1. トップ
  2. 芦田愛菜の『えんとつ町のプペル』のアフレコに西野亮廣が「泣きました」と告白「本作は自叙伝」

芦田愛菜の『えんとつ町のプペル』のアフレコに西野亮廣が「泣きました」と告白「本作は自叙伝」

  • 2020.12.14
  • 1075 views

お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣原作の絵本をアニメーションで映画化した『映画 えんとつ町のプペル』(12月25日公開予定)の完成披露試写会が、12月13日に東京国際フォーラムで開催され、声優を務めた芦田愛菜、藤森慎吾、伊藤沙莉、宮根誠司やエンディング主題歌を歌うロザリーナ、製作総指揮・原作・脚本の西野亮廣、廣田裕介監督が登壇した。

【写真を見る】ブレイク必至!注目の歌姫ロザリーナがエンディング主題歌「えんとつ町のプペル」を生歌唱

本作は、いつも厚い煙に覆われ、空を見あげることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ルビッチと、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペルが「星を見つける旅」へと出る、もう一歩踏み出したいすべての人に贈る、感動の冒険物語だ。

映画について芦田は「星空やえんとつ町の景色とか映画館で観たらきれいだろうなって思いましたね。好きなシーンはプペルとの仲直りするシーンで『友達ですから』っていうプペルの台詞が好き。プペルって元々、“友達”というものを知らないのに、ルビッチと出会ってから知っていく。そうした関係がすてきだなって思い、私自身がうるうるしてしまいました」と感無量の様子。

西野は「今年は世界中が夢や希望を見ることができなくなってしまって、そんな中でこの映画を観る方たちはご自身の活動と照らし合わせながら観るだろうなと思ったので、ルビッチの言葉に嘘があってはいけないと思いました。なので、ルビッチには見た目が可愛くて、芯が通っている方にと思いましたね。芦田さんのアフレコも本当に最高でした!」と芦田を絶賛する。

ルビッチの元友達アントニオを演じた伊藤は「アントニオはすごく強いと思われるかもしれないんですけど、本当は臆病で素直になれないところがある。ルビッチのことがうらましいと思っていたりしていて、そんなのあり得ないって思うことほど、自分のなかではあり得て欲しいと思っているし、そうした素直じゃないところが、最後に信じたくても信じられなかった世界を目の当たりにした時にやっと自分に素直になれたのだと思います」と役への想いを口にした。

製作総指揮・原作・脚本の西野亮廣
製作総指揮・原作・脚本の西野亮廣

これまで多くの困難を乗り越えてきた西野は「挑戦するなかで自分に対してのバッシングは別に良いんですけど、一緒にやっている友達がバッシングを受けているのは辛かったですね。友達に辛い思いをさせたまま終わるのは嫌だったので、ひっくり返さないとなっていうのは原動力になりましたね」と振り返った。

本作で初監督を務めた廣田監督は「絵本が本当に素晴らしいですよね。ただそこのハードルが高いなとも思いました。西野さんには映画としてのストーリーがあったので、そこからシナリオを作り始めたのが始まりです。えんとつ町やキャラクターもイチから制作しました。映画って1秒に24コマで作られていて、そのひとコマひとコマを細かく調整していきましたね。そこが本作の温かみのある映像に繋がっていると思います」とコメント。

それを受け、西野も「けっこうディスカッションしましたもんね。これは廣田監督にしか作れない映画でした!」と共に挑戦を続けてきた廣田監督を称えた。

おしゃべりなスコップ役を演じた藤森は、アフレコ時に西野からもお墨付きをもらっていたようで「準備もちゃんとしたし、アフレコも完璧だったと思います!(笑)」と冗談を交えながらも「実際はアフレコも大変でした。長いセリフが多くて。一回でOKが出ないと録り直しになってしまうので、今までで一番大変でした…。でも、途中で切ってしまうと感情の伝わり方も違いますし、一発で録れて良かったです」と振り返った。

西野は藤森について「最初に今回の仕事について話したのは5年くらい前でしたね。そうしたらLINEで音声を送ってくれて。スコップにドンピシャで天才でした」と藤森のアフレコを絶賛した。

すると、影の独裁者、トシアキ役を演じた宮根は「西野君から連絡が来た時に、世間から嫌われている西野が、世間から嫌われてる宮根に頼むなんてすごく悪い役なんだろうなって思いましたね」と笑いをとったあと「芦田さんのアフレコを見てすごく上手で『俺ヤバないか?』って言ったら西野が『宮根さんが一番上手い』って言ってくれて(笑)」と話す。

西野は「言ってない(笑)。最高ですけど、それは言ってない。これだけの報道陣がいるなかで、堂々と嘘を言えるのはトシアキにしかできない(笑)」とすかさずツッコミを入れ、会場を盛り上げた。

今回イベントに出席できなかったゴミ人間のプペル役を演じた窪田正孝からのコメント映像が映しだされるひと幕も。また、イベントの後半では、ロザリーナが、エンディング主題歌「えんとつ町のプペル」を生歌唱し、観客は映画の世界観に酔いしれた様子。

最後に西野は「『えんとつ町のプペル』っていうのは自分の自叙伝。いろいろ自分も言われてきて、その時の気持ちを正直に書いたら同じ境遇の人に刺さるんじゃないかなと思って。この公開を迎える年のタイミングで、新型コロナウイルスで大変なことになって、この作品が持つ意味が変わってきたなって」とコロナ禍にあった今年を振り返った。

続けて「えんとつ町の住人みんなが白旗を揚げるようなシーンのアフレコの時に、芦田さんが『だれか見たのかよ、誰も見ていないだろ。だったらまだ分かんないじゃないか』って叫んだ時に泣きました。これは世界中が求めているメッセージだと思います。この映画が1人でも多くの方に届くとうれしいです」と力強く挨拶した。

取材・文/山崎伸子

元記事で読む