1. トップ
  2. 平手友梨奈、岡田将生&志尊淳のフォローに感謝!「筋肉がすごかったです」と照れ笑い

平手友梨奈、岡田将生&志尊淳のフォローに感謝!「筋肉がすごかったです」と照れ笑い

  • 2020.12.15
  • 743 views

『さんかく窓の外側は夜』(2021年1月22日公開)の完成披露試写会が12月15日に丸の内ピカデリーで開催され、岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、滝藤賢一、森ガキ侑大監督が登壇。映画の内容にちなみ、「怖いもの」を聞かれた一同。「大きな音が怖い」と明かした平手のトークを、岡田と志尊が広げようとするひと幕があり、森ガキ監督が「お兄さんたちが優しい。広げようとしてくれた」とにっこり。平手は「ありがたいです」と感謝した。

【写真を見る】平手友梨奈、滝藤賢一のトークに笑い止まらず、“キャロてち”を連発!

さんかくポーズでフォトセッション!
さんかくポーズでフォトセッション!

本作は、霊を祓える男の冷川(岡田)と、霊が視える男の三角(志尊)が、“除霊”という特殊能力を使って怪奇事件の解決へ挑む、新感覚のミステリー。滝藤が「この3人はめちゃくちゃ仲がいい。兄妹のように仲がいい」と語るほど、現場では岡田、志尊、平手が抜群のチームワークを育んだという。

完成披露の舞台挨拶に登壇した岡田将生
完成披露の舞台挨拶に登壇した岡田将生

岡田も「本当にこの現場はみんな仲がよかった。現場でもおしゃべりが止まらなかった」と述懐。続けて「そんななか、滝藤さんの筋肉自慢がすごかった。『すごいんだよ、岡田。これだよ、これ』と話していた。体が本当にバキバキだった」と現場での会話を振り返ると、平手も「奥さんに見てもらっても反応がないから、平手ちゃん見てと」と滝藤から写真を見せられたことを告白。岡田が「てちは困っていたみたい。なんて返していいかわからないって」と楽しそうに語り、平手は「(筋肉)すごかったです。あまり男性のそういうのを見たことがなかったので…」と照れ笑いを浮かべていた。

完成披露の舞台挨拶に登壇した志尊淳
完成披露の舞台挨拶に登壇した志尊淳

「怖いもの」について志尊は、池に落ちるシーンの撮影を回想。「CGではなく、実際の水中でやりたいということで、撮影用の深いプールに入って。そのシーンを1日かけてみんなで頑張って撮った。『水のなかって、こんなに怖いんだな』と思って、完成した映画を観たらほぼカットされていた。一番怖いのは、森ガキさんだなと思った」と肩を落とすと、森ガキ監督は「編集しながら、志尊くんに申し訳ないなと思った。やらせておいてごめんね」と謝罪していた。

【写真を見る】平手友梨奈、滝藤賢一のトークに笑い止まらず、“キャロてち”を連発!
【写真を見る】平手友梨奈、滝藤賢一のトークに笑い止まらず、“キャロてち”を連発!

平手は「大きな音が苦手」とコメント。志尊が「どういう時の音?」、岡田も「突然、いまとかバーンって音がしたら怖い?日常生活のなかで?」と聞くと、平手は「日常生活のなかでもそうだし、特効とか花火とかもちょっと…」と回答。さらに志尊が「プップーっていう車の音は?」、平手が「いきなりだとちょっと」とラリーを続ける。3人のトークを見守っていた森ガキ監督は「一生懸命、みんながワードを広げようとしている」と笑顔を見せていた。

また岡田は「冷川と三角が手をつなぐシーンがあった。1日かけて撮った。あれ、全てカットされてたよね?」と志尊に話を向け、志尊も「あ!いま思いだした!二人で5メートル、10メートルくらいの高さで手を取り合ったシーン、全カットだ」とびっくり顔。岡田が「やっぱり怖いのは、森ガキさん」と語ると、森ガキ監督は「申し訳ございません!」と平謝りし、周囲の笑いを誘っていた。

取材・文/成田 おり枝

元記事で読む