1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 食卓からテレビが見たい!快適なダイニングを叶えるレイアウト実例をご紹介!

食卓からテレビが見たい!快適なダイニングを叶えるレイアウト実例をご紹介!

  • 2020.12.18
  • 7776 views

食卓でテレビが見られるダイニングレイアウト

忙しい現代生活では、食事の時にテレビでニュースなどを見るというご家庭も多いでしょう。また、食事時以外でもダイニングでくつろぎたい時、食卓からテレビが見える配置だと便利です。

そこで今回、食卓からテレビを視聴できるレイアウトのおしゃれなダイニングインテリアをリサーチしました。ソファの置き方やテレビの位置など参考になる実例がたくさんありますよ。ぜひご覧ください。

テレビが見やすいダイニングレイアウトのコツ

直線配置のスタンダードダイニングレイアウト

リビングとダイニングが1つの空間にある間取りの場合、リビングのテレビを食卓から視聴できるように置くというレイアウトがポピュラーな置き方の1つです。

その時ソファをテレビに対して正面の位置に置くか、横の位置に置くかという配置で空間の印象が変わります。

こちらではソファを横にして、ダイニングとリビングの間には空間を設けることでインテリアのメリハリをつけています。

ナチュラルな統一感のダイニングレイアウト

ダイニングテーブルからも良く見える大型テレビを置いたリビングダイニングレイアウト。

リビングのソファとラグのトーンを揃えて、ダイニングとリビングをさりげなくゾーニングしています。

また、テレビボードとソファの座面の高さが同じぐらいなので、リビングのインテリアにまとまりを感じるでしょう。

食事時、テレビ周りにレイアウトしたグリーンに目も心も癒されるインテリアですね。

すっきりと見通しの良いダイニングレイアウト

ライトブルーのクロスやヘリボーンの床板など、西海岸風インテリアのおしゃれなリビングダイニングです。

キッチンから見て縦長の間取りで、ダイニングからはテレビが少し遠いのですが、視界を遮るものがないのでテレビが見えないということはありませんね。

ダイニングとリビングでそれぞれのライトをつけてレイアウトされ、1つの空間でまとまりがありつつ役割が区分されています。

広く見えるリビングダイニングレイアウト

キッチンに対して横に長い間取りのリビングダイニングです。

キッチンカウンターの前をダイニングゾーンとして、キッチンに対して平行にダイニングテーブルを置いています。

リビングゾーンにはラグを敷いて、ソファは窓を背にするように配置。

真ん中にスペースができるのでお部屋が広く見える上に、ダイニングからテレビも見やすい配置です。

インテリアグリーンもおしゃれ。

リビングソファのないダイニングレイアウト

キッチンから見て縦長レイアウトのリビングダイニング。男前インテリアでおしゃれにまとめています。

シンプルで大きなダイニングテーブルがかっこいいですね。

リビングゾーンにソファは置かず床座でくつろげるようにしています。

ダイニングテーブルからテレビが見やすい配置で、かつリビングゾーンを広々と使って運動系テレビゲームなどを楽しむことができるレイアウトでしょう。

リビングソファ越しのダイニングレイアウト

前出ではダイニングからテレビを楽しめる長いレイアウトの実例をご紹介しました。

今度はリビングのテレビに対してソファが正面に置かれている配置の実例です。

ソファの背側にダイニングセットがあるレイアウトで、リビングセットをコンパクトに収められ、自然にゾーニングできるというメリットがあります。

ダイニングからテレビを見やすくするには、低いソファにすることがポイント。

コンパクトに収めたダイニングレイアウト

ダイニングテーブルをソファの背面側に置くと、リビングダイニングがタイトなスペースでも、シンプルな家具でリビングとダイニングをしっかりゾーニングできる利点があります。

また、リビングのない2DKなどでも配置できる置き方です。ソファに座るとテレビを正面から見ることができるのもいいですね。

ダイニングテーブルから全員がテレビを見やすくするには、テーブルは横向きに。

テーブルの向きがコツのダイニングレイアウト

北欧モダンなインテリアでまとめたおしゃれなリビングダイニング。

ダイニングテーブルをテレビに対して平行な位置に置くとテレビが見えない席ができてしまうので、縦向きに置くことがポイントです。

その時、リビングソファをテーブルと同じ方向で並べると、どうしても長い配置になってしまいます。

四角いお部屋の場合にはこちらのタイプがおしゃれなインテリアにまとめやすいでしょう。

テレビが見やすいダイニングレイアウト実例

ラスティックテイストなダイニングインテリア

ナチュラルでラスティックな木製ダイニングテーブルを配置した海外カントリー風なおしゃれリビング。

リビングのソファとダイニングテーブルをL字型に置くことで、効率的な動線になるとともにインテリアレイアウトにもリズムが生まれます。

リビングゾーンでくつろぎながらテレビを見ることもでき、ダイニングゾーンで食事時にテレビで情報をチェックすることも楽に叶います。

広さのあるモダンなダイニングインテリア

広いリビングダイニングに大きなスクリーンを付けたモダンなインテリア。

この空間なら大型テレビを2台配置することも可能ですが、むしろ、なるべく家具を置く面積を小さくすると広い空間が活かされておしゃれです。

テレビを壁付けの大画面のものにしたりプロジェクターにしたりすれば、リビング、ダイニングそれぞれのゾーンから見やすく便利です。

画面と家具の位置関係がポイント。

リビング一体型の男前ダイニングインテリア

リビングとダイニングのスペースがあるお家ですが、ダイニングスペースの位置にはあえてダイニングセットを置かず、リビングのソファとテーブルで食事をするリビングダイニングです。

広い空間なら広さを活かしたインテリアを楽しめますし、ワンルームや2DKなどでも応用できるレイアウトですね。

ミニマル派の方にもおすすめです。テレビに布を掛けるとインテリアに馴染みやすく素敵。

カフェムードのあるダイニングインテリア

寝室にあったテレビをダイニングに移動させ、手作りのテレビ台に設置した実例です。

ダイニングが広いお家やリビングと別空間になっているお家の参考になりますね。

家族全員がテレビを見やすく配置するには、テレビに対して背を向ける席を無くすような置き方にすることが重要。

間取りやインテリアの関係で難しい場合には、テレビを高い位置に取り付けるのもアイデアです。

壁掛けテレビを配置したダイニングインテリア

リビングダイニングが1つの空間にあるインテリアレイアウトです。

テレビの配置で一般的なのはソファのあるリビングに置くレイアウトでしょう。

そこをあえてソファの近くではなく、ダイニングの方にテレビを設置。

固定観念にとらわれない柔軟なレイアウトですね。

他の家具や間取りとの兼ね合いもありますが、どちらでも可能という場合や逆にワンルーム、2DKなどの方におすすめです。

リビングライクなダイニングインテリア

リビングとダイニングのスペースがあるお家ですが、ダイニングの方にテレビを設置して、リビングにはテレビを置いていないという実例です。

テレビとダイニングテーブルの位置関係はスタンダードな置き方ですが、テレビの後ろに大きな北欧柄のタペストリーを掛けているところが素敵ですね。

リビングのない2DKやワンルームでも参考にできるレイアウトアイデアでしょう。

プロジェクターを使ったダイニングインテリア

リビングとは別にテレビ代わりのプロジェクターを置いたダイニングです。

白い壁かスクリーンがあれば、プロジェクターで映して動画を楽しむことができます。

テレビとはまた違った味わいと面白さがありますよ。

ワンルームや2DKなどのコンパクトなダイニングスペースでも重宝します。

日中にテレビを見ない方やインテリアにこだわりのある方にもおすすめ。ポータブルタイプが便利です。

ダイニングでテレビが見やすいレイアウト

テレビを見やすいレイアウトのおしゃれなダイニングインテリアについてご紹介しました。

リビングとダイニングが一つの空間になっているリビングダイニングという間取りが一般的ですが、ダイニングゾーンからテレビを見やすくするには配置に工夫が必要です。

ダイニングでテレビを見る人の視点でテレビの位置やソファの置き方を考えると、快適なレイアウトが見つかりますよ。

元記事で読む