1. トップ
  2. 森山直太朗が“親子二世代”で番組テーマ曲を担当「事前に母に相談しようかな、とも思ったんですけど…」

森山直太朗が“親子二世代”で番組テーマ曲を担当「事前に母に相談しようかな、とも思ったんですけど…」

  • 2020.12.18
  • 846 views

12月27日(日)放送の「遠くへ行きたい 50周年スペシャル!ニッポンのごちそう」(朝6:30-7:30ほか、日本テレビほか)では、2020年に放送開始から50周年となる節目を記念し、森山直太朗が番組テーマ曲を担当。2005年に務めた森山良子に続き、親子二世代による番組テーマ曲継承となる。

【写真を見る】森山直太朗、“親子二世代による番組テーマ曲継承”に「これから事後報告します」

森山直太朗コメント「事前に母に相談しようかな、とも思ったんですけど…」

レコーディングを終えた森山は「今回はアレンジの斉藤ネコさんをはじめ、こういう機会でもないとなかなかご一緒できない先輩ミュージシャンの方々とお仕事をさせていただけたんです。番組の偉大さや歴史をよくご存じの方たちでもあるので、サウンドに説得力も出るし、心強かったです。同時に慣れ親しんだスタッフもいて、どこか“再会”のような和やかな雰囲気を楽しむこともできました」とコメント。

また、親子二世代で番組テーマ曲を歌うケースは初となることについては「光栄ですね。実は事前に母に相談しようかな、報告しようかな、とも思ったんですけど、一度相談するといろいろアドバイスをされたりして、ちょっと面倒くさいんです(笑)。なので、これから事後報告します」と話した。

そして、“旅番組”にちなみ、今後行ってみたいところを聞かれると、「ギター1本持って、知らない街や知らない民族、言語の人たちの前で、自分の歌を歌ってみたいですね」と話し、「旅をするということは、やっぱり自分を知るということだと思うんです。この年齢になるとどんどん伸びしろがなくなっていく感覚もあるので、どこかのタイミングで、自分の殻から飛び出て、知らない場所に行ってみたい。あわよくば、自分の音楽を聴いてもらえる場所に、と思います」と抱負を明かした。

森山による番組テーマ曲、およびレコーディングの様子とインタビュー内容も、12月27日放送の番組内で初公開される。

元記事で読む