1. トップ
  2. <今際の国のアリス>山崎賢人らキャストが究極の問いに答える!“バケットリスト特別映像”公開

<今際の国のアリス>山崎賢人らキャストが究極の問いに答える!“バケットリスト特別映像”公開

  • 2020.12.17
  • 619 views

全世界同時公開中のNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」。同作にW主演する山崎賢人(※「崎」は正しくは「立さき」)、土屋太鳳らキャスト陣が“生きているうちにやりたいこと”に答える“バケットリスト特別映像”が公開された。

【写真を見る】山崎は2021年公開の映画「夏への扉―」で孤独な科学者役にも挑戦

「生きる希望」を感じるために

原作は、2010年から2016年まで「週刊少年サンデーS」「週刊少年サンデ ー」(小学館)にて連載された、麻生羽呂(あそう・はろ)原作の大ヒットコミックス(全18巻)。2020年10月からは、新章となる「今際の国のアリスRETRY」が「週刊少年サンデー」にて連載されている。

人生に夢や生き甲斐を見出せず曖昧に生きてきたアリスと、どんな苦境でも「生きる意味」を探し続けるウサギが、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”で信頼を築き、「生き延びる」ために理不尽な現実に挑む姿を壮大なスケールで描く、Netflixオリジナルシリーズだ。

アリス役を務めるのは、主演映画「キングダム」が興行収入57.3億円を突破し2019年公開邦画実写作品No.1を獲得した山崎賢人。「キングダム」続編が決定したほか、主演映画「夏への扉―キミのいる未来へ―」(2021年2月19日公開)も控えるトップ俳優。連続テレビ小説「まれ」(2015年、NHK総合ほか)などでも共演した土屋太鳳とのタッグで、“今際の国”を生き抜く。

アリスとウサギたちが“今際の国”で繰り返される理不尽な“げぇむ”と戦いながら自分と向き合い、「希望」を糧に力強く生きる姿を描いた本作にちなみ、12月18日より“希望を武器に、 絶望と戦え。バケットリストチャレンジキャンペーン”の開催が決定。そのオープニングを飾る映像が今回公開となった。

バケットリストとは、自分の中に眠る「生きているうちにやりたいこと」と向き合い、挙げていくリストのこと。それを書きあげることで自分の“生”を身近に意識し「生きる希望」を感じることができると言われている。

山崎らの“ソロバージョン”映像も公開

「日常」の概念が一変した2020年の最後にバケットリストを作り、「生きる」意味を正面から描いた「今際の国のアリス」を見ることで、「希望」を身近に感じてほしいという祈りが込められたキャンペーン。

特別映像では、W主演を務める山崎賢人、土屋太鳳、村上虹郎、三吉彩花、朝比奈彩、金子ノブアキ、仲里依紗が“生きているうちにやりたいこと”を語っている。「生きているうちに暮らしたい場所」といったシンプルな夢から、「生きているうちに吐き出したい感情は」「生きているうちに起きてほしい奇跡は」 といった心を丸裸にするような質問まで、各キャストが真剣に向き合った。

今回解禁される映像は140秒のダイジェスト版だが、Netflix公式YouTubeチャンネルでは 山崎、土屋のソロバージョンや、7名のキャストの10分を超えるロングバージョンなども公開される。

またキャンペーンでは特別映像に出演したキャスト7名のバケットリストと本編の写真を贅沢に使用した「今際の国のアリス」オリジナルブックの配布や、Twitter bot、Instagramフィルター、新聞広告をはじめ、渋谷「MIYASHITA PARK」でのバケットリストチャレンジイベントなど様々な展開を予定している。

また、この冬、東京・渋谷が“今際の国”と化すイベントも計画されている。渋谷の新たなランドマーク「MIYASHITA PARK」には、「今際の国のアリス」をモチーフにした特別なクリスマスツリーが展示中。そして12月19日(日)~25日(金)、渋谷の街中で「今際の国のアリス」オリジナルグッズを景品にした”謎解きスタンプラリーげぇむ”も開催される。

元記事で読む