1. トップ
  2. ファッション
  3. 暖かくて今っぽい「テディベアコート」を着膨れさせないためのヒント

暖かくて今っぽい「テディベアコート」を着膨れさせないためのヒント

  • 2020.12.14
  • 9084 views

エコファーのコートというと、着膨れて見えそうと敬遠する人も多いと耳にします。

でもデザインの選び方によったり、着こなしの上手なアレンジ次第では、かっこよく着映え効果を期待できます。

セレブたちのコーディネートをお手本に、ぜひ取り入れてみませんか。

着膨れしなくてかっこよく防寒性も抜群!「テディベアコート」コーデ3選

■1:エルザ・ホスクは…ボリュームタイプでもフロントを開けてすっきりスマートに
アウター_1
合わせたベージュのスエードブーツは細身かつポインテッドトウなので、軽やかさが際立ちます。

現在妊娠中のモデル、エルザ・ホスクはテディベアコートが登場すると、すぐに取り入れていたうちのひとり。

大きめな襟が特徴のボリュームあるタイプですが、フロントを大きく開けて羽織る感覚で颯爽と着こなしていました。

インにもデニムと同じトーンのカラーリングで合わせたダンガリーシャツに白Tというシンプルカジュアルで、色味を2カラーのみですっきりと。

インにも潔いシンプルなコーディネートということも、スマートに見せる決め手につながっています。

ダンガリーシャツ×Tシャツは薄手ですが、重ためで防寒性のあるコートを着たときにはまったく問題ありません。

手持ちのアイテムで真似できそうなので、ぜひTRYしてみてください。

■2:アレクサ・チャンは…袖、ベルト、パイピングの異素材MIXでシャープなアクセントを
アウター_2
足元にはベーシックな黒ブーツを投入。きちんとした印象が高まります。

2020年3月にパリの街中で見かけられたモデル、アレクサ・チャンの着こなしです。

エコファーをベースに、袖口、ベルト、フロントのパイピングにウールがあしらわれたデザイン性のあるコートを着用していました。

このアクセントになった異素材のデザインが、膨張して見えず、引き締め効果を発揮しています。

フロントをベルトでキュッと閉めていることもシャープに見えるうれしいアレンジに。

上半身は襟を覗かせた白シャツにニット、ボトムはデニムという正統派のクラス感あるカジュアルに合わせているので、絵になるコートが際立って大成功。

上品さと今っぽさのバランスがいいコーディネートに。

■3:ニッキー・ヒルトンは…フード付きのスポーティーデザインなら軽快さが際立って
アウター_3
ブラウンのスリッポンは、光沢のあるベロア素材が艶やかで女性らしさを演出。自身プロデュースのブランドのもの。

ヒルトン姉妹として名を馳せたデザイナー、ニッキー・ヒルトンは、2020年10月20日にN.Y.でキャッチされました。

以前よりテディベアタイプのコートを愛用する姿が目撃されていますが、この日はフード付きのパーカタイプを、オールブラックのパンツスタイルに合わせていました。

パーカはヒップ下まで隠れる長めで、ファスナーがあしらわれた軽快なデザインです。

タートルニットと短めパンツの黒コーディネートで、特に細見えできることもありますが、ややロング丈でIシルエットを生み出すアウターの効果もあり、まったくボリュームが出て見えません。

シンプルなコーデが、アウターで一瞬にして今っぽく仕上がります。

テディベアコートが、インのコーディネートや、ちょっとした着こなしアレンジ、それ自体の選びによって着膨れすることなく、スマートに見えることが判りました。

今季らしさも十分アピールできるので、ぜひかっこよく着こなしてみてください。

元記事で読む