照明を使って落ち着きのある空間に仕上げています。

元記事で読む