1. トップ
  2. ぼる塾がワンダーウーマンにかけた新ネタ披露!きりやはるかはワンダーウーマンに成りきる

ぼる塾がワンダーウーマンにかけた新ネタ披露!きりやはるかはワンダーウーマンに成りきる

  • 2020.12.17
  • 269 views

ワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナをガル・ガドットが続投し、12月18日(金)から公開される映画「ワンダーウーマン 1984」。幼い頃からの激しい戦闘訓練によりスピード・力・戦術の能力と圧倒的パワーを備えた武器によって、史上最強クラスの強さを誇るワンダーウーマン。

【写真を見る】ゴールドアーマー姿に変身したきりやはるかは、「強くなった気がする」と気に入った様子

同作の公開直前イベントが12月16日に都内で行われ、お笑い第7世代・ぼる塾と、アメコミ大好き芸人で結成されたユニット“アメコミリーグ”のメンバー、バッファロー吾郎・竹若元博と佐藤ピリオド.、樋口真嗣監督が登壇した。また、ぼる塾がワンダーウーマンにかけた新ネタを披露した。

ゴールドアーマー姿でワンダーウーマンに成りきったきりやはるかが、「私ね、『ワンダーウーマン1984』見て、ワンダーウーマンみたいになりたいんですよ」と新ネタをスタート。ワンダーウーマンのように世界の崩壊にも一人で立ち向かえるくらい強くなりたいと言うと、あんりは「なれるわけねぇーだろう!」とあんりならではの強い口調でツッコむ。それを受けて田辺智加が「私もワンダーウーマンになりたいー」とコメントすると、あんりは「もうなっていますよ。田辺さんはある意味でワンダーウーマンだよ」と返し、盛り上げた。そして最後に田辺が、「まあね、ワンダーウーマンも前作を見なくても楽しめるのよ。私を参考にしているのね」とアピールした。

竹若元博、樋口真嗣監督がワンダーウーマンの魅力を語る

さらに、アメコミ初心者のぼる塾のため、アメコミ大好き芸人の竹若元博が、ワンダーウーマンのアクションと魅力について熱くレクチャー。竹若は「本作でワンダーウーマンのパワーだけではない、いろいろな強さを表現していることが魅力です。さらに、ワンダーウーマンのヘスティアの縄やガントレット・クラッシュなど、さまざまなガジェットを駆使したアクションが見どころですね」と魅力を語った。

また樋口真嗣監督は、「アクションが本当にすごくて、どうやって撮影したのかを考えてしまいました。冒頭シーンから、とにかく、ワンダーウーマンの類を見ないアクションが必見です」と陸・海・空を舞台にした壮大なスケールを舞台にしたアクションに驚嘆したことを明かした。

ワンダーウーマンの能力について竹若は、「ワンダーウーマンは驚異的な身体能力、超高速スピード、驚異的な戦闘スキルなど、さまざまな能力を兼ね備えていて、まさにチート過ぎる最強ヒーローです」と解説した。

ワンダーウーマンを初めて鑑賞し、大興奮したというぼる塾は、「冒頭のショッピングモールの戦闘シーンがカッコイイです!ワンダーウーマンがカッコ過ぎて泣いちゃいましたね。」(田辺智加)、「私も冒頭からずっと引き込まれました。アクションがとにかく素晴らしくて、特に砂漠でのカーチェイスのアクションがすごかったです。『ワンダーウーマン』を初めて見たんですけど夢中になれました」(あんり)と、初見でも楽しめることを興奮気味で語った。

さらに、最強の女性芸人を決める「女芸人No.1決定戦 THE W2020」に挑んだぼる塾。きりやはるかは、一人で世界の脅威に立ち向かうワンダーウーマンの姿に感銘を受けたようで「最近、一人でR1出ようと思っています。一人でも行けるんだぞと見せたくて、R1をエントリーました」と告白し、会場を沸かせた。

最後に竹若は、「何度見ても新たな発見があります。アメリカより先に『ワンダーウーマン』を思いっきり楽しんじゃいましょう!」とアメコミファンならではの視点で熱いメッセージを送り、あんりは「クリスマスや年末は友達と一緒に見てほしい映画ですね!私もまたこのメンバーでもう一度映画館で見たいと思います」とアピールした。

元記事で読む