1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 新垣結衣×星野源『逃げ恥』がドラマの舞台・横浜市とタイアップ! 全話一挙放送SP&ナビ番組も

新垣結衣×星野源『逃げ恥』がドラマの舞台・横浜市とタイアップ! 全話一挙放送SP&ナビ番組も

  • 2020.12.15
  • 2313 views
コラボ婚姻届と横浜市役所で公開されているスペシャル動画

2021年1月2日に放送されるTBS新春スペシャルドラマ『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』と横浜市のタイアップ企画が発表された。

  海野つなみの同名マンガをドラマ化した『逃げるは恥だが役に立つ』(以下、『逃げ恥』)は、2016年10月期に火曜ドラマ枠で放送されたラブコメディ。「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくり(新垣結衣)が、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)と「仕事」として契約結婚、「夫=雇用主」「妻=従業員」の雇用関係で恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らすうち、妄想女子とウブ男は徐々にお互いを意識し出す模様が描かれた。

スペシャルドラマでは、契約結婚から生まれた恋を経て、みくりと平匡がついに本当の“結婚”を決めた連続ドラマのその後を描く。原作の10巻と11巻をもとに、連続ドラマから変わらず野木亜紀子が脚本を担当。みくりと平匡は次々と起きる人生の転機や、どうにもならない困難に立ち向かい奮闘し、甘いだけではないリアルな結婚生活に悩んだり、苦しんだりしながらも、明るく2人らしく乗り越えていく。

百合ちゃん(石田ゆり子)や風見(大谷亮平)、沼田(古田新太)など連続ドラマからの登場人物に加え、滝沢カレン演じるみくりの同僚社員や、西田尚美演じる百合ちゃんの高校時代の同級生など、個性豊かな新キャラクターも登場する。

連続ドラマ時から本作の舞台となっている横浜市とのタイアップ企画として、原作漫画の作者・海野のイラストに、横浜の風景を加えたデザインのスペシャル婚姻届を作成。番組公式サイトからダウンロードして、A3サイズで印刷すると正式な婚姻届として全国で使用できる。また、2021年1月2日までの期間限定で、横浜市役所アトリウム1階の270インチモニターにて、『逃げ恥』の限定スペシャルメッセージ動画が公開されている。

加えて、「横浜マリンタワー『願いの塔』逃げ恥妄想?!キャンペーン」もスタート。「願いの塔」特設WEBサイト上でドラマに関連したお題に沿った「願い」を投稿すると、集まった願いの数に応じて、横浜マリンタワーが『逃げ恥』をイメージした色に変化する。願いを投稿した人の中から、抽選で20名にドラマオリジナルのクリアファイル、3名にBlu-ray BOXがプレゼントされる。

なお、2021年1月1日の14時30分から16時30分、1月2日の5時40分から11時50分、12時から15時にかけて、「『逃げるは恥だが役に立つ』全話一挙放送SP」が、1月1日深夜25時から25時30分にかけて、新春スペシャルのナビ番組も放送される。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む