1. トップ
  2. ダイエット
  3. びしょびしょパンツで帰宅…以外にもある!?ホットヨガ後のトホホな悲劇4選

びしょびしょパンツで帰宅…以外にもある!?ホットヨガ後のトホホな悲劇4選

  • 2020.12.16
  • 7389 views

今回は、ホットヨガのレッスン後に一度は見舞われたことがある? もしくは見舞われる恐れがあるOMGな出来事を、ホットヨガスタジオ勤務経験を持つ筆者がお話ししていきましょう。

1:替えの下着、忘れた!

先にお伝えしたとおり、ホットヨガのレッスンでは汗をかきます。その量はクラスの内容や体質による個人差もありますが、じんわりとにじむ程度であったり、滝のように流れたりとそれぞれです。

多かれ少なかれとにかく汗をかく、それがホットヨガ。ということは、下着も汗で濡れることを想定しておく必要がありますよね。

かく言う筆者も初めてホットヨガのレッスンを受けた日。どういうわけか替えの下着が必要だとは考えが及ばず、終了後に愕然。せっかく気持ちよく汗をかき、それをシャワーで流したというのに汗でびっしょりの下着を着けて帰らなくてはならない羽目に。

ちなみに……。

「すみません、替えの下着は販売していませんよね?」

と、問い合わせにいらっしゃる生徒さんもチラホラいました。ウェブサイトの持ち物の欄に“替えの下着”とは書かれていないことも多いのでご自身でしっかり用意して臨みましょう。

(上下ともに! よく、どちらかを忘れたという生徒さんもいらっしゃいました)

2:炭酸水で水分不足、体調不良に!

レッスン中の飲み物ですが、常温のクラスでは炭酸水を持参する生徒さんをよく見かけます。炭酸水は“絶対にダメ”と言われているわけではありません。ですが、お腹が膨れてしまってポーズを取りにくくなるので差し支えなければ常温の水を飲むことをオススメしています。

ホットヨガのレッスンにも炭酸水を持参する生徒さんがいらっしゃるのですが、汗をかく量がグンと増えて普段よりも水分の摂取が必要となるためこちらもまた飲みやすい水のほうがオススメ。汗をかく環境での水分不足は体調不良の原因にもなるからです。これもまた人それぞれなのですが、1時間のレッスンでは500ml~1Lほどの水を飲み切る生徒さんが多く、これを炭酸水に置き換えたとしたら? そんなに飲めない、お腹が苦しくなる、のではないでしょうか。

炭酸水が好きな人は水で割って炭酸を薄めたり、レッスン終了後に飲むなどしてみては。

3:備え付けのスキンケアが合わない!

ホットヨガのレッスンはメイクを落としてから参加する人がほとんど。汗でドロドロに崩れますし、それが肌に付着している状態は肌荒れの原因になることもあります。

よって、自宅からメイクを落としてくる人もいれば、スタジオ到着後に洗面台の前で落とす人も。

スタジオによってはクレンジングやシャワーを浴びたあとに使用する化粧水、乳液などを置いているところもあるのですが、それがすべての人に合うとは限りません。使い慣れたスキンケアを持参すると安心ですよ。

4:シャワーの順番待ちで身体がヒエヒエに!

レッスン終了後、飛び出すようにスタジオを抜けてシャワーを浴びに行く生徒さん。結構、多いです。

シャワールームは数に限りがありますので、何十分も待たなくてはならない……なんてこともあるからでしょう。このシャワーの順番待ちは暖かいスタジオから出た場所で、さらには汗でぐっしょりと濡れた状態ですることになるので身体が一気に冷えるんですよね。

荷物にはなりますが、上に羽織るものや厚手のバスタオルがあると順番待ちの最中の身体の冷え対策として役立ってくれるので持参してみてはいかがでしょうか。

 

レッスン終了後、「こんなことってあるの!」なんてことにならないためにも備えあれば憂いなし。ちょっぴり荷物は増えますが、快適に終えられるように工夫して臨むことをオススメします。

ライター/高木沙織

ヨガインストラクター。「美」と「健康」には密接な関係があることから、インナービューティー・アウタービューティーの両方からアプローチ。ヨガインストラクターとしては、骨盤ヨガや産前産後ヨガ、筋膜リリースヨガ、体幹トレーニングに特化したクラスなどボディメイクをサポートし、野菜や果物、雑穀に関する資格も複数所有。“スーパーフード”においては難関のスーパーフードエキスパートの資格を持つ。ボディメイクや食に関する記事執筆・イベントをおこない、多角的なサポートを得意とする。2018~2019年にはヨガの2大イベントである『yoga fest』『YOGA JAPAN』でのクラスも担当。産前産後ヨガインストラクター資格、Core Power Yoga CPY®、筋膜リリースヨガインストラクター資格を保有。

元記事で読む