1. トップ
  2. 平祐奈「ここまで短いショートカットも初めて」新ドラマで負けず嫌いな女子高校生を熱演

平祐奈「ここまで短いショートカットも初めて」新ドラマで負けず嫌いな女子高校生を熱演

  • 2020.12.19
  • 308 views

少女漫画誌「Cheese!」(小学館)で連載されていた「ヒミツのアイちゃん」が、平祐奈を主人公にドラマ化されることが決定。2021年2月20日(土)より、FODにて配信される。

【写真を見る】金髪ショートヘアの平祐奈

3人の兄に囲まれて育った負けず嫌い女子高校生・香住愛子(平祐奈)は、ショートカットがよく似合うバスケットボール部のスター選手。

日頃からライバル視している男子バスケ部のエースで超イケメンの天野玲欧(れお)(佐藤寛太)に勝負を挑むも、負けてばかりで悔しい思いをしていた。

そんな愛子は、兄・律希(りつき)(MASATO)が営むメイド喫茶で突然バイトをすることになり、ロングヘアのウイッグをつけて女の子らしいメイド姿に大変身、本人も乙女心に火がともる。

すると玲欧が不意に客としてやってきて、動揺した愛子はとっさに自分のことを“舞”と名乗り接客すると、玲欧は“舞”に一目ぼれしてしまい、告白。女性に目覚めた愛子が初めての恋を、不器用にも精いっぱい頑張ろうとする姿を描いた青春ラブストーリーだ。

ここまで短いショートカットも初めて

主人公・香住愛子役の平は「ボーイッシュな女の子は自分にとって新たな挑戦で、ここまで短いショートカットも初めてだったので違和感がないかいろいろと不安な部分はありましたが、普段使わない言葉遣いだったり、バスケにチャレンジできたり、新しい試みをこの作品でたくさん経験させていただけたので、私にとってとても貴重な時間となりました」と率直な心境を明かす。

「キャストもとっても仲が良くて現場の雰囲気も和気あいあいとしていたので、その様子が画面に出ていると思います。愛子のGAPだったり、玲欧と初めて恋をしながら女の子らしく成長していく姿を見守っていただけたらと思います。配信まで楽しみにしていただけるとうれしいです!」と、視聴者・ファンにメッセージを送っている。

今の僕だからこそ演じられるもの

一方、天野玲欧役の佐藤は「このたび、漫画『ヒミツのアイちゃん』天野玲欧役を務めさせていただきました。自分が中学生の時クラスメイトに借りて読んでいた漫画の登場人物を演じるのは気恥ずかしく、感慨深かったです。

24歳の今の僕だからこそ演じられるものもあるかと思い撮影に臨みました。この作品でこれからも大切にしていきたい仲間との出会いもありました。ぜひご覧ください」と呼び掛けている。

ほか出演は、吉田志織、大和田南那、別府由来、水沢林太郎ら。ドラマ「ヒミツのアイちゃん」は、2021年2月20日(土)FODでスタート。毎週土曜0時に最新話が配信される予定。

元記事で読む