1. トップ
  2. 【コロナ対策万全】料理やお酒をひとり占め!“ひとり飲み”に最適な店を食通がセレクト

【コロナ対策万全】料理やお酒をひとり占め!“ひとり飲み”に最適な店を食通がセレクト

  • 2020.12.16
  • 1063 views

話題の店が続々とオープンしているが、この情勢なので行けていない人も多いはず。3人の食通がおすすめする安心&安全な店を参考にして、この冬の予定を立てよう!今回は、食と酒と旅を愛する編集者のツレヅレハナコさんが、ひとりでも気軽に楽しめるおすすめの店を紹介。おいしい酒と、自宅では再現が難しい料理で、1週間頑張った自分を労っては?

【写真】「KUVAL特製ブイヤベース」。写真は1人前で1980円。通常は2皿で提供される

旬の料理とデザートが人気!憩いのビストロ「KUVAL」

柔らかでホロホロと崩れる牛肉に舌鼓!通常量は皿2つ、3500円で提供
柔らかでホロホロと崩れる牛肉に舌鼓!通常量は皿2つ、3500円で提供

KUVAL(クバル)は、JR三鷹駅から少し離れたエリアに、2020年4月にオープンしたフランス料理とお菓子のビストロ。シェフの久原将太さんは星付きフレンチで経験を積み、妻の春香さんはパティシエールとして10年以上のキャリアを重ねて独立した。おすすめの「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み トリュフ(ハーフ)」(2450円)は、丁寧にじっくりと煮込んだ一品で、とろけるおいしさに魅了され、リピーターとなる客も多い。

【写真】「KUVAL特製ブイヤベース」。写真は1人前で1980円。通常は2皿で提供される
【写真】「KUVAL特製ブイヤベース」。写真は1人前で1980円。通常は2皿で提供される

「KUVAL特製ブイヤベース」(2800円)もぜひ味わいたい一品。ふんだんな魚介類を煮立たせて作ったクリーミーなブイヤベーススープで、最後にスープをかける現代風のスタイルとなっている。

見た目も味わいも、幾度も楽しめる「プチパフェ ショコラ」
見た目も味わいも、幾度も楽しめる「プチパフェ ショコラ」

KUVALでは食後のデザートも外せない!「プチパフェ ショコラ」(900円)は、自家製ラムレーズンやトンカ豆のアイス、75%カカオのソルベが見事に調和。ほかにも季節の果物を使ったプチパフェが期間限定で登場するので、こちらもお楽しみに。

タイル張りなどはDIY。ウォークインセラーもあり、見た目もかわいいワインが並ぶ
タイル張りなどはDIY。ウォークインセラーもあり、見た目もかわいいワインが並ぶ

ツレヅレハナコさんも「元一つ星フレンチのシェフが、パティシエールの奥様と始めた店です。さすが、どのメニューも本格的で繊細な味です!」と高評価。ビオワインを中心に100種以上のワイン(グラス650円~、ボトル3500円~)も楽しめるのは、ワイン好きにはうれしいポイント。夫妻の温かな接客にほっこりしながら、ひとり飲みを楽しもう。

<住所:東京都武蔵野市西久保2-3-15 サード本窪1F / TEL:0422-27-7753 / 時間:11:30~15:00(LO13:30)、18:00~23:00(LO22:00)※ランチは水・木曜テイクアウトのみ、金・土・日曜は前日までの予約で3800円コースのみ / 休み:月曜、不定(SNSに掲載) / 席:18席※禁煙 / 駐車場:なし / 交通アクセス:JR三鷹駅より徒歩10分>

和洋中好きなものを!料理も日本酒も種類豊富な「石丸商店」

新鮮魚介と日本酒のマリアージュが楽しめる
新鮮魚介と日本酒のマリアージュが楽しめる

新鮮な魚介をメインに、国産にこだわった「馬刺」(400円)、「自家製焼き餃子」(300円)、「鶏の唐揚げ」(300円)などの幅広い料理を、お通し代なしでリーズナブルに味わえる。全国の市場から毎日仕入れる「お刺身5点盛り」(900円)には、真鯛、カンパチ、サワラ、スズキ、シマアジなどが日替りで並ぶ。

肉好きも思わずうなる旨さの「モツ鍋」
肉好きも思わずうなる旨さの「モツ鍋」

イチ押しは「モツ鍋」(2人前1000円)。プリプリ食感が絶妙な牛のマルチョウと、たっぷり野菜がひと鍋に。自家製の豚骨スープは何度も飲みたくなるおいしさだ。

カウンターなど至る所にこだわりがある内観
カウンターなど至る所にこだわりがある内観

店は西武新宿線下井草駅からすぐ。「50種以上の日本酒がそろい、希少なものも含めて、まさかのオール500円。多彩なおつまみも必見です!」というツレヅレハナコさんの言葉どおり、種類の豊富さと徳利で500円という均一料金は、ひとり飲み客にも好評。酒器は江戸切子や薩摩切子、津軽びいどろ、小樽の北一硝子などを使用していて、見た目も楽しめる。

<住所:東京都杉並区下井草2-40-13 / TEL:03-5303-9695 / 時間:17:00~24:00(LO23:30)、18:00~23:00(LO22:00)※ランチは水・木曜テイクアウトのみ、金・土・日曜は前日までの予約で3800円コースのみ / 休み:なし / 席:25席※禁煙 / 駐車場:なし / 交通アクセス:西武新宿線下井草駅より徒歩1分>

煮干し×バル料理の新スタイル酒場「si si 煮干啖 虎ノ門店」

「にぼバターオムレツ(小)」。まさかの組み合わせがクセになる!
「にぼバターオムレツ(小)」。まさかの組み合わせがクセになる!

東京の名だたる人気店が集まる虎ノ門横丁の中にオープンした、si si 煮干啖(シシニボタン) 虎ノ門店。名物は新感覚の煮干しバターパスタで、ほかにもオーナーが神楽坂の肉イタリアン「カルネヤ」のシェフということもあり、「シチリア風ビフカツ」(100グラム/2000円)などの肉料理も評判。ワインはオレンジワインなどグラス700円~用意し、種類によってグラスを変える。話題の「にぼバターオムレツ(小)」(700円)は、煮干しや柚子、海苔を加えた特製のバターを卵にオン!旨味の塊“にぼバター”がオムレツに絡んだこの一品、ツレヅレハナコさんも「煮干しとバターという意外な組み合わせは、一度食べたらクセになる!」と絶賛。

「特製にぼたん(小)」はテイクアウトもOK
「特製にぼたん(小)」はテイクアウトもOK

パスタは、にぼバターの風味がおいしい「にぼたん」、ニンニクが効いた「ぺぺたん」、トマト風味が上品な「トマたん」の3種類。おすすめは「特製にぼたん(小)」(1300円)で、生パスタを煮干しソースであえ、にぼたん焼豚、ルッコラ、半熟卵、海苔、モツ味噌炒め、赤玉ネギなどをトッピングした具だくさんの豪華版。

「辛にぼたん」。もちもちの麺に絡む旨辛特性ミートソースは他店では味わえない一品
「辛にぼたん」。もちもちの麺に絡む旨辛特性ミートソースは他店では味わえない一品

また、冬におすすめなのが「辛にぼたん(小)」(1200円)。物すごい量の唐辛子と焼き豚で作った旨みたっぷり、辛さも抜群!辛さが足りない人は、追い唐辛子もできる。

カウンター席のほかに、共有のテーブルスペースの寄合席もある
カウンター席のほかに、共有のテーブルスペースの寄合席もある

なんといっても、煮干し+モチモチの太麺の組み合わせが最高のsi si 煮干啖 虎ノ門店。パスタだけではなく、本店「カルネヤ」にはない肉料理の用意もあるので、昼夜問わず訪れたい店だ。

<住所:東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー3F / TEL:03-6550-9415 / 時間:11:00~15:00、18:00~22:00、土曜・祝日 夜は~21:00(LO各30分前) / 休み:日曜 / 席:12席※禁煙 / 駐車場:虎ノ門ヒルズ駐車場80台 200円/15分※店舗にて利用金額によりサービスあり / 交通アクセス:東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅直結、虎ノ門駅B2・B3・B4出口よりすぐ>

今日の気分や自分の好みに合わせて、料理やお酒を好きなだけ楽しめる“ひとり飲み”。好きな本を片手にひとりの時間を楽しんだり、店のスタッフと話をしたり…。ツレヅレハナコさんがおすすめする店で、思う存分ひとり飲みを満喫しよう。

今回紹介したのは、「優先度の高い感染症対策」をすべてクリアした店舗のみ!

<感染症対策チェックリスト>

・従業員がマスクかフェイスシールドを正しくつけている。

・従業員が手洗いを励行している。

・従業員が毎日、出勤前の検温と体調チェックを行い、それが記録されている。

・従業員の健康状態の把握、連絡体制が整っている。

・体調の悪い従業員を出勤させていない。

・客のいる空間で、可能な限り十分な換気が行われている。

・従業員が詰めている空間も、可能な限り十分な換気が行われている。

・複数人が利用する場所(トイレなど)のこまめな清掃、消毒を行っている。

・複数人が触れる場所(ドアノブ、タッチパネル、ベンチ、エレベーターのボタンなど)のこまめな消毒を行っている。

・客が帰ったあとにテーブル、イス、メニューなどを消毒している。

・入店時に客に手指消毒を呼びかけている。

・店がきちんとした感染対策に取り組んでいることを周知している。

・グループ同士のテーブルの距離がとれている(2メートル程度)。もしくは間仕切りとしてついたて、ビニールカーテンなどを設置している。

感染症対策監修:横田伸一

札幌医科大学医学部微生物学講座・教授。東京都出身、北海道大学理学部卒。民間企業で感染症の抗体療法などの研究に取り組む。東京大学で薬学博士号を取得。その後札幌医大に着任。専門は微生物学、ウイルス学。

店をおすすめしてくれた人:ツレヅレハナコ

食と酒と旅を愛する編集者。寝ても覚めても、おいしい料理とお酒のことばかり考えている。著書に「ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖」(PHP研究所)など。

取材・文=本間奈保子、水島彩恵

撮影=永西永実、三佐和隆士

※本記事は、2020年12月17日(木)発行のフリーペーパー「東京ウォーカープラス」掲載の記事を再編集したものです。

※12月8日時点の情報です。

※価格はすべて税抜きで、変更になる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

元記事で読む