1. トップ
  2. 松下奈緒、徳重聡で描く“石原裕次郎夫婦”愛の物語 2021年春に放送決定

松下奈緒、徳重聡で描く“石原裕次郎夫婦”愛の物語 2021年春に放送決定

  • 2020.12.17
  • 615 views
石原裕次郎の妻・まき子を演じる松下奈緒
石原裕次郎の妻・まき子を演じる松下奈緒

【写真を見る】石原裕次郎を演じる徳重聡

スーパースター・石原裕次郎の“女房”であり続ける女の愛の物語を描いた特集ドラマ「裕さんの女房」が2021年3月にNHK BS4Kにて先行放送、同4月にNHK BSプレミアムで放送されることが分かった。松下奈緒が裕次郎の妻・石原まき子、徳重聡が裕次郎を演じる。

1987年(昭和62年)7月17日、昭和を代表するスーパースター・裕次郎がこの世を去り、そして2021年1月には自ら設立し、映画やテレビの世界に新風を巻き起こした石原プロモーションが58年の幕を閉じる。

【写真を見る】石原裕次郎を演じる徳重聡
【写真を見る】石原裕次郎を演じる徳重聡

彼の没後、その石原プロモーションを支え、“石原裕次郎”という存在を守り続けたまき子は、映画界のトップ女優・北原三枝を辞め、夫の夢を支えるため“裕さんの女房”となった。破天荒でやんちゃな裕次郎の妻でしか知ることのできない夫の素顔に触れ、無二の理解者として、夫に夢を追い続けさせ、“スーパースター石原裕次郎”として輝かせ続けることが自分の役割だと腹をくくった。

苦難と成功、借金と再起、病魔など、怒涛(どとう)のごとく、次々と襲いかかる試練に夫とともに立ち向かい、今でも“裕さんの女房”であり続ける女の愛の物語を描く。

元記事で読む