1. トップ
  2. 金を超える銀!プラチナを使用した天下一品の「銀のどんぶり」

金を超える銀!プラチナを使用した天下一品の「銀のどんぶり」

  • 2020.12.15
  • 2182 views

鶏ガラや野菜を使ったこってりスープで人気の中華そば専門チェーン店「天下一品」が、2020年の締めくくりとして、期間・数量限定の“イヤーどんぶり”を販売する。12月10日から全国の一部店舗にて先行販売しているが、15日(火)からは天下一品オンラインショップにて注文可能だ。

【写真】専用の桐箱に入った銀に輝く特製どんぶり!

専用の桐箱に入った“イヤーどんぶり”はプレミア感満載!

深い銀を表現するために、貴金属のプラチナを施した豪華などんぶり
深い銀を表現するために、貴金属のプラチナを施した豪華などんぶり

天下一品の“イヤーどんぶり”とは、一年の締めくくりとして2019年の令和元年度から、記念アイテムとして発売されているもの。前回は令和元年を記念し、金の焼付塗装を施した「金のどんぶり」を販売。発売開始早々に完売と好評だった。

2019年に販売された「金のどんぶり」(販売終了)
2019年に販売された「金のどんぶり」(販売終了)

金とくれば銀というわけで、今年は“銀のどんぶり”に決定したそうだが、金に見劣りをする銀ではいけないと、さまざまな加工を検討した結果、今回のプラチナを使用したものになったのだそう。高級感のあるどんぶりには、さらに底面に「令和二年 2020」の絵付けが施され、プレミア感あふれる器になった。

「銀のどんぶり」専用の桐箱に入る
「銀のどんぶり」専用の桐箱に入る
底面には今年だけの刻印が
底面には今年だけの刻印が

また、昨年はWEB販売限定だったレーザー刻印入りのレンゲが、今年は店頭販売でも付いてくる。どんぶりに合わせた銀色のもので、ステンレス製なので使いがってもよい。

「天下一品」とレーザー刻印された「銀のレンゲ」
「天下一品」とレーザー刻印された「銀のレンゲ」

通常のどんぶりと同様に、食器としても使用可能(食洗機・電子レンジは使用不可)。料理の周りが明るく輝くので、盛り付けるだけでスペシャルな一杯になりそう。年越しそばならぬ年越しラーメンを楽しむのにもおすすめだ。

食器としても使える。写真映えも抜群だ
食器としても使える。写真映えも抜群だ

販売価格は11500円(税込)。WEBの場合は送料が別途かかる。店頭は2021年2月28日(日)、WEBは4月30日(金)までの販売だが、在庫がなくなり次第終了なので、早めにチェックしよう。

※取り扱い店舗については、天下一品公式HPをご確認ください(全店の取り扱いではありません)。

※店頭在庫については各店舗へお問い合わせください。

※販売期間中であっても在庫がなくなり次第販売終了になる場合があります。

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

元記事で読む