1. トップ
  2. ファッション
  3. モテ度No.1カラーのはずのピンク! 使い方を間違えるとイタイ女に……恋愛運をアップする正しい使い方は?

モテ度No.1カラーのはずのピンク! 使い方を間違えるとイタイ女に……恋愛運をアップする正しい使い方は?

  • 2015.5.31
  • 5456 views

恋愛に効く色といえば、やっぱり女性らしいピンクをイメージする方が多いはずです。「優しそう」「元気そう」「明るそう」そんなイメージを与えてくれるのが‘ピンク’の効果。とはいえ、使い方を間違えるとモテが遠ざかってしまうことも……。今回は、カラーセラピーを使って恋愛運をアップするピンクの使い方をご紹介します。

ピンクは初対面、デートで好印象を与える色

ピンクを身につけていると「優しそう」「女性らしい」という明るいイメージを相手に与えることができるといわれています。“初対面の印象は5秒で決まる”といわれていますが、その時に「感じが良くない」と思われてしまうと、恋愛に発展するのは難しいものですよね。またピンクは肌をキレイに、いきいきと若々しく見せて、その人の印象をふんわりと優しくしてくれます。 シャツ、スカートなど軽やかなアイテムはもちろん、カーデやストールなどにとり入れて顔周りを明るく見せるのも効果的です。

使いすぎるとイタイ女に格下げされちゃうかも!

とはいっても全身ピンクやピンク率が高すぎるファッションでは、センスを疑われるだけでなく、「ぶりっ子」だと思われたり、「浮き足立った女性」「依存心の強い女性」にも見えてしまうので要注意です。それに、同性から見てもピンクばかりを好む女性には好感を持てませんよね。恋愛運をあげてくれて、なおかつ性別や年齢を問わず多くの人から好かれるようなピンクの使い方をすることが鍵になるのです。

ピンクをうまくとり入れるためには、必ず“ワンポイント”だけとり入れること。多くても2アイテムまでにしておきましょう! 例えば、お洋服にとり入れた日は小物はベーシックカラーに。できればカーキやグレーなど「辛口色」と合わせるようにしましょう。洋服が暗い感じがしたら、バッグや靴、ストールなどにピンクを使います。そうすることであなたらしさに軽やかさがプラスされ、「きちんと芯のある優しい明るい女性」になれますよ。

ひとことにピンクといっても種類はいろいろ!

ピンクといっても、ピンクベージュ・ショッキングピンク・さんごのようなコーラルピンク・桜のような淡いピンク……とたくさんの種類があります。ピンクが苦手な人だって、ピンクベージュやグレーがかったピンクなどは違和感なくとり入れることができるものです。せっかくなので自分に合ったピンクを探して使いこなし、女性らしさをアップさせてみましょう。

たとえばさんご礁のようなピンク、「コーラルピンク」はかわいらしく優しいイメージを作り上げます。「サーモンピンク」は落ち着いた女性のイメージ。「ローズピンク」は上品でセクシーなイメージ。濃いめの「マゼンダ」はアクティブで強い女性のイメージ。そのなかでも男性に好まれるのはお花のような「ローズピンク」、女性に好まれるのは「コーラルピンク」という傾向があるといわれています。どのピンクもメイクでは使われている定番色。リップやチークにとり入れて恋愛運アップを実現してみてはいかがでしょうか?