1. トップ
  2. 城島茂、“特殊詐欺”撲滅へ「これからも地道な活動ができればと思っています」

城島茂、“特殊詐欺”撲滅へ「これからも地道な活動ができればと思っています」

  • 2020.12.14
  • 806 views

12月14日、「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦〜」プロジェクトチーム(以下、SOS47)の決起集会2020が東京・明治記念館で行われ、杉良太郎、伍代夏子、飯豊まりえ、川栄李奈、城島茂(TOKIO)、橘慶太(w-inds.)、秋元真夏と新内眞衣(ともに乃木坂46)、松本利夫、向井地美音と武藤十夢(ともにAKB48)が登壇した。

【写真を見る】城島茂以外にも、杉良太郎や伍代夏子、AKB48メンバー、乃木坂46らがズラリ集結!

SOS47は2018年に発足され、全国47都道府県警察と連携し、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や防止策を分かりやすく伝えるなど、特殊詐欺被害を防止するために広報啓発活動を行っている。

国家公安委員会委員長より特別防犯対策監を委嘱されている杉は「特殊詐欺は手を変え品を変え、いろんな方法で、その時の定石に合わせて『よくこれだけ思いつくな』と思うぐらいのことをやってきます。皆さんのご協力なしでは前に行けません。どうぞ今後もよろしくお願い申し上げます」とあいさつ。

城島は「SOS47が発足した2年前は、“特殊詐欺”というよりは“オレオレ詐欺”って言った方が年配の方はピンと来るような時代ではありました。この2年で、平成から令和へと時代も変わりまして、それとともに詐欺の手口も多種多様化してまいりました。警察もわれわれの呼び掛けの仕方もいろんな対応を迫られた2年だったのではないかと思います。

ここから2年、また活動できるということで、これからも地に足のついた活動を、コロナ禍の中、大変ではありますが地道な活動ができればと思っています」とSOS47での2年を振り返った。

また、松本は「これまでの2年間の活動で、自分自身も勉強させていただいたことがたくさんありました。大阪の方に行かせてもらって、地元の方々と接して感じたことは、やはり一人一人の自覚が必要だということでした。若者の意識ももっと高めていくことも大切だと思っています。これからもSOS47のメンバーで一人でも多く救っていきたいです」と新たな決意を表明。

橘は「本当に難しい問題だなと感じることも多かった2年間でした。“自分が関わるわけない”という強い気持ちが犯罪の手助けになってしまうというか、向こうの思ったようになってしまうということも分かりました。『自分は大丈夫』と思わずに、自分の周りの大切な人たちを守るという意味でも、気を付けていただきたいとこれからの2年間で強く伝えていきたい」と、学んだことをさらに生かしていきたいと話した。

川栄は活動の中で印象に残っていることとして、「ポスターが交番とかに貼ってあるんですけど、それを近所の友達のおばあちゃんが私を見かけてくれて、『詐欺に気を付けよう』って思ったって言ってくれました。活動を通して、いろんな方に知ってもらえたがのすごくうれしいです」と身近な人のエピソードを披露。

飯豊は「去年、啓発動画を伍代夏子さんと撮らせていただいたんですけど、その時のナレーションで『あなたがいれば詐欺は防げる』という言葉がありましたが、2年間活動してきて本当にそのように思いました。新型コロナの影響でなかなか集まるのは難しいと思いますが、年末年始に家族で集まる機会があれば特殊詐欺について話し合ってほしいと思います」と呼び掛けた。

その後、代々木公園に移動。最初に杉が「特殊詐欺撲滅のために立ち上がっております『家族の絆作戦』のメンバーでございます」と、街ゆく人にあいさつをして、11人で「STOP!オレオレ詐欺」と書かれた横断幕を持って歩きながら注意喚起を行った。

◆取材・文・撮影=田中隆信

元記事で読む
の記事をもっとみる