1. トップ
  2. 恵比寿マスカッツ・ATMのミュージックビデオ収録に密着 撮影中オフショット&インタビューを公開<ATM連載 第5回>

恵比寿マスカッツ・ATMのミュージックビデオ収録に密着 撮影中オフショット&インタビューを公開<ATM連載 第5回>

  • 2020.12.15
  • 3231 views
恵比寿マスカッツ・ATMのミュージックビデオ収録に密着 ※提供写真
恵比寿マスカッツ・ATMのミュージックビデオ収録に密着 ※提供写真

【写真を見る】破り捨てる過去の写真が印象的な松岡凛

恵比寿マスカッツから、ひときわ貧乏なメンバーを選抜して新曲を提供、自らの手でお金を稼いでもらうという成りあがりプロジェクトとして誕生した新ユニット・ATM。メンバーは、石岡真衣、小林ひろみ、白藤有華、藤原亜紀乃、まいてぃ、松岡凛、松本ゆんの7人。同ユニットを手掛けるのは森三中・黒沢かずこ扮する相沢香澄プロデューサー(あいざわ・かすみ、以下「相沢P」)だ。通称“ピーヒャラ”と呼ばれる曲をもとにメンバー自身が歌詞や振り付けを作るも、陽気な曲調がユニットイメージに合わないことなどから一度白紙に。そんなATMの新曲も決定、「徒花」(あだばな)という楽曲タイトルも発表され、いよいよミュージックビデオの撮影にこぎつけた。

10月13日の「恵比寿マスカッツ 真夜中の運動会」(毎週火曜夜11:00-11:30、ABEMA SPECIAL 2チャンネル)で、新ユニット・ATMの曲選びの流れから、三上悠亜のソロ、吉澤友貴を中心とした新ユニット・紅蠍、リーダー・桃乃木かなが率いるMOMOROCKも加わった4ユニットで“マスカッツユニット戦争”が勃発することに。

12月21日(月)にユニット4組の楽曲が収録された「ミニマスカッツ」が配信リリース、翌日の12月22日(火)には「マスカッツThe NIGHT~生放送4時間SP~」(夜10:00-深夜2:00、ABEMA SPECIAL 2)で、各ユニットによるミュージックビデオ再生回数を競う対決企画も行われる。

WEBザテレビジョンでは収録現場に潜入し、ATMの成長の過程を放送と連動しながら、その舞台裏も合わせてリポートしていく。本記事はその第5回として、各メンバーのMVに対するコメントや収録中写真、現場の様子などを公開。

11月某日、都内の公園でのミュージックビデオ撮影。当日は天気に恵まれ、青空の下で全員でのダンスシーン、衣装を黒と白に分けた2チームでのシーン、各メンバーが笑顔や苦悩の表情で訴えかけるようなシーンなど、さまざまなシチュエーションの撮影が行われた。

撮影中や撮影の合間には、メンバー同士で撮影しているメンバーの様子を見守ったり、写真や動画を撮って見せてあげたり、突然フリーダンスやギャグを繰り出して爆笑し合うなど、等身大の姿も見受けられた。

これまでの放送では新たな曲と歌詞が発表されていたATM。その後、振り付けも自分たちで作っていき、衣装もそれぞれ自ら調達したそうで、白と黒の色分けは衣装やメンバーのイメージに合わせて分かれたものだという。

そんなメンバーに、ミュージックビデオに懸ける思いや、年末の4ユニットによるMV再生回数対決・“ユニット戦争”への意気込みなどを聞いた。

ATMのミュージックビデオ撮影の模様
ATMのミュージックビデオ撮影の模様
ATMのミュージックビデオ撮影の模様
ATMのミュージックビデオ撮影の模様

石岡真衣「みんなテンションが上がっています!」

――とうとうMV撮影が始まりましたね。

レコーディングの時は、“ピーヒャラ”の歌詞を作ってダンスも考えたけどダメになって、新しい曲が決まってやっとレコーディングまでこれた…っていう思いで感極まっちゃいましたが、今日はみんなテンションが上がっています!

マスカッツで1列目にいるタイプじゃないメンバーが多いので、こんなにソロで映していただけることがうれしくて。さっきダンスしてる時に、やんこばちゃん(小林ひろみ)も「いいなあ…三上さんはいつもこんな気持ちなのかなあ…」って小声でつぶやいてました。

追いかけてる夢が上手くいかない、苦戦して…思ってた未来と今が違うっていう気持ちがあるけど、でもなんとか頑張ってる、っていうのはたぶんみんな一緒なので、そこが表現できていると思います。

――リーダーとして自分の中での変化は感じていますか?

変わりました、めちゃくちゃ。いつもは思うことがあっても、前に出ずに発言をしないで終わってたけど、リーダーが率先して何かをし始めないと動かないと感じて、動いていこうと決めたんです。

(記者:撮影中に、「やろう~」ってメンバーを促していましたね)

そうなんです。ただ、やっぱり私はリーダーに向いてないな、とも思いました。大好きなメンバーだから嫌われたくないんです。以前収録の時に吉澤さんから「リーダーとしてちゃんとしな。優しさだけが愛じゃないんだよ」って言われたんです。私は「強く言うことだけが正しいわけじゃない」って言ったんですけど、吉澤さんに言ってもらったことが今になって分かりました。

――衣装は白と黒のメンバーがいますが、黒は少し意外なイメージです。

衣装はみんなで候補案を出し合って、私はリーダーということで一番最後に選んで、その衣装の雰囲気から黒にしたのですが、実は少しサイズが大きくて、やんこばちゃんが詰めてくれたんです(笑)。

――では最後に、“ユニット戦争”への意気込みをお願いします!

視聴者の皆さんからは、三上さんや桃乃木さんの方が人気や知名度があるから勝つでしょって言われてますが、ATMだけ番組の尺を多くいただいてるので、負けちゃいけないなって。頑張ります!

小林ひろみ「そりゃあ1位をとりたいんですけども…」

――今日のMV撮影はいかがですか?

私たちマスカッツのMVを撮るってなったら絶対こんなにピンカットがないんですよ。だからめっちゃ緊張しました。でもみんな経験の少ない子たちだから逆に、見よう見真似でやってる感がすごくいいなと思って。ある意味そういうのが伝わってもいいのかなって。頑張ってやってるな、みたいな気持ちで見てもらえたらうれしいです。

――改めて曲や振り付けへの思いや、MVの見どころなどを教えてください。

聞けば聞くほど「あんなこともあったな」って…悲しい出来事も良い風に思い出せる、良い経験だったんだなって思わせてくれる曲です。

振り付けで言うと、マスカッツでMVを撮る時はダンスレッスンはあっても一日とかですが、今回は朝からみんなすっぴんで(笑)集まって、入念に合わせることも出来たので、いつもの撮影より落ち着いてできた気がします。

ところどころ切ないシーンや悲しい歌詞もありますが、そういう思いをポジティブに力に変えてサビで爆発させる…そういう物語を思い浮かべながら聴いてほしいです。つらい経験をしてきている私たちが歌っているので、ただ歌ってる姿だけじゃなく情景を重ねて聞いてもらえたらいいなと思います。

――では最後に、“ユニット戦争”への意気込みをお願いします!

そりゃあ1位をとりたいんですけども…普通にやってたら全ユニットみんな頑張ってるしかなわない部分もあるとは思うんです。でも、私たちこれまで苦労してきたからなんのそのですよ!ファンの皆さんの力を借りながら、「お願いします」と言うだけじゃなくて応援したくなるような姿を見せたいです。

ATMのミュージックビデオ撮影の模様
ATMのミュージックビデオ撮影の模様

白藤有華「“求めている”ようなシーンが私は好きです」

――MV撮影が始まりましたが、振り付けや撮影の手応えはいかがですか?

振り付けが形になったのはここ1週間くらいなんですが、完成度はめちゃくちゃ高いと思います。振付師をされているまいてぃさんのお姉ちゃんも手伝ってくださったのですが、自分たちでもたくさん考えながらクオリティーの高いものができました。

――白藤さんだけ、メンバーの肩に手を添えないシーンが気になったのですが…。

実は松岡さんの背が高すぎて、頑張らないと届かなくて諦めたんですけど…意味深に見えてますか(笑)?

――何か背景があるのかと思ってしまいました(笑)。MVの注目ポイントはありますか?

お花を表現している、手を回すような振り付けのところですね。あと、寂しい顔をして、何かをつかみたいけどつかめない… “求めている”ような、問いかけているような振り付けやシーンが私は好きです。

――では最後に、“ユニット戦争”への意気込みをお願いします!

ファンの皆さんはもちろん、この曲がきっかけで私たちを認知してくれる人がたくさん増えたらうれしいです。見たくなるような映像だと思うし、耳にしたら気になって聴きたくなる曲なので、一番をとれると思います!

藤原亜紀乃「化粧と衣装とロケーションって人を良く見せるんだなって(笑)」

――MV撮影の手応えはいかがですか?

化粧と衣装とロケーションって人を良く見せるんだなって(笑)。

山あり谷ありのユニットですが、その分団結力は強いです。私とゆんちゃんがメインになって教えながら、フォーメーションはまいてぃのお姉ちゃんに手伝ってもらって、今日ここにくるまでに毎日のようにダンスレッスンをしました。その成果が出ていると思います。

曲タイトルの「あだばな」って、咲くかどうか分からない、捨てられてしまうような花を指す言葉なので、「捨てちまえ」っていう歌詞のところでは、余計なプライドを捨ててきれいに咲く花になりたいって気持ちが入ってるので、くしゃくしゃってなってる感情的な表情が見られると思います。

――衣装がだいぶセクシーな状態になっていますが…!

モダンバレエをやっていたので、身体表現が得意なんです。私自身は本当にファッションセンスがなくて(笑)、メンバーが「ラインがちゃんと見えるのが良いんじゃない?」って言ってくれて選びました。実際に着てみると思ったより背中が開いて驚きましたけど(笑)。

――では最後に、“ユニット戦争”への意気込みをお願いします!

ここまできたら、1位のイスをとるのみ!全力でとりにいきます。三上悠亜にずっと負けてられないですよ!歌詞にあるようにいろんなものを捨ててきてるので、最後まで頑張りたいなと思います!

ATMのミュージックビデオ撮影の模様
ATMのミュージックビデオ撮影の模様

まいてぃ「ATMの7人の団結力と志で勝ちにいきます!」

――MV撮影がスタートしましたが、これまでの成果が出ていますか?

最近はダンス練習、その前はZoomで夜な夜なテレビ電話で会議してましたからね(笑)。ケンカもしましたけど、それも必要な過程の一つだったと思うし、とにかくずっと楽しかったです!私はこのユニットの“人間たち”が大好きだから、深夜の会議が楽しみで一日頑張れるくらいで。これまでも楽しかったし、今日も楽しくて、これからのライブでも楽しいことが待ってるんだろうなと思います。

――衣装が少し変わった形ですね…?

実は自分でショートパンツをはいたんですけど、たぶんバレエの衣装なんです、レオタードみたいな…スクール水着みたいになってて。なので一人だけ少しテイストが違うかもしれません (笑)。ダンスがきれいで、“お花”のイメージでシフォンっぽい感じの生地で揃えました。

――では最後に、“ユニット戦争”への意気込みをお願いします!

絶対勝ちたいですね。勝つビジョンが私の中で出来てる…ちょっとそれは盛りました(笑)。でも勝てる気がします。気合いは4チームの中でダントツであると思うんです。ATMの7人の団結力と志で勝ちにいきます!

松岡凛「みんなで作っていった時間が形として…」

――揉めがちなところがよく放送されていますが…今日のMV撮影はいかがですか?

そうですね、もちろんメンバーが嫌いとかじゃなく…自分の気持ちが追い付いていないこともあったり、ユニットとして団結しきれてなかったりしたのかなと思います。でも今日までめちゃくちゃ頑張ってきましたし、自信はあります!

5年いるマスカッツのMVでは後ろの方なので、今回ATMというユニットの活動の場をもらえて、こうやって自分たちの曲をもらえるのはありがたいことだと思うので、思い切りやりたい気持ちです。

――背が高くてスタイルが良いのでMV撮影でも目立っていますよね。

そうですか!?ほかのメンバーより身長が高い分、高さを合わせるために低めに踊るとか、意識するようにはしています。

――MVや楽曲で注目してほしいポイントはありますか?

小林さんとぶつかった時に「人に言う前に自分を見なよ」って言われたのですが、今回の曲の間奏部分で言い合いをするところがあるんです。「私も言いたい 一人で生きてるんじゃないよ 自分をさらけ出せよ」といったフレーズとか、その言い合いをしているところが好きですね。

正直歌は得意ではないんですけど、今回の曲はすごく歌いやすくて、褒めていただけたりもしたんです。曲のカッコいい雰囲気も意識しつつ、思いを訴えるような感じが伝わるとうれしいです。

――年末のユニット戦争への意気込みをお願いします!

ATMは1人1人の気持ちがめちゃくちゃ強いので負けないと思っています!これでもし負けたら悔しいけど「もっとやってやろう」って思う、そういう向上心のあるメンバーが集まってるんですよね。こうやってみんなで作っていった時間が形として残りますし、頑張ります!

松本ゆん「“今の私”を見てもらいたいです」

――先日のドッキリ企画ではすみませんでした、お世話になりました…!

いえ、こちらこそ…ありがとうございました(笑)。

――振り付けはどんな感じで仕上がったんですか?

サビの部分を藤原さんと一緒に半分ずつ考えたり、冒頭部分の振りを決めたり、あとはみんなで作っていきました。私はK-POPが好きなので、きれいなフォーメーションを見せたいなと思っていて。イメージは「お花」で、冒頭も花を咲かせる振りだったり、みんなで咲かせてるようなフォーメーションだったりしているので、注目して見てほしいです。

――MVや曲の好きなところはどこですか?

実は衣装が届かなくて、撮影前日に買いに行ったのですが…無事揃えられて良かったです(笑)。曲も歌詞も私たちにぴったりなイメージで、最後の方は特に前向きになれる感じだと思います。ダンスも本気でやってます!それと、私はいじめられていた過去があったんですけど、曲のセリフにそれが入っていて見返したいという気持ちもあって…“今の私”を見てもらいたいです。

――では最後に、“ユニット戦争”への意気込みをお願いします!

負けてられないです!なんか分からないけど自信があります、ほかのユニットには申し訳ないですけど(笑)。毎日のように練習して、毎日LINEで決め事をやり取りして、振り付けも朝まで考えて、ATMのTwitterアカウントも出来て。頭の中がずっとATMだったので、負けたくない気持ちがめちゃくちゃ強いです!

気合いを語ってくれたATMメンバー7人。今後も、ユニットの活動を追うリポート記事などを掲載していく。

12月21日(月)よりミニアルバム「ミニマスカッツ」配信!

ユニット曲は、ミニアルバム「ミニマスカッツ」に収録。12月21日(月)より、デジタル配信、数量限定ミュージックカードにて発売。

<ミニアルバム「ミニマスカッツ」収録曲>

1:ATM「徒花」(あだばな)

2:三上悠亜「孤独-ひとり-」

3:紅蠍「チョンゲーオ」

4:MOMOROCK「PUZZLE」

5:ATM「徒花」インストゥルメンタル

6:三上悠亜「孤独-ひとり-」インストゥルメンタル

7:紅蠍「チョンゲーオ」インストゥルメンタル

8:MOMOROCK「PUZZLE」インストゥルメンタル

元記事で読む