1. トップ
  2. 「Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~」映画のその後を描いたオリジナルドラマ配信決定!

「Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~」映画のその後を描いたオリジナルドラマ配信決定!

  • 2020.12.18
  • 305 views

第25回小説すばる新人賞を受賞した、行成薫による同名傑作小説を原作に、岩田剛典×新田真剣佑が表裏一体のバディを演じるサスペンス・エンターテインメント映画「名も無き世界のエンドロール」が、2021年1月29日(金)より全国公開となる。このたび、映像配信サービス「dTV」にてオリジナルドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~」の配信が、映画公開と同日の1月29日(金)より全3話で独占配信されることが決定した。併せて、本作のポスタービジュアルと特報映像、本編場面写真が解禁となった。

【写真を見る】「Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~」ポスタービジュアル

ドラマオリジナルキャストも

本作の主演、闇の交渉屋・キダを務めるのは映画同様に岩田剛典。映画では、幼なじみのマコト(新田真剣佑)と表裏一体のバディとなり、10年という歳月をかけて日本中を巻き込むある計画を実行していく闇の交渉屋・キダを演じている。

オリジナルドラマが描くのは、映画のラストから半年後のキダの姿。彼の前に現れた一人の女性との出会いを通して、命を懸けた交渉に再び臨む。

さらに、マコトとの意外なつながりを持つ謎の女性・ミチル役にはモデルとして活躍し、近年では俳優としても注目される松井愛莉。

ミチルが働く裏組織のトップで、恐怖で人を支配するケイ役に、ミュージシャンとしても熱狂的に支持され圧倒的な存在感を放つ金子ノブアキが出演。

また、新田真剣佑、山田杏奈、石丸謙二郎、柄本明と映画出演キャストも再び集結。

原案はキャラクターたちの生みの親である原作者の行成薫が書き下ろし、映画の”その後”を丁寧に描写。監督も映画同様に総監督として佐藤祐市が務め、映画の世界観はそのままに、ドラマとして「もう一つのエンドロール」を作り上げた。本作の主題歌も、映画同様に須田景凪の「ゆるる」を起用している。

解禁された特報映像は、キダが「交渉屋だ」と再び名乗る姿、銃を構えケイと向き合う緊迫感あるアクション、涙を流す場面などが切り取られており、もう一つのエンドロールが、さらに劇的な物語になっていることを期待させる。

併せて解禁されたポスタービジュアルは、差し込む夕日を背景にこちらを振り返ろうとしているキダの姿が切り取られており「映画を観る前には絶対に観ないでください」という、気になるコピーも添えられている。

キダ役、岩田剛典コメント

――映画から半年後という設定の本作ですが、主人公・キダを演じる上で意識したことはありましたか?

ドラマは、映画のラストから半年後の設定ということで脚本を読ませてもらって、演じた自分としても納得できるキダのその後が描かれていたので自然と(役に)入っていけました。映画とドラマの撮影は1年以上開いていましたが、演じてみたらすぐに思い出せたので意識したことはあまりなかったです。映画本編でいろんな出来事を経験したキダという人物が、ドラマの始まりではどういう精神状態なのかという入り口の部分を特に大切にしました。

――「映画を観る前は絶対に観ないでください」というメッセージがありますが、本作の見どころやここに注目してほしい、という点を教えてください。

映画を見た後、キダはあの後どうなってしまうのか? というところがしっかり描かれている映画本編とつながったストーリー展開が最大の見どころだと思います。松井さん、金子さんという魅力的なキャストの方々にも参加していただき、映画のその後の物語をdTVで配信できるというぜいたくな取組みになっているので、映画を見た後、ドラマも楽しんでいただきたいです。

ミチル役、松井愛莉コメント

――岩田さんと共演した感想を教えてください。

岩田さんとは初めましてだったので緊張もありましたが、空きの時間にたくさん話し掛けてくださりとても優しい方でした。

――本作の脚本を読んだ時の感想、ミチルをどのように演じようと思ったかを教えてください。

すごく難しい役で最後まで悩みました。普段は明るく振る舞うミチルですが、抱えている過去、そしてミチルを取り巻く世界は闇が深いです。それでもキダと出会い、世界を変えようともがくミチルの葛藤を表現できるようにしました。闇の部分がここまでどん底くらい深い役は自分自身演じたことがなかったので不安でしたが監督とたくさん話し合い、精いっぱいミチルを演じました。

――本作の見どころを教えてください。

映画を見てから見るとミチルのせりふがリンクしたり、マコトやキダのせりふを深く感じられると思うので、映画を見て、映画の「あの日」の後どうキダが生きているのか、そしてミチルと出会い、その関係性の中でどうストーリーがどう動いていくのか、楽しんでもらえたらうれしいです!

ケイ役、金子ノブアキコメント

――岩田さんと共演した感想を教えてください。

初共演ではないので、信頼して身も心も預けることができたと思います。素晴らしい座長です。

――本作の脚本を読んだ時の感想、ケイをどのように演じようと思ったかを教えてください。

あぁ、これは僕にオファーが来そうな役だなぁと思いました(笑)。ありがたいことです。ベストを尽くせば必ず力になれると思いました。感謝しています。

――本作の見どころを教えてください。

いわゆる夜の街の在り方も時代と共に変わって来ています。今となっては前時代的に映るかもしれないこの舞台を、楽しんでいただければ幸いです。

「Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~」ストーリー

「1日あれば、世界は変わる」 人生で最も愛した人の言葉が再び紡ぎ出す“運命“。

日本中を巻き込む計画を実行したあのクリスマス・イブから半年後。キダの下に1通の依頼が舞い込んでくる。それは、ある男を組織から助け出してほしいというものだった。

依頼に向かう中、キダは謎の女性・ミチルと出会う。ミチルはキダに向かって「1日あれば世界は変わる」と、幼なじみのヨッチが大事にしていたあの言葉を投げ掛ける。

幼なじみ3人しか知るはずのない言葉を口にしたミチルに興味を抱いたキダは、彼女の素性を突き止めようとする。

彼女は、恐怖で人を支配する裏組織のトップ・ケイに妹を人質に取られ、無理やり働かされる身で、実はマコトとの意外なつながりを持った女性であった。

運命を感じながら、彼女に心を開き始めるキダだったが、ケイに二人の関係がばれてしまいミチルは組織に捕らわれてしまう。

ミチルを救い出すため、キダは命を懸けた交渉に再び立ち上がる。

元記事で読む
の記事をもっとみる